SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想

◇ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか7◇


著者:大森藤ノ イラスト:ヤスダスズヒト
おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

TVアニメ4月より放送スタート!
大森藤ノ×ヤスダスズヒトが贈る、最強ダンジョンファンタジー、第七弾!

新生【ヘスティア・ファミリア】始動!
『戦争遊戯(ウォーゲーム)』という激戦を乗り越え新に眷族となったリリ、ヴェルフ、そして命。
ベルのもう一つの家族。深まる絆。だが、

「ここは私達のホーム、女主の神娼殿さ」
命を追ってベルが迷い込んでしまったのはオラリオの歓楽街。【イシュタル・ファミリア】が管理する『夜の街』。
「私はこの歓楽街に買われた身です」
そこで少年は囚われの身である極東の少女、春姫と出会う。
蠢く陰謀に呑み込まれるベルが下す選択は──。

『これっきりでいい、なろう、あの人の英雄に──』

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

◇感想◇

 1人の少女を救うために命を懸ける英雄譚……王道って素晴しい!

 アニメ絶賛放送中のGA文庫「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」7巻!

 6巻の抗争があまりに大きな事件だったので、7巻はもう少し小さくまとまるかな、と思っていましたが、より大きな話に発展し、管理人歓喜!
 なにより、囚われた狐人《ルナール》の少女を救うため、命を懸ける英雄《ベル》という王道的展開が凄く熱くっていいのです!

 やはり、英雄譚というなら薄幸美少女を救わないと始まりませんよね!

 ■こんな英雄譚を待ち望んでいました!■

 7巻はあまりにも王道。娼婦として売られた狐人の少女、春姫を救うためにベルが戦う物語。

 ダンまちらしく、事件を起こすのは神々。人々にとっては親である彼ら彼女らが騒動を起こすというのは、ダンまちのお約束といっても過言ではなくなってきました。
 7巻もその例に漏れず、神々に目を付けられ、巻き込まれていくベル。そして、何故か貞操の危機を迎える彼が偶然出会ったのは、娼婦として働かざる負えなかった狐人の少女……ムハーっ!! やばいです! これだけロマンスがっ! たまらないロマンスが管理人の中で繰り広げられるようです!

 無論、囚われた少女を救うという王道な話なので、先の展開はわりと読めます。しかし、そこに持っていく流れが素晴らし過ぎます。巧みに読者の心を煽ってくるのです。
 ベルが春姫を助けることを決意するのはいつなのか。その時を今か今かと待ちわび、その瞬間が訪れた時――歯磨きしながら腰を振りました。
 つい興奮してしまってね、磨いちまいましたよ。鎮静効果があると思っていたのですが、どうしてか頭に血が上りました。とっても不思議。

 ああーもう! さいっこうですよ完全無欠な英雄譚!! 少女と仲間、どちらか見捨てなければならないというのなら、秤を壊して両方救う! そんな乱暴でご都合主義なダンまちが好きです!!

 ■裏の主役といっても過言ではないフレイヤが、だんだんと表舞台へ■

 ダンまちの負の面を代表するフレイヤ様が、珍しいことに表舞台に登場しました。
 それも、囚われてしまったベルを奪い返すために。

 けれど、彼女に中にある想いが果たして愛なのか気になるところです。
 執拗なまでにベルに執着しており、彼は自分のモノだと言ってはばからない。物語を読んでいると、これまでフレイヤがベルほど執着を見せた男はいないようです。

 ベルへの独占欲を見せるフレイヤが、段々と物語に関わってきています。ベルも彼女が自分のことをずっと見ていたことに気が付きました。
 そのことがこれから物語にどう影響を及ぼし、フレイヤがどう活躍するのかが気になります。

 ■全て狐人の春姫に持ってかれてしまいました……っ! 純粋無垢な箱入り娘可愛い!■

 今年の流行が決定しました! 箱入り狐っ子です! 純粋無垢な春姫が可愛過ぎてたまりません!

 娼館の1室でベルと語り合う姿は少女そのもので、娼婦とは似ても似つかない性格。
 けれど、様々な理由から娼婦として売られ、閉じ込められてしまった春姫は、捕えられたお姫様そのものです。
 薄幸の美少女というのがどうして心を掴んで離さないのか、春姫をみていると良く理解できます。
 必至に我慢し、けれど取り繕うとして失敗する。穢れているから助けてもらうわけにはいかないと自分を責める……自分のことではなく、ベルのために助けらることを拒否する春姫。そんな心優しき少女に見事魅了される管理人。

 自分のせいだと訴え、責める少女は儚くも美しく、自分が守ってやらなければならないという決意が生まれます。
 そして、少女を救ったならば彼女は英雄を慕い、いつまでも添い遂げることでしょう……ということで、8巻の春姫の扱いが気になるところです!

 どうあがいてもベルにゾッコンな春姫が、これからヘスティア・ファミリアで巻き起こす修羅場を想像すると楽しくて仕方ありません。純粋無垢というのは、それだけで武器となるのです。
 ベルの部屋に朝起こしに来るなど序の口です。ベルのベッドに潜り込み、

「も、申し訳ございません! あまりにも気持ち良さそうに眠っていたので、起こすのも忍びなく……その…………見ていたら、つい」

 とかいって平然ととんでもない行動を起こすことは間違いありません! なによりも、春姫はもともと娼婦だったのですから、恩に報いるためにと夜這いを掛けるに決まっています! そして、ヘスティア達に見つかり修羅場になること間違いなし。ここまで完璧に管理人の妄想でした。信じないで下さい。

 こんな妄想を語ってしまうほど可愛らしかった薄幸系美少女狐人、春姫ちゃんに祝福あれ!

 □春姫ちゃんがいれば万事解決□

 ラノベを読み進める度に、どんどんと色々な性癖が開花されていく管理人。見事、狐っ子属性を開花させたのは「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」7巻!

 きっと、ダンまち8巻ではメイド姿な春姫ちゃんを見れることを信じて、アニメを観つつ6月を待ちたいと思います。ダンまちは心理描写が上手で、取り込まれてしまいますよねー。

◇関連書籍◇

【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか】


【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ソード・オラトリア】
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.