SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』1巻感想
  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』6巻感想
  • MF文庫J『14歳とイラストレーター』3巻感想

◇災厄戦線のオーバーロード1◇

災厄戦線のオーバーロード (富士見ファンタジア文庫)
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

異次元の扉が開き、人間の想像力から発生する怪物“グラフ”が現れる日本。その甚大なる災厄を、次元の狭間で防衛するために、次元狭界管理機構は設立された。“グラフ”と戦う戦闘員の中でも桁違いの異能を持ち、17歳にして支部のトップに君臨する笹宮銀は退屈していた。「弱者が強者を倒す」逆転劇に憧れる彼は、自分の強すぎる能力に不満を持っていたのだ。ある日、銀はある少女を見出す。それは“物体を3センチだけ動かせる”という能力の口原琴音で―『最強』が『最弱』を導くとき、真実の力が覚醒する!

◇感想◇

 ポンコツ琴音ちゃんの涙目凄く可愛くてぞくぞくっとするんですけども!

 第27回ファンタジア文庫大賞“金賞”受賞作「災厄戦線のオーバーロード」1巻!

 最近の富士見ファンタジア文庫のトレンドなのか、金賞2作揃って最弱成り上がり系。
 もう1つの金賞である「できそこないの魔獣錬磨師」が既に育ち切ったレベル100の主人公なら、こちらはレベル1から育っていく物語。

 同じファンタジア文庫の作品「空戦魔導師候補生の教官」と方向の似た話ですので、そちらが好きな方は楽しいと思います。

 主人公兼ヒロインである口原琴音《くちはらことね》ちゃんが成長していく姿によだれがどばどばと溢れて――堪りませんなー!
 しかも、絵師さんはオーバーラップ文庫「浮遊学園のアリス&シャーリー」などで活躍されているキュートな絵を描くしらび先生!
そんな先生が描く琴音ちゃんはやっぱり堪りませんでしたわー!!

 ■嗜虐心を擽る苛めたいオーラを纏う琴音ちゃんが可愛い!!■

 口原琴音ちゃんが可愛過ぎる件について。
 そんなタイトルで改めてラノべを書きたくなるほど可愛かったです。

 ポンコツ、雑魚、期待外れなどなど心無い言葉を掛け続けられ、泣き出す琴音ちゃん。
 気弱だと、戦闘に向かないと誰もが言うがそんことはどうだっていいのです!
 必死に我慢してどんなになっても戦おうとしますが、それでもダメで泣いてしまう琴音ちゃんが可愛過ぎてはぁはぁします! しかも、
「あたしの体は、笹宮先輩に委ねます!」
 とか、自覚のないエロ発言をいくつか放り込むなど、管理人の嗜虐心を擽り過ぎです。

 誰ですか、管理人をドMとか心無い言葉を口にした人は! 私は存外Sでもいけましたよ! 両刀でしたよ! 謝って下さい!
「ごめん、お前はただのドMじゃなかったね、SMどっちでもいけるド変態だったね、捕まればいいのに」
 と、蔑む視線までセットでお願い致します!

 ■気弱な少女が強く成長していく姿は、何度読んでも興奮して涙が溢れます■

 思わず取り乱すほど可愛かった琴音ちゃんが今作主人公。
 最強過ぎて「お前1人でいいじゃね? というか、この後の話、彼がいるだけで破綻しない?」と、少々不安になる『最強』笹宮銀《ささみやしろがね》に導かれ着実に強くなっていきます。

 強くなる段階や話などは良くあるもので、「一見役立たずな能力でも使い方次第」と言えば予想がつくでしょう。特殊な訓練もそうですが、琴音ちゃんが持つ能力の使い方から変えていきました。
 そして、技術や能力の使い方を学んでいく中で、気弱な琴音ちゃんが成長していって首長竜という化物に命を掛けて立ち向かえる強さを持つように。
 どうしてこう、気弱な普通の少女が成長していく過程というのは、こんなにも心揺さぶるものがあるんでしょうね? 管理人、涙で前が見えません。(机はよだれでべとべと)

 そうした成長物語と、対を成す銀の爽快感溢れる最強っぷり。
 敵を封印しないければならない、という制約がなければ間違いなく彼1人でこの物語終っています。普通に戦うと封印できずに倒してしまうとか、どんなオーバーキルですか。
 あえての制限付けは上手いなぁ、と思う反面、こんな無双キャラを出して今後の展開をどうするのか気になるところです。

 □「琴音ちゃんを泣かせ隊!」発足□

 最弱成り上がり系と、最強の爽快バトル、その両方の要素を兼ね備える作品。
 管理人は琴音ちゃんの泣き顔が見れるなら「災厄戦線のオーバーロード」2巻も絶対買いますと宣言するぐらいハマりました。
 「琴音ちゃんを泣かせ隊!」ここに発足。
 
 

◇関連リンク◇

なし

◇関連書籍◇

災厄戦線のオーバーロード (富士見ファンタジア文庫)
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.