SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想
  • HJ文庫「新宿コネクティブ」1巻感想

◇放浪勇者は金貨と踊る1◇

放浪勇者は金貨と踊る (富士見ファンタジア文庫)
おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

勇者が魔王を倒して、世界は平和になりました―では終わらなかった。人類の“敵”が消えて『暴力』の時代から『金』の時代が訪れる。商業都市ファルトラの片隅、素性を隠して放浪していた勇者は、詐欺にあった亜人の少女ユニスと、その相談に乗っている女騎士レイチェルと出会った。仕方なく助けることにした彼は、淡々と言い放つ。「…法も剣も無力だってんなら…騙した悪党を騙し返せばいいだろ」魔王を倒した勇者の新たなる敵は、金に憑りつかれた人間たち!そして、さらに街を揺るがす巨額な詐欺へと挑むことに…!?『金が全て』となった異世界の、金貨を巡る英雄譚、開幕!

◇感想◇

 勇者が詐欺して詐欺師を嵌める新たな異世界ファンタジー!

 富士見ファンタジア文庫新作「放浪勇者は金貨と踊る」1巻!

 昨今、レーベルを跨いで活躍されている「むらさきゆきや」先生の新作です! 講談社ラノべ文庫で出した新作「異世界魔王と召喚少女の奴隷魔術」からおよそ3ヶ月後の刊行。そろそろライトノベルレーベル全制覇も夢ではなくなってきましたね! 多分、無理ですけど!
 そして、管理人は「むらさきゆきや」先生というだけで購入。普段、作家買いはほとんどしないのですが、この先生にハズレなし! という過去の経験から内容も見ずに買ってしまいました。

 今作は魔王を倒した勇者が、今度は人々を苦しめるモンスター(詐欺師)を逆に騙して人々を救う物語。
 コミックやドラマでやっていた「クロサギ」という作品を思い出しました。異世界ファンタジーなのに、詐欺師を嵌めるという現代的な話は珍しい。異世界だろうがなんだろうが詐欺師はいるでしょうが、こういうお金の話って現代設定のほうが書きやすと思うので。

 で、読みましたが……やはりハズレませんでした! 面白かったです!

 ■異世界ファンタジーですが、剣ではなく武器はお金と演技■

 勇者や異世界というキーワードから、魔法や戦いを想像した方は一旦落ち着きましょう。この作品はそういったジャンルではありません。

 剣も魔法もでてきますが、話は騙された人を助けるために、詐欺師を騙してお金を取り返すというもの。
 噂を流し、演技をし、相手を騙してお金を取り返す。
 これを現代ではなく異世界でやるというのが面白い。詐欺に、モンスターや勇者、はては王女まで絡んできます。この要素は異世界ならではで、現代ではできないお話の構成になっています。
 やっぱり異世界での詐欺なのだから、その世界に沿った詐欺がいいですよね!

 2巻以降も、異世界ならではの詐欺を、様々な方法で解決して欲しいですねー。

 ■詐欺師を騙す詐欺師になっても、勇者は勇者■

 飯代も払うことができない魔王を倒した勇者ヨル(本来の名前はアレン)。
 詐欺師を騙す詐欺師になっているということで、イメージが悪くなりそうですがそんなこともなかったです。

 過去の復讐のためではなく、自分のためでもなく、助けを求める善人のために詐欺師を騙す姿は、確かに一般の勇者像とは違いますが、その心にあるものは人々を守りたいという強い思い。
 戦う相手、戦う方法が変わっただけで、ヨルは確かに勇者なんだと感じます。

 そう思うと、現代にだって勇者はいるのかもしれない、と想像できるから面白いです。見方が違うだけで、きっと現代のどんな人だって勇者になれる可能性があるのだと、想像を掻き立てられます。
 本来、誰もが想像する勇者とは大分かけ離れちゃういますけどね!

 ■女騎士レイチェルちゃんが素直。そして、可愛い■

 今作ヒロイン女騎士レイチェルさん。
 始めは堅物さんで、誰相手だろうと詐欺など認めない方だと思っていましたが、詐欺師相手とはいえ、騙してお金を取り返すことに反発もなにもありませんでした。
 むしろ、どういう形であれお金を取り戻せるのは凄い、という尊敬の眼差しをヨルに向けます。

 レイチェルの考え方、管理人個人的には好感が持てます。なにもできないのに、頭が固く「詐欺師相手だとしても、詐欺を働くお前も悪だ!」という口だけの堅物さんより全然いいです! 理解を示してくれるヒロイン凄く好き!
 
 素直で可愛く、真っ直ぐすぎるレイチェル。返ってくる反応も、子供っぽくて可愛いのが良い。
 まだ、幼さの残る見た目に性格。それを自分に色に染めていくとか……おっと、思わず管理人前屈みです。

 詐欺師が詐欺師を騙すという話なので難しいとは思いますが、レイチェルには悲しい思いをして欲しくない。そんなことを思う今日この頃。

 □勇者から詐欺師を騙す詐欺師への転職は……あり!□

 金や演技など様々武器を使い、詐欺師を騙す勇者の物語。
 異世界らしい詐欺や、解決方法が面白い作品で、最近の戦闘系異世界ファンタジーに飽きてきた方におすすめ!

 素直で可愛い女騎士、レイチェルちゃんの尊敬の眼差しに、汚い心が痛むこと間違いなしです!

◇関連書籍◇

放浪勇者は金貨と踊る (富士見ファンタジア文庫) 放浪勇者は金貨と踊る (2) (富士見ファンタジア文庫)
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.