SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想

◇ブチ切れ勇者の世界征服2◇

ブチ切れ勇者の世界征服 2 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
おすすめ度:★★★☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

幼女魔王モアを傀儡として擁立しセント王国を手に入れた優武が次に狙うのはレハット王国。
レハット王国を目指す優武とモアが立ち寄ったのはモアの育ての親であるココだった。
世界を救うより自分の学業を優先させる勇者と高い理想を持ちながら全く実力の伴わない魔王が織りなす、
脱力系バトルファンタジー。突っ込みどころ満載の第2弾。

◇感想◇

 勇者の悪辣っぷりに魔王の気苦労が耐えません。
 ぽにきゃんBOOKSのハイスピード?ギャグコメディ「ブチ切れ勇者の世界征服」2巻! ちなみに、ハイスピードなのはコントみたいな勇者と魔王のやり取りです! バトルなぞ関係ねぇ!!
 2巻になっても相変わらずのテンポで綴られるコントのようなギャグは健在。ロリっ娘魔王モアの気苦労が耐えない作品となっております。
 もう常識人はモアしかいないのでは? と疑問を挟み込みたくなるほど。というかきっといませんね! 全裸で逆立ちする軍総司令官がいるぐらいですから! 寧ろ、この世界では常識人が非常識という認識まであるに違いありません。つまり、魔王が常識人なのは当然……?


 今巻のお話では、モアが「魔王とはどういった存在か?」という壁にぶち当たってそれを確認するまでのお話。
 簡単にまとめると「自分が目指すべき魔王像は?」という割りとラノベではありきたりな感じで、締めもよくある形。やはり管理人としては途中のモアが弄られるギャグパートが一番好きですね!
 牢獄に捕らえられた時、必死に脱獄しようと色気や、針での鍵破りなどで頑張るモアとのやり取りは今巻ではかなり上位なやり取りです。針じゃらーっといっぱい出してモアに渡した後、針じゃどう頑張っても開けられないのーモアが針をカーンと床に叩きつける流れは笑いました。毎度、話に見事なオチを付けてくれる「はねぱね先生」は流石ですね! きっと昔は芸人を目指していたに違いない……っ!

 魔王総受け芸も素晴らしかったのですが、やはり一番印象に残るのがお色気なのは仕方がないのです。そう、理由はあえて語りませんがシカタガナイノデス!
 牢獄を色気で脱出しようという流れで、リナイスが当然のように優武を誘惑するシーンは必見。思わず「レイス、前屈みです……っ!」となってもおかしくないほど。というか、もうな(ry
 相変わらずの変態リナイスに思わずでれーっとしてしまいます。管理人、押せ押せの肉食系変態ヒロインって好きなのです。「俺、ツインテールになります。」のトゥアールとか、「這いよれ!ニャル子さん」のニャル子さんとかほんと変態で可愛い。リナイスはそんな変態淑女に通ずる部分がありますな!
 モアの魔王衣装の方がエロいどころか「あれ服なのん?」と疑問符を浮かべるエロさのはずなのですが、そちらで前屈みにならないということは、管理人に幼女趣味がないという確かな証拠だと思うのですがどうでしょー?


 相変わらずな秀逸なコントが最高でした。物語としてのオチは合いませんでしたが、秀逸なコントが最高でした。(大事なことなので2回書きました)
 物語としてというよりは、完全にコントを楽しんでいます。学校の友人などとするバカみたいなやり取りが好きな方は凄く楽しめると思うんですよねー。
 別に管理人は友人とのバカなやり取り好きなわけではないですけどね!(バーン!)
 きっと次も買いますが、やはりコント集みたいなラノベとして買います。

 追記:9ページ目のモアのイラストを見て、島風だと思ったのはないしょ。

◇関連書籍◇

ブチ切れ勇者の世界征服 1 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ) ブチ切れ勇者の世界征服 2 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.