SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想
  • HJ文庫「新宿コネクティブ」1巻感想

◇クロックワーク・プラネット2◇


おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

死んだ地球のすべてが、時計仕掛けで再現・再構築された世界――“時計仕掛けの惑星”。京都パージ未遂事件から三週間後、マリーのもとに謎の通信が入る。ナオトたちは発信源である区画・三重に向かうが、そこは全てが停止したゴーストタウンと化していた! 都市最深部に潜入した彼らが見たのは、条約違反の“巨大兵器”と幼い少女の自動人形――『永遠』を体現する最強のInitial-Y――。
「おねえちゃん――わたしを、壊して――」
……世界は修正を許さない。破綻した歯車は軋みを上げて螺子狂い、少女の悲嘆をすり潰してなお加速する――――!!
榎宮祐×暇奈椿×茨乃が紡ぐオーバーホール・ファンタジー第二弾!

◇感想◇

 リューズの可愛さに拍車が掛かってもう……っ! あ、後アンクル登場します!
 MF文庫J「ノーゲーム・ノーライフ」の作者・榎宮祐と、暇奈椿が描く時計仕掛けのファンタジー第2巻が登場です!
 前巻から話に上がっていましたアンクルが、ついにアンクルが登場です! ロリっ娘大好きなそこの変態さん。吉報ですよ!
 しかし、我らが毒舌ヒロイン・リューズさんも負けていません! 更にパワーアップした毒舌、ナオトに対してのデレぶりに私は悶えたり、はあはあしたりして警察に通報されかけました!(嘘です)
 物語も大きく話が広がっていき、1都市の危機から今度は世界の危機!? 目が離せないタイトルとなっております!


 今回、全体としてははInitial-Yシリーズ肆番機『撃滅するもの(トリーシュラ)』アンクルを巡っての話になっておりますが、私としてはマリーを推したい。
 ツンデレっぽくて可愛いから! というのももちろんありますが、今作品で一番人間らしいと思ったからです。
 自分のせいでナオトが死んでしまい(実際にはもちろん死んでいませんでした)、京都パージ未遂事件を解決に導いたことでより多くの人が死ぬことになりかけました。
 それらを全て自分のせいだと責め、けれど何も出来ない自分に心が折れ掛けてしまいます。
 世間では天才と言われている彼女ですが、作中では一番挫折や苦労を知っており、どのキャラクターよりも人間らしく共感しました。頑張れマリー!
 ナオトの場合は、あまりにも思考が一般人と違い過ぎます。ヒーローとしてはありなのでしょう。何もかもをかなぐり捨てて、助けたい者を助ける。そこに悩みはありません。
 けれど、主人公としてはあまりに出来過ぎています。
 この物語の第2の主人公と言えるだろうマリー・ベル・ブルゲ。これから彼女が多くの傷を作り、どのように成長していくのか凄く楽しみです。けど、あんまりいじめないで下さいね!? 毎巻毎巻挫折してたら心がぽっきりですよ! 元に戻らなくなりますよ! 読者の評価が……。

 リューズちゃーん!
 それでは今回もやってまいりましたリューズちゃん、いえ、リューズさんのコーナーです。
 さて、まずお勧めしたいシーンは漫画喫茶でのシーン。
 ナオトとリューズさんは漫画喫茶で寝泊まりをしているのですが、その理由が「漫画喫茶ならよりリューズとくっついていられるから」。
 嫉妬する彼女が「この言葉は嘘だったのですか?」と、挿絵付きで尋ねるシーンは素晴らしかったですねー。嵌っちゃいますねー。
 なにより、漫画喫茶の他の客に嫉妬されている状況! 優越感満たしまくりです!
 リューズさんいいでしょう? 可愛いでしょう? 誰にもやらないですよ!(私はリューズのなんでしょうかね?)
 このように、今巻は嫉妬多めの話。妹のアンクルや、あまつさえ天井のシミにまで嫉妬する始末。うふふ、嫉妬するなんて可愛いなー。と、ナオトと似たような感想を抱いてます。
 しかし、一言いいたい。水着の話が出たなら着せましょうよ!? カラーページにリューズさんの水着姿があったのは興奮しましたが、文章でのサービスシーンも欲しかった!

 そして、アンクルきたー!
 と、言いたいところですが、アンクルの登場シーンがあまりにも少ない。しかも、ほとんどが操られている状態だったので、まともに話のは後半の一部のみです。
 まあ、目覚めて早々ナオトを「お父さん」、マリーを「お母さん」と呼ぶなど、ファインプレーをしっかり決めてくれる辺り、これからの期待を抱かせるキャラクターであるのは間違いないですね! なんか、リューズの地雷踏み機になりそうな匂いがぷんぷんしますが、気のせいですかね? お父さんって呼んでナオトに抱き着いたら、リューズに刻まれないですかね?


 今巻は前回の京都パージ未遂事件を受けた結果に対する事件の解決、新キャラアンクルの登場。そして、リューズやマリーの新しい一面を知ることが出来ます! 1巻から順当に読んでいる人はもちろん買って下さい! きっと損はしません。
 1巻お持ちでない方は、1巻から購入しましょう! 後悔はきっと、しませんよ? ……断言は避けたいお年頃なのです。

◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.