SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想

◇問題児たちが異世界から来るそうですよ?12◇


おすすめ度:★★☆☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

“人類最終試練”の魔王アジ=ダカーハとの死闘から三か月―。ようやく落ち着きをみせた箱庭で、十六夜たちは新たなギフトゲームに挑む。でも順調に勝ち進んでいく十六夜に異変が起きて!?一方、その裏では、箱庭全土を巻き込む一大プロジェクトが進んでいた。仲間たちにも転機が訪れるなか、十六夜、飛鳥、耀の下す決断とは!?そして、ついに地上へと降臨した“ある人物”の正体とは!――いま、究極の進路相談が始まります!!異世界バトル第1部完結。

◇感想◇

 第1部完というよりは、1シリーズ目完の2シリーズ目開始みたい。

 第1部完と節目を迎え、新たな物語が始まるスニーカー文庫「問題児たちが異世界から来るそうですよ? 軍神の進路相談です!」! ナンバリングは12巻!!

 今巻は節目の巻。サブタイトルからもわかる通り、問題児たちがこれからの進路を決め、行動していくお話となっております。
 また、これまで謎だった十六夜の出生や、彼がなにを悔やんでいたのかなど投げられていた伏線を一気に回収。そのせいか、説明が多すぎな気も……。
 
 そして、今回で第1部が完結し、第2部1巻が始まるそうな。
 メインとなる登場人物が変わるようなので、1シリーズ目完結。2シリーズ目開始というほうがしっくりきます。

 ■問題児たちの悩みと進路■

 "人類最終試練《ラスト・エンブリオ》"の魔王アジ・ダカーハを倒した後のお話。
 それぞれ今後どうしようかと、思い悩みながら決めていきました。

 春日部輝は、ノーネームの新たなリーダーに。
 久藤飛鳥は、旧ノーネームメンバーを探しに旅へ。
 逆廻十六夜は、自分探しという感じで旅へ。
 十六夜に付いていく形で黒ウサギとグリーが一緒についていきます、と。

 つまり、主要メンバーほとんどが旅に出るという結末!
 新しい章に入る時、実力を上げるためにも旅に出るというのはよくありますが、まさか本拠地放り出してこんなに多くのメンバーがでていくとは……色々と大丈夫なのか心配になりますね!
 一応、十六夜に付いていった黒ウサギはメインヒロインとしての立場を守った形。なんか、12巻ではほとんど活躍なく、ほぼ空気でしたけど……。メインヒロインの座を奪われないか心配で仕方ないですね! く、黒なんとかさんと呼ばないで!

 ま、第2部1巻からメインヒロインどころか主要メンバー総入れ替えみたいですけどね!

 ■情報量が多すぎるのと、伏線回収のために色々な話が混在■

 第1部で回収しておきたい伏線が多かったせいか、12巻では情報量の増加もそうですが、話があっちこっち飛び、混乱する場面が至るところにありました。管理人の頭はあまりよろしくないので説明分が多いと死ねます。つまり、12巻で管理人は死んだ……。

 いやー、第2部で心機一転という感じなのでしょうがないかなとも思うのですが、それにしてもごちゃごちゃしすぎが否めない。
 飛鳥とフェイスレスの話は、1巻分使ってもよかったのではないかと思うぐらいですし。

 謎解きも好きですが、最強系主人公のスカッとした戦闘も大好きなので、そういった部分がほぼ皆無の12巻は少々う~んと悩みます。十六夜には「ヤハハ!」と高笑いしながら黒ウサギにセクハラしてほしい。あれ? スカッとどこに消えました? セクハラスカッと?
 
 まとめ回ということで、今巻は溜めの期間だと思い、第2部を楽しみに待ちます。

 ■新しい問題児たちが来るそうですよ? ということで新タイトルは「ラストエンブリオ1 -問題児たちの帰還(仮)-」!!■

 第2部はタイトルが変わり、ナンバリングも1からという、完全に別シリーズのよう。
 新しいタイトルは「ラストエンブリオ1 -問題児たちの帰還(仮)-」!!
 「(仮)」の扱いが気になるところ。これ、サブタイトルがまだ仮で確定していないからなのか、それとも最近の流行り的に「-問題児たちの帰還(仮)-」までがサブタイトルの可能性もあり……むむむ、どうなんでしょう?

 あとがきの竜ノ湖太郎先生いわく「中身は変わらない詐欺」らしいので、完全に別な内容というわけではないようです。2部ですしね。

 新しい主要メンバーはかつて十六夜がいた「カナリアファミリーホーム」の西郷焔と、彩里鈴華。そして、フェイスレスこと飛鳥の妹?久藤彩鳥でお送り……するのかしら?
 巻末の紹介ページで彼らの挿絵が入っていたので多分そうだと思いますが、疑う心を脱ぎきれない管理人。人は、誰かを疑うから人なのです……。(悟り目)

 まー、新しくなっても十六夜達が活躍してくれることを期待したいですね! あと、管理人としてはもう少し恋愛面を強くなると嬉しいなぁ、と願望を口にしてみます。できれば、焔と彩鳥が意識し合う展開を希望――!!

 □進路相談は無難に「進学」と書いた管理人は主人公になれない□

 進路相談に「異世界で旅をする!」と書けたら、きっと素敵な人生が待ち受けているだろう思わせる「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」12巻「軍神の進路相談です!」!

 色々と悩み尽きないお年頃で、爽快な性格をしていた十六夜に陰りがあったのが気になるところ。第2部1巻で登場する時はもとの十六夜以上の破天荒ぶりを期待したいところです!

 12巻の挿絵もですが、イラストレーターさんも変わり、新たな気持ちで始まる第2部「ラストエンブリオ編」を楽しみに、2015年6月1日を待ちます。
 延期、延期だけは勘弁ですよ――!? 延期の繰り返しは管理人の心が荒む非道の技なのでね!

◇関連書籍◇

【問題児たちが異世界から来るそうですよ?】

【ラストエンブリオ】
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.