SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想

◇クズと金貨のクオリディア1◇


おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

プロジェクト・クオリディア始動!
これはふたつの視点から紡がれる、終わりゆく世界とめくるめく青春の物語――。
底辺高校生・久佐丘晴磨と、天使のような後輩・千種夜羽。同じ階層にいられるはずのなかった二人は、とある事件をきっかけに出会ってしまう。
異常気象、異常現象、異常行動。そして少しずつ歯車が狂いだしていく二人の日常と奇妙な都市伝説。
曰く「ランダム十字路」――真夜中、突き当たった丁字路で誤った道を選ぶと、二度と帰ってこられない。
成り行きで行方不明の女子を追うなか、晴磨と夜羽の思惑は大きくすれ違い……! ?

二人の大人気作家がダッシュエックス文庫に初登場! ! さらに同人界に旋風を巻き起こした仙人掌氏がライトノベル界に衝撃参戦! !
新世代プロジェクトの始動を見逃すな!

◇感想◇

 同じ場所、時間の話でありながら、晴魔と夜羽の視点をそれぞれ違う作家さんが描いているのが面白い。
 ダッシュエックス文庫にてレーベルを超えて広がる新世代プロジェクト『プロジェクト・クオリディア』と題されて発売された“さがら総先生”、“渡航先生”共著の「クズと金貨のクオリディア」1巻!
 この作品を皮切りにMF文庫Jやガガガ文庫でもシェアードワールドとして作品を展開していくとかなんとか。
 以前、渡航先生が「やはり青春ラブコメはまちがっている。」のあとがきにて書いていた製作中の新作とはこの作品のことなのかしら? と疑問符を浮かべながらも著者に釣られて購入してしまいました。
 買って直ぐにガーッと読了した結果、思ったのは「内容が薄いですなー」と、「キャラごとの視点で先生も替えているのが上手くいっていた面白い」でした。 


 主人公、捻くれボッチの久佐丘晴魔《くさおかはるま》。
 人は百パーセント見た目だと断言する晴魔君。
 タイトルかどうかは不明ですが「ブスに人権なし」という、女性読者にすら喧嘩売りそうなレポートを提出した、いと面白き主人公です。
 地の文で語られる彼の考えも皮肉たっぷりで、読んでいて飽きさせない文章。「知らない子ですね」と時折艦これネタを挟むこの文章は明らかにわたりん先生と断言出来ます。
 無論、ヒロインのために身体を張ることもできる晴魔君。皮肉、詭弁、理論的に聞こえてよくよく考えると破綻している理論などを巧みに使い相手を言い負かそうとする姿は読んでいてこちらが楽しくなってしまいます。

 ヒロイン、見た目天使な守銭奴後輩の千種夜羽《ちぐさゆう》。
 見た目は天使、中身は悪魔、その名も守銭奴後輩夜羽! という名セリフが生まれそうなとんでもヒロインでした。
 彼女の視点ではさがら総先生が担当で、自分を中心に世界が回る、そう思っているのではないかと思わせる自己中心的な思考目白押し。天使の笑顔に騙されると痛い目見るタイプですね! 管理人は寧ろ痛い目でも良いから天使の笑顔に騙されたいのですが、どこに行けば騙されますかね?
 ちなみに、さがら総先生が描く夜羽の思考は割とドン引きな部分が多いです。管理人も思わず「うわっ」と引いてしまうほど。美少女の思考で管理人が引くって相当ですよ? 踏まれようが蔑まれようが美少女なら「バッチコーイ!」な管理人でも「おい、こいつ大丈夫か?」と気を疑うレベル。つまり、大丈夫ではないんですよね! キャラが立ってるって素晴らしい!(ポジティブ

 そんな揃ってクズな主人公とヒロインが行方不明の女子をお金と自己保身のために探すのですが、内容凄く薄かったです。
 ページ数もさる事ながら、話が全然進まない。ほとんどが晴魔と夜羽の掛け合い、またはそれぞれの思考で終わってます。
 地の文でいつも通り楽しませてくれるのですが、もう少し中身があってもよかったなと思わずにいられません。
 その内容が薄い原因ですが、主に同じ場面を二人の視点で繰り返しているためです。
 晴魔が一度語った話を、今度は夜羽で語る。逆もまた然り。
 とにかく、同じシーンをそれぞれの視点で語るので、ページがほとんど倍増しています。後半からはそこまで同じシーンを語ることもありませんでしたが、それでも重なる部分は多く、どうしても内容が薄くなるのでしょう。

 逆にそこが面白くもありました。
 晴魔の視点を渡航先生が、夜羽の視点をさがら総先生が書いているために、本当の意味で別人の思考となっているのが楽しいです。
 本来、いくらキャラ・視点を変えても作家様は1人なので、どこかで似た文章が出てきたり、思考が似てしまったりしてしまいますが、この方法だとどうやっても別人の思考になるので、晴魔は夜羽のことを「クズ」だと思ってたけど、夜羽は晴魔の言葉や態度を受けて「この人私に惚れてますね」と考えていたなどなど、どうでもよさそうな場面でもそれぞれの思考が全然違っており、その噛み合ってないそれぞれの思考を読んで声を上げて笑ってしまいます。
 まるで渡航先生とさがら先生のよう。はっ!? つまり、晴魔はわたりん先生で夜羽はさがら総先生ということは……っ!?

 上の両先生の話とは全然関係ないのですが! ラスト、まさかの朝チュンエンドに管理人歓喜! しかも、朝チュン特有のベッドシーツに包まる夜羽の挿絵付き。
 ツンデレ同士というわりかし面倒な二人でしたが、いちゃいちゃバカップルとなってくれて管理人はとても嬉しいです! 無論、美少女を捕まえた晴魔には「災いあれ」と血涙を流して呪いを掛けますけどね……。
 そしてやっぱり全く関係ないですけど、公式では「プロジェクト・クオリディア」のポータルサイトがオープンしており、さがら総先生と渡航先生が二人で温泉に行って宿に泊まった話がアップされています。
 ……そうですかー。お泊りですかー。晴魔と夜羽と一緒ですね!(意味深


 作者共々朝チュンを迎えた青春物語。
 ここまで話題に上げないように頑張りましたがもう限界です!
 ということで、晴魔と夜羽、二人共「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」の八幡といろはですよね!? 割と気持ちに正直な八幡だったり、お金にがめつく、ストーカー気質ないろはでしたが、きっとそうですよねー!? いろはすならぬ、よはねすとか呼んでますしー!
 いろはす大勝利本として読んでしまったのですけど別にいいですよねー!?
 これだけは書きたかったので書きました。もう、悔いはありません。溜めてた分吐き出してスッキリしました。はふっ。
 今後、シェアーズワールドとしてMF文庫J、ガガガ文庫それぞれで出版するということですので、ベッドの上で一人寂しく刊行されるのを待ちたいと思います。


◇関連書籍◇

【クオリディア・コード】

【クズと金貨のクオリディア】

【いつか世界を救うために】

【そんな世界は壊してしまえ】

【どうでもいい 世界なんて】

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.