SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇新約 とある魔術の禁書目録12◇


おすすめ度:★★★☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

上条当麻は、全世界からオティヌスを守った。『魔神』の力を失った彼女は、小さな妖精さんとなり上条家の居候となる。そう、上条は『日常』を取り戻したのだ。しかし。新たな脅威は、すぐに来た。―『魔神』が動くぞ。―サンジェルマン。それが全てを手に入れる者の名だ。学園都市の巨大複合商業ビルにて、上条とサンジェルマンは、相まみえる。そんな最悪の状況に巻き込まれたのは、買い物中の『アイテム』の面々、浜面仕上、そして学園都市第六位の超能力者・藍花悦―の紛い物。激突が、始まる。

◇感想◇

 ついに男の子がかみやんハーレムに加わるのんっ!?

 新約に入ってから管理人の理解をどんどん超えていく電撃文庫「新約 とある魔術の禁書目録」12巻!

 表紙を捲れば、藍花悦《あいはらえつ》と名乗る子と当麻が遭遇していて、
「あー、今巻のヒロインは彼女かー」
 と、思っていたらまさかの男の子。かみやんが遂に男の子にまで手を出してしまったのん!? と、めちゃくちゃ驚きましたが、そんなことはなかったです。ここで残念だと思ってしまう管理人は、相当腐っていると自覚症状あり! はははっ、腐り上等! 男の娘ヒロインはまだですかー!?

 というわけで、今巻は学園都市第6位藍花悦を名乗っていた少年がメインで話が進んでいきました。
 大方の予想通り、オティヌスはサポートキャラでしたね。

 ■食蜂操祈と御坂美琴がちらっとだけ登場しました。良かったですよー!■

 食蜂操祈と御坂美琴の二人が冒頭部分でいがみ合うのが、お約束なんじゃないかと思えてきた昨今。

 一種のファンサービスなのかなー、と思いつつもそれを素直に楽しんでしまう自分は、鎌池先生の術中に嵌っているんでしょうかね?

 して、一応この話題を上げたのも一応理由があります。操祈と美琴が好きだからという理由だけではないのですよ!
 なんでも、クリスマスは寮の外出が禁止らしく、二人は共謀して寮を抜け出そうと画策しています。
 それはつまりー? どこのツンツン頭の高校生とクリスマスを過ごしたいってことですかねー?(ニヤニヤ)

 登場シーンが少ないわりに、思わずニヤニヤさせてくれる二人。かわええですなー、と思いつつも、次の巻ぐらいにこの話題が盛り込まれているといいなーと、期待しています。

 あとがきで、
「そろそろ美琴メインのターンですな」
 と、書かれていますしね!
 管理人は信じてます! 鎌池先生なら管理人の期待に応えてくれるとしんじ――嘘ですよもうぉおおおおおっ!? キタと思ったらなんかよくわかんない方向に話がシフトしていくんでしょう!? 「これからデートね」って微かに赤らんだ頬で笑みを見せた後、平然と血まみれな戦闘シーンが始まるんでしょう知ってますよ――!! そもそも、次の巻でとは書いてませんしね――!!

 期待を持たず・願わず・考えずを心に刻み、管理人は11巻の操祈回へ現実逃避します。

 ■やっぱりオティヌスサポート役でしたね……■

 とあるのマスコットキャラになってしまった魔神オティヌスさん。

 今後の扱いはどうなるのかなー、と考えていましたが、大方の予想通り当麻のサポート役でしたね。

 今巻では、新たな魔神が何人か登場し、彼らと戦っていくようです。その説明役として、今後はオティヌスさんが活躍してくれそうな予感。
 そのうち、元のサイズに戻って当麻のために命を掛けて戦う姿を見てみたい!

 まあ、スフィンクス(当麻さん家の猫)に追い掛け回されるネタ要因と化してしまったオティヌスさんが、今後どこまで活躍してくれるかは謎ですが。
 とあるシリーズはヒロインが増えては、過去のヒロインの出番が減っていきますからね。オティヌスの確立された地位も油断できません。新たなマスコットが登場しても不思議はありませんからね!

 頑張れオティヌス! 管理人は10巻で魅せてくれた貴女のデレを期待していますよ!

 ■ヒーロー2人を従え戦うロマンがここにあります!■

 サンジェルマンと戦う藍花悦を名乗っていた少年、加納神華《かのうしんか》が当麻と浜面を従え挑む姿があまりにもロマン!

 ヒーローや英雄を従え戦うというのは、あまりに燃えます。
 ヒーローが1人なら、その方が主人公でしょう。けれど、ヒーローが複数なら彼らを束ね導く人が必要。そして、そんな彼らを導くのは、力はないけど確かな意思を示す人でしょう。

 今巻では加納神華がその導き役となってサンジェルマンと決着を付けました。当麻がサポートするという珍しい場面を見れて楽しかったです。
 頼れるヒーローを従えるというのもまたいいもの。ある意味フェイトの英雄を召喚し、一緒に戦うみたいな興奮と似ているかもしれません。やっぱり、名のある強者と一緒に戦うというのは燃えますよね!
「ゆけ、当麻! “幻想殺し”だ!」

 □時代はヒーローを従えて戦うのです!□

 当麻と浜面を従えて戦うという特殊な戦闘に心踊った「新約 とある魔術の禁書目録」12巻!
 旧約では実現されなかった当麻の戦闘方法や立ち位置があり面白い反面、世界を作り直せる魔神がでてきただけに、お話として限界に来ているのではないかと思ってしまいます。もう、まともな戦いにならんでしょうーが。

 次の巻でも更なるインフレを起こすのかなー、と思いつつ、みさきち成分を補充してきます。

◇関連書籍◇

【新約 とある魔術の禁書目録】

【とある魔術の禁書目録】

【とある魔術の禁書目録 SS】
戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.