SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇戦うパン屋と機械じかけの看板娘1◇

戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉 (HJ文庫)
著者:SOW イラスト:ザザ
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

人型強襲兵器を駆り「白銀の狼」と呼ばれた英雄ルート・ランガートの夢はパン屋を開くこと。戦争が終わり、無事パン屋を営むルートだったが、その怖い顔のせいか、さっぱり売れない。そこで窮余の策で募集したウェイトレスとしてやってきたのは、ルートの軍人時代の愛機「アーヴェイ」のAIから生まれたという白銀の髪と赤い瞳を持つ美少女だった。

◇感想◇

 主《あるじ》に一途なスヴェンが可愛過ぎるぅううううううっ!!

 HJ文庫新シリーズ「戦うパン屋と機械じかけの看板娘」1巻!

 もうなんというかどうして主人公には一途だけど、他の人(特に女性)には手厳しいヒロインってこんなにも可愛いんですかねぇえええええっ!!
 主人公が「白銀の狼」と呼ばれた元軍人のルートのため、少々血なまぐさいところもありますが、それを差し引いてもスヴェンが可愛い。
 スヴェンがいたからこそ読みきったと言っても過言ではありません。

 ■元軍人の強面お兄さんが営むパン屋「トッカーブロート」は、今日も閑古鳥がひしめていております■

 「白銀の狼」と呼ばれた元軍人、ルート・ランガートが、パン屋を営み日夜奮闘するお話。

 そんな彼を一途にも追いかけてきたのが、ルートの元愛機だった「アーヴェイ」。人の姿をしたときの名を「スヴェン」といって銀髪、ロングの紅い瞳をした美しい少女で可愛いなもう!
 彼女がウエイトレスとして「トッカーブロート」で働くようになったおかげで、どんどんと店は繁盛していきますが、元軍人という過去からは逃げられず、色々なしがらみと向き合うことになります。

 戦勝国の人と、敗戦国の人の問題や、未だ戦争を続けようとする人々。そして、機械仕掛けの看板娘。

 過去の罪、不思議な少女との出会いなどなど全体的に見るとわりとありふれた題材ではありますが、綺麗にまとまっており、なによりメインヒロインであるスヴェンを好きになったので楽しんで読めました。
 物語の中では元軍人であるルートを責める人も多く、そのため少々重めの話となっています。

 それでも、誰かを恨むことなく、無欲にパン屋を営むルートには心動かされるものがあります。逆に、相手に反抗しないので一方的で、読んでいて辛いと思う場面も多々。
 なにをされても怒らないルートの変わりに、感情を剥き出しにし、怒りを顕にするスヴェンがいいのです。もうどちらが機械かわかったものではありませんね!

 強面で、笑顔を作れない不器用な元軍人に、愛想が良く、けれどルートに危害が及ぶとなると激情を剥き出しにする機械仕掛けの看板娘。
 あまりにお似合いな二人に心を思い切り掴まれてしまいました。やっぱり、誰かのために怒ってくれるヒロインは、傍からみると凶暴に見えることもありますが、優しく魅力的なのです。

 ■根っからの軍人気質っぽいソフィアと、ルートの関係が気になります■

 ルートの所属していた部隊の隊長だった思われるスフィア・フォン・ルンテシュタット。
 登場は一瞬でしたが、管理人の中での興味は尽きません。

 だってだって、軍人気質な真面目っ子ってだけでも好みなのに、ルートの元上官。しかも、ルートをわざわざ自分の隊引き抜いたっていうんですよ!? どういう関係なのか気にならないわけないじゃないですか!

 ルートに接するときはお姉さん風なのか、それとも上官としての立場は崩していないけれど、目に掛けていたのか。
 また、今後ソフィアがルートと再会したときどういった反応を示すのか。ソフィアの立ち位置が気になるところです。
 ルートが軍を辞めることを止めたのか、それとも心良く送り出したのか、はたまた戻ってきて欲しいと願っているのか……妄想がっ、妄想が溢れて止まりません!

 登場する場面は少なかったですが、妙に気になるソフィアさん。最終的にはスヴェンとルートを取り合う形に収まってくれると嬉しい。凄く嬉しい!

「わ、私のような無骨な軍人では女として見れないか……?」

 と、潤んだ瞳でルートに迫って欲しいんじゃー! 普段強気な女性が弱気なところを見せるギャップが凄まじく好きなんですよ――!!

 ■ああ、スヴェン? 女神の名前ですかね?■

 あれだけソフィアソフィアとほとんど登場していないキャラを語っておいてなんですが、やっぱり今作のメインヒロインは我らが女神スヴェンちゃん!

 ルートが罵倒されれば、怒り噛みつく。
 ルートが怪我を負ってしまったのなら、守れなかった自分を責め、怪我させた人間を殺そうともする。
 ルートを好きだと思う自分がいるが、あくまで自分はルートの下僕でそんな感情を抱くのもおこがましい、そう思いつつも他の女が近付くとイライラする。


 そんなスヴェンが大好きなんですよ――――――――――――――――――――!!


 特に、一途で、主人のために怒り、牙を剥くけど、主人の不利益になるようなことはしないという理想的過ぎる性格が良いのです。
 主人のためといいつつ、自分のとって目障りだから殺そうとするキャラとは違うのです! スヴェンは我慢できる子!

 最後には自分の「ルートが好き」という気持ちを認めて、独占欲まで生まれキスをします。なんですか、それ? ルートは私のものですというマーキングかなにかですか可愛いなぁああもうぉおおおおおっ!!

 管理人は、そんな一一途に恋する機械仕掛けの看板娘を応援しております!

 □スヴェンスヴェンスヴェンスヴェンソフィアスヴェンスヴェン……□

 スヴェンが大好き。スヴェンが超大好き! けど、ちょっとソフィアも気になるの……浮気者ですからね! この人でなし!! という流れが生まれるHJ文庫「戦うパン屋と機械じかけの看板娘」1巻!

 いくつか伏線がありましたが、1巻で綺麗にまとまっているだけに2巻が発売するか不安で仕方ありません。女神スヴェンちゃんのためにもお布施を、お布施――!! と、販売数が上がることを祈りつつ、「戦うパン屋と機械じかけの看板娘」2巻を待ち続けます。スヴェンとソフィアのためにね!

◇関連書籍◇

戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉 (HJ文庫) 戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉2 (HJ文庫) 戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉3 (HJ文庫) 戦うパン屋と機械じかけの看板娘〈オートマタンウェイトレス〉4
戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.