SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』1巻感想
  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』6巻感想
  • MF文庫J『14歳とイラストレーター』3巻感想

◇勇者が魔王を倒してくれない1◇

勇者が魔王を倒してくれない (GA文庫)
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

逢空万太が贈る、無敵な魔王(ぼく)と色ボケ勇者(かのじょ)のロールプレイング&ラブコメディ!

高校生・宗方閑也は、ある日異世界の――どう見ても空飛ぶオニイトマキエイにしか見えない――神さまに召喚されてしまう。

〝魔王になってください! 〟
「絶対にノウだ! 」
だが断っても、力を使い果たした神さまは元の世界に戻せないと言う。

「要するに、僕は勇者に倒されればいいのか?」
こうして閑也は、勇者な少女に倒されに向かうのだけど――。

「あ、あんた、責任取ってあたしと結婚しなさいよっ! 」
出会った少女は閑也に好感度マックスなアホの子で! ?

無敵な魔王と、色ボケ勇者のロールプレイング&ラブコメディ!

◇感想◇

 おまっ、これふざけっ……万太――――っ!?

 人気混沌作品「這いよれ! ニャル子さん」の作者「逢空万太先生」のGA文庫新作「勇者が魔王を倒してくれない」1巻!

 思わず敬称を忘れてしまうほど、内容にツッコミを入れたくなる作品。
 基本的に物語を書く、ということは作者の知識や創造力で作られているものだと思っていますが、この作品は万太先生の妄想力によって描かれています! というか、作中に登場する謎のナマモノ→(~<`・ω・´>)はどう思考を巡らしても万太先生本人じゃないですかヤダ――っ!?

 色々とメタっぽい発言も見られ、読書してたはずなのに読み終わった時には激しい運動をしたように疲れてましたよ。何度ツッコミを入れたことか……。

 ■痴女勇者のユーシャ可愛いんだけどわりと蚊帳の外――!!■

 この作品のヒロインである勇者のユーシャ(←名前)。お約束として初対面で主人公・閑也《しずや》に惚れてしまうのは万太節。
 ちょいちょいスカート捲ったり、子作りを迫ったりと外宇宙からやってきたニャル子さんを彷彿とさせる痴女っぷりですが、ニャル子さんとは違い、腹芸なく純粋に好意を示してくれるのはまた違った嗜好で好ポイント。純粋な痴女、凄く好きです。

 そんなユーシャですが、閑也とナマモノ(万○先生)が話している時は、会話に加われないので蚊帳の外。というか、ほぼほぼずっと閑也とナマモノ(○太先生)が会話しているので、ずっと蚊帳の外。
 話したかと思えば子作りを迫る痴女っぷり。

 ヒロインおいてけぼりは止めてあげましょうよー! 痴女な部分しか表にでてこないじゃないですか――!!
 それでも可愛かったからいいんですけどね!

 ■ナマモノ=万太先生じゃないですか――っ!?■

 表紙のナマモノはマスコットかな? と、思ってたらガッツリ本編に絡んできました。そして、そのエイみたいなナマモノは間違いなく万太先生。

 この話にでてくる神様=ライトノベル作者で、異世界=ライトノベルという図式のようで、重界=重版、絶界=絶版、活界化=アニメ化と、明言はされていませんが、それっぽい単語がちらほらと。
 ライトノベルの業界をラノベで表現したら、というテーマで書かれていそう。

 メタ発言オンパレード、ツッコミどころ満載で読了後には息切れ必須。読み終わった瞬間に本書をバンッと机に叩きつけて、いそいそと読み返しました。
 万太先生ワールド全開ですね!

 ■あとがきないんか――っ!?■

 まさかの作者本人登場で、メタ発言多発の作風だったので、あとがきでどんなことが書かれているのか気になってしまいました。
 本編が読み終わり「次はあとがきですね」とページを捲ったら、

「ファンレター、作品のご感想をお待ちしています」

 いつもの感想募集ページ。あっれぇ? あとがきどこ~? とページを戻るも見つからず、先に進んでもGA文庫大賞の案内があるだけ。
 ……。
 パタンッ、と本書を閉じて熟考。そして、確信。

「こんな作風なのにあとがきないの――っ!?」

 びっくりなんですけど! まさかの万太先生(ナマモノ)が本編に登場するほどでしゃばっている作品で、あとがきないとかどういうこと――っ!?
 本編跨いだオチに、管理人は本書をバンッと机に叩きつけて、いそいそと読み返しました。

 □酷くのどが渇きました……。疲れたぁ……。□

 痴女勇者がヒロインの、ツッコミ入れ過ぎて読み終わったら息が荒くなる作品。

 作者様本編登場や、半端ないメタ発言に耐性がある方なら凄く楽しめると思います。読み終わった後、酷くのどが渇くほど楽しめます。
 最後は、本書をバンッと机に叩きつけて(ry

◇関連リンク◇

なし

◇関連書籍◇

勇者が魔王を倒してくれない (GA文庫)
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.