SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想

◇やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。10.5◇


おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

雪乃、結衣と過ごすおなじみ奉仕部での活動から、小町の受験を心配したり、いろはのわがままに振り回されたり、さらには男子からのあるお願い事まで舞い込み……!? 八幡の短くも慌ただしい冬の日常を描く短編集。

◇感想◇

 小悪魔いろはす恋の迷路に迷い込んでしまいました……。

 2015年4月にアニメ第2期放送予定のガガガ文庫「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」10.5巻!

 いろはすいろはすいろはすいろはす――――――――――――――――――――っ!?
 表紙のあざといろはすから予想して、メインのお話1つぐらいはあると思っていましたが、まさかのほぼ1冊いろはす尽くし。くっ、こちらの心理状態を的確に読み取り狙い撃ちしてくるとは、流石渡航先生……っ!!

 ページを捲っても捲ってもいろはすいろはすで、いろはすのゲシュタルト崩壊。アドレナリン出まくりで興奮し続けていますよ――!
 ゆきのんとガハマさんには先に謝っておきます……ごめんね? 今回の感想は小悪魔後輩一色いろはのことしか書きません。

 一色いろはの魅力を破裂寸前まで詰め込んだ1冊! いろはす大好きですよ――――!!

 ■居心地の悪い部内の空気も彼女がいれば大丈夫! 緩衝材いろはす!! これはバカ売れです■

 「俺ガイル」10巻でも見られましたが、雪乃や結衣が八幡のことを意識して、妙に居心地の悪い空気が流れることがしばしば。
 それは、よりお互いの距離が近付いたということでしょうが、そこで止まると話も止まるということなのか、何故か部室に居座っているいろはが八幡達の空気を緩和させていました。

 恐らくは意識的にやっているのでしょうが、いろはがいることによって恋愛の微妙な空気へと流れなくなっています。
 あまりにも上手い具合にはまり込んでいるので違和感はないのですが、こうなるよう狙っていろはというキャラを作ったなら凄すぎます。流石わたりん先生は格が違いますね!

 この後の展開によっては、大分波乱を撒き散らすキャラになる予感。意味合いは異なりますが、やはりサークルクラッシャー的な立ち居地になってしまうのかなー、と不安になってしまいます。

 現状だと空気を読んで奉仕部を壊さないように動いてるようにも見え、かなりいい立ち居地にいる状態。管理人としては嬉しい限りです。そのままの良いとこ取りな立ち居地を守って欲しい。

 ■いろはが八幡に近付いたり、距離を取ったり。八幡のこと好きなのどっちなの――!?■

 今巻を読んでいると、いろはが八幡のことを意識しているのは確かですが、それが恋愛感情なのかどうなのかはっきりとしません。

 正直、管理人は好きだと思っていますが! そう信じておりますが!
 デートの終わりで口にした、
「……先輩もちゃんと参考にしてくださいね?」
 という言葉は、自分とのデートを参考に、二人との関係を進めてくださいと取れます。

 また、奉仕部で写真を撮るときに、いろは自身を抜いた奉仕部の面々で撮らせるという行動。
 それは、八幡達3人で上手くやってください、という意思表示なのかと思ったり。

 八幡のことを意識しているシーンの多いいろはですが、実際のところどうなのか10巻を読んで、管理人はますますわからなくなりました。

 管理人としては、いろはは3人で上手くいってほしいと思っているから背中を押すけど、その胸の中では八幡への思いが確かにあって実は複雑な感情を抱いている、とかだと大変好みな展開で嬉しいのですけどね!
 でも、きっとこんな展開にはならないですね! まるでいろはすメインヒロインみたいな扱いになってしまいますもんね! レイス悟ってます! ……くっ!

 この先、少しでもいいのでいろはの気持ちが実際どうなのか分かるお話を入れてくれると嬉しいですね。


 ここまでいろはが八幡のことを好きなのか分からないと書いてきましたが、後は思うがまま気持ちのままいろはすが可愛かったことを書き連ねるのです!(正直、無理矢理な解釈もありますが、気にしちゃいけませんよ?)

 ■いろはす可愛い、それこそが心理で疑いようのない事実!■

 いろはがあざと可愛い小悪魔後輩だということは世界が生まれる前からの真理ですが、10.5巻ではその可愛さが大・爆・発です!。

 八幡が「高校になれば彼女ができると思っていた」というような発言をして、雪ノ下と由比ヶ浜が八幡を気にして部室内が居心地の悪い空気になったところで、今まで一言も喋っていなかったいろはが話題を変える。
 それはつまり、八幡を意識した反応を嫌って口を挟んだのではないかといろはす可愛い!

 編集者の年収が高いと知り、「編集者と結婚します」と口にした後、八幡の将来の話になり「編集者おすすめですよ」と言ったのはつまりはそういうことではないのかといろはす可愛い!

 色々と理由があるとはいえ八幡をデートに誘って、自分のことをちゃんと見てくれていると八幡を意識したり、八幡のことを知りたいからと取れるような八幡任せのデートプラン。てことは――!? とテンションが上がりいろは可愛い!!

 そしてなによりも――!!
「はっ! なんですかもしかして今わたしのこと口説いてましたか一回遊びに行ったくらいでもう彼氏面とか図々しいにもほどがあるのでもう何回か重ねてからにしてもらっていいですかごめんなさい」
 これもう何回か遊びに行ったら交際OKというサインですよねそうですよねそうに違いないそういうことにしておきましょう!!


 ということで、とにかくいろはすが可愛過ぎる!
 どうしてこんなあざと可愛い後輩の巻を書き上げたのか、渡航先生には感謝の念を送るしかありません。ありがとうございます、本当にありがとうございます!!

 □結論はいろは可愛いに決まっているでしょうが!□

 一色いろははあざと可愛い!
 それだけわかっていればいいのです。それこそが「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」10.5巻の全てだと管理人は勝手に断言します! ――根拠はない!

 わりと今巻でいろは成分を堪能したので、11巻で雪乃や結衣とのいちゃらぶを読みたいなー、とありえない未来を期待しつつ11巻を待ちたいと思います。

 追伸:アニメは9巻の話が終わるまで絶対に見ませんよ! だって、それまでずっと胃がキリキリするお話なんだもの!

◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.