SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想
  • HJ文庫「新宿コネクティブ」1巻感想

◇さまよう神姫の剣使徒2◇

さまよう神姫の剣使徒 2 (富士見ファンタジア文庫)
おすすめ度:★★★☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

 探索士・ユウキが拾ったのは、世界の守護者“六番目の神姫”ティナ(ただし、奇跡の力を失ったダメ神姫)。ひょんなことから、主(ユウキ)従(ティナ)契約を結んだふたりだが。ティナは「困った人を救うは神姫の使命!」と進んでトラブルを引き寄せ、ユウキはその後始末に奔走する毎日。しかし、ティナの存在が、他の五柱の神姫に知られることとなり―六番目の神姫が現れるとき、神姫・剣使徒たちの戦いが始まる。ティナに迫る“月の剣使徒”の凶刃を“かつての”月の剣使徒・ユウキの刃が受ける!?「迎えにきたぞ。ティナ」絆が織りなす“世界を護る”剣戟の迷宮ファンタジー!

◇感想◇

 剣使徒同士のバトル! そして、新たなる神姫や剣使徒が続々登場!!
 神姫(しんき)が世界を護り、剣使徒(デュエリスト)が神姫を護る迷宮ファンタジー第2巻!
 前巻の俺TUEEE!から一転、剣使徒VS剣使徒! 実力者同士の対決です!
 そして出るわ出るわ新しい神姫に剣使徒。巻を追うごとに1人ずつ人数が増えていくのかな、と思っていただけに、今巻でわんさか神姫や剣使徒が出たのは嬉しい反面、不安で仕方ないです。う、打ち切りフラグじゃないですよね(ぶるぶる)。
 誰かー! 誰かフラグクラッシャー旗立颯太君連れて来て下さーい! 打ち切りフラグを折ってもらうんじゃー!!
 剣使徒同士の対決、新神姫、剣使徒登場、世界の謎を解き明かすため同盟と足早に進む第2巻。俺TUEEE!も、もちろん健在です!


 やはり今回の話で一番心が躍ったのは、ユウキとジャハルの元剣使徒VS剣使徒の対決!
 熱かったといっても、戦闘シーンの描写はほとんどなく、むしろ"月戴く神姫"であるカーヤの独白の方が多かったぐらいです。
 ですが、私としては推していきたい。
 なぜなら、ユウキが隠し持っていた2つ目の竜牙神器"黒死小刀(モルス)"でジャハルを撃退という、俺TUEEE!を魅せてくれたからです!
 最強主人公系の話が好きな私としては、主人公が圧倒して勝利してくれるのは胸熱でした!
 本当に戦闘描写が少な過ぎて、消化不良は否めませんでしたけど。もう少し、もう少し引っ張っても良かったのでは?

 全体の話としては、神姫カーヤと剣使徒ジャハルの関係が主でした。
 ユウキの過去の話もありましたが、少しでしたね。前任の"月戴く神姫"ミュリエルが、ユウキに"ミュリエルお姉ちゃん"と呼ばれて照れているのは、相当良かったですけど。背徳感って、胸がドキドキして落ち着かないですけど、なんか、いいですよね。
 では、話をぐぐぐいっと数行戻して、カーヤとジャハルの話です。
 うーん、なんというか、結構ありきたりな関係の修繕で、先を予想出来ましたね。
 粗暴なジャハルを怖がるカーヤに、頼りない神姫を無理矢理従わせるジャハル。しかし、ジャハルの本当の気持ちを知った時、やっと2人は本当の神姫と剣使徒の関係に。
 短く説明するとこのような感じですか。もう少し捻りがあったら嬉しかったですね。2人が新たな関係に1歩踏み出した時は挿絵付きでしたが、あまり盛り上がらなかったです。

 今後、私が期待しているのは新しく登場した神姫の2人、"空支うる神姫"のレアと、"星撒く神姫"のエルフリーデです。
 神姫の中で年長者であるレアは、表面上は明るい快活な少女という雰囲気ですが、やはり年上だけあって全体を誰よりも把握しており、冷静ですね。笑顔のポーカーフェイスとでも言えばいいのか。そこが、年上のお姉さんという感じがして、私にはツボです。
 そして、"星撒く神姫"のエルフリーデ。
 今回、裏で糸を引いていましたが、見事に失敗したダメっ子。表面上はクールを装うダメっ子です。いいですねー、素晴らしいですねー。
 ユウキと前任の"月戴く神姫"ミュリエルに誓約団を皆殺しにされて、ユウキに対して恐怖、そして憎悪を持っています。
 私の中では、今後一番の期待株です。
 残虐非道の剣使徒だと思っていたユウキが見せた深い悲しみと怒りに、裏切られたという感情を覚えたエルフリーデ。憎んでいた人が実は良い人でした、という話です。
 そして、その感情がこれからどう変わっていくのか、私は期待をしたい!
 出来るならば憎悪を180度回転して、好意に持っていって欲しいですね! 愛と憎しみは表裏一体と言いますし! ね!(期待の眼差し)


 やや失速感は否めないですが、新しいキャラクターも出てきてこれから盛り上がりを魅せてくれると期待したい作品! 私は好きですよ。
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.