SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想

◇ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか6◇


おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

大森藤ノ×ヤスダスズヒトが贈る、最強ダンジョンファンタジー、第六弾!

「ヘスティア、君に『戦争遊戯(ウォーゲーム)』を申し込む! 」
「な、なんだとアポロン!?」

『戦争遊戯(ウォーゲーム)』──対立する神々の派閥が総力戦を行う神の代理戦争。
勝者は敗者の全てを奪う。そして敵神の狙いは──
「君の眷族、ベル・クラネルをもらう! 」
戦争開始まで期限は一週間。
更に追い打ちをかけるように今度はリリが【ソーマ・ファミリア】に捕らえられてしまう!
もはや絶望的な状況。それでも少年と『出会い』、幾多の『冒険』を経た絆が今ここに集結する。
全ては勝利のために!

『上等だ、アポロン! 僕等は受けて立ってやる、この戦争遊戯(ウォーゲーム)を! 』

これは、少年が歩み、女神が記す、
── 【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

◇感想◇

 初のファミリア同士の抗争が熱すぎる! そして、ヘスティア様ー! 好きです――!!

 2015年4月からアニメ放送予定のGA文庫「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」6巻!

 アニメが始まるからと先日試しに「ダンまち」1巻を読んだら沼に沈むがごとくド嵌りし、最新刊まで一気に読んでしまいました。
 とりあえず、1巻感想はアップしたし次は最新刊の感想かな、と6巻感想を書き書き。

 今巻はなによりも友情や、義によって集まる仲間達との関係が熱い!
 アポロンという変態につけ狙われてしまったベルを、ひいては「ヘスティア・ファミリア」を救うため、危険や立場を省みずベルのために力を貸してくれるのがもうっ……さいっこうです!!

 ■初のファミリア同士の抗争■

 個人間での争いごとはちょくちょくありましたが、ファミリア同士の抗争はなかった「ダンまち」。
 そもそも「ヘスティア・ファミリア」の団員がベルのみだったので、他のファミリアと戦いようがなかったのですけどね! ぼっちは辛いですね……。いや、ぼっちこそは至高! ぼっちこそ最強! 管理人はぼっち党員になりたい!!

 ギリシア神話に登場する神「アポロン」の偏愛の対象になってしまったベル君。そんな彼の貞操を護ろうと奮闘する仲間達のお話です。

 レベルで戦力差が如実に出てしまう世界なだけに、ほとんど戦う前から結果が見えてしまいそうなファミリア同士の抗争『戦争遊戯(ウォーゲーム)』。
 扱いとしては、代理戦争。つまるところ、神であるヘスティアとアポロンの変わりにベル達が戦うということのようです。

 戦闘自体はわりと短めで、焦点はベルの成長と、仲間達の奮闘。
 レベル4のリューさんが魔剣持って戦ったり、いつも通りのレベル差無視のベルさん無双で、戦略的な期待をしている方にはあまり向かないお話でしょう。

 管理人としては、戦闘を一気に駆け抜けスパッと相手にトドメを刺してくれる流れは大好きなのでとても満足しております! やっぱり、無双系は素晴らしい!

 ■義に厚い仲間達の奮闘がまた良い!■

 これまで、パーティーを組むことはあっても「ヘスティア・ファミリア」に入団する仲間はいませんでした。しかし、ファミリア同士の抗争『戦争遊戯(ウォーゲーム)』でベルに味方するには「ヘスティア・ファミリア」に入るしかないと知り、ヴェルフ、命、リリが入団しました!(唯一例外として、リューさんだけは助っ人として参戦)

 リリは別ですが、ヴェルフと命はそれぞれもといたファミリアでやりたいことがあったはずなのに、それを捨ててまでベルのために移籍するという友情に管理人号泣。

 命は、一度自分達のせいで死地に追いやってしまったベルを、今度は見捨てたくないと、思いを曝け出し義を示しました。

 そして、ヴェルフは迷いも何もなく、
「友のため」
 と、ヘファイストスに断言してみせる男気が凄く格好良い!! また、ヘファイストスの返しがなんとも心躍ること……っ!

 大切な人のために、全てを捨ててでも駆けつける。物語だからこそできることなのでしょうが、それでも、管理人の涙腺は緩み、叫びたくなるほど興奮が止まりません。
 やっぱりいいですよね、熱い友情!

 ■だけどやっぱりヘスティア様が好きなんです――!■

 友情が好きと書きつつ、やっぱりラブコメに戻ってしまうのはラノベ読みの性《さが》。仕方のないことですよ、ええ、仕方ないことです。

 変態アポロンのファミリアに追い詰められ、もうどうしようもないときに、ヘスティア様がベルと一緒ならどこに逃げてもいいと言ってのける。愛ですよ、愛!
 そして、なによりもベルのことが好きだとしっかりと告白しています! 神だからかは分かりませんが、異種族間の恋愛問題を気にしないヘスティア様。
 一緒にいれればそれでいいと、誰にも渡したくないとベルに想いを伝えるヘスティア様が可愛い――!!
 ヘスティア様が可愛過ぎて生きるのが辛い! というか、ヒロイン力が大気圏突破してますー!!

 結局ベルが返事を濁したために『戦争遊戯(ウォーゲーム)』が開戦してしまったのですが、ヘスティア様がそこまでベルのことが好きだという想いが伝わり管理人は悶え死に。
 危うく天に召されるところでした。まあ、召されてヘスティア様に会えるのであれば悔いはありませんがね!

 □つまり、ヘスティア様が女神、そういうことです□

 歴然とした事実でありますが、ヘスティア様が女神でロリで巨乳で超可愛いということを改めて世界に知らしめた「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」6巻!
 正直、リューさんに浮気しかけていましたが、ヘスティア様の可愛さに目が離せない。たとえ、あまりの神々しさに眼球が潰れたって目が離せない……っ!

 「ダンまち」7巻は4月発売で命《みこと》回なのかしら? そのときに動くヘスティア様も見れるので楽しみですわね! と、ややオカマになるほどテンション高く7巻、アニメ共にヘスティア様を崇めつつ待ち続けます!

 ちょっと「ヘスティア・ファミリア」入団してきまーす!! ヘスティア様ー! 好きですよ――――っ!!

◇関連書籍◇

【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか】


【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ソード・オラトリア】
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.