SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想
  • HJ文庫「新宿コネクティブ」1巻感想

◇エンジェル・フェスタ! 1◇

エンジェル・フェスタ! (MF文庫J)
おすすめ度:★★☆☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

水無瀬みなも、朝霞カナミ、宮藤詩歌、星宮舞衣、鳴森アリス、速水凛子、美月ゆず。これは、年齢も性格もバラバラな少女たちが集ったアイドル“FEALs”の物語。学校がアイドルの育成を始めて10年。“落ちぶれた名門校”星歌台学園に籍を置く彼女たちは、互いの顔も知らない、名ばかりアイドル候補生だった。レッスンに来ていたのは水無瀬みなもただ一人。少し特殊な海外経験を持つ主人公桜木睦は、警務員のバイトに募集したはずがみなものコーチにされてしまう!陸はメンバー集めに奔走するうち、彼女たちがステージから離れている理由を知っていくことになるが…?秘めた熱い想いをそれぞれの胸に刻んで―。絶対アイドルストーリー、堂々開幕!

◇感想◇

 まだ1巻ということもあり、キャラ紹介程度。続刊前提の作品でした。
 ライトノベルから始まるストーリー主導型アイドルプロジェクトMF文庫J新刊「エンジェル・フェスタ!」1巻。
 “アイドルマスター”や、“ラブライブ!”などといったアイドル系ライトノベルは、思えばなかったなーと思い、気になって購入してみました。
 読みきって印象に残ったのは――パンチラアイドル。
 いやもう、中盤から後半にかけてパンツパンツと連呼されて頭から離れないのですが! こんなにパンツパンツと何度もパンツという単語が多く出てくるアイドル物も珍しいんじゃないですかね。
 アイドル系なのにパンツがキーワードになってるのも、また、アイドルらしくないというか……ある意味ラノべらしいんですかね?
 パンツは嫌いじゃない、むしろ大好きです! と公言する管理人ではありますが、アイドル系でパンツ連呼もなーと思ったり。
 パンツはちらりと伏線のようにでてくるからいいのです。見えるか見えないか、その状態を事細かに描写し実際にパンツが見えた時は色だけを語るなど読者の妄想に任せてヒロインを真っ赤にさせるという一連の流れが好きなのであって常にパンツの話を(うんたらかんたら)

 無駄にパンツの話をしてしまいましたが、仕方ないのです。そういう話だったのですから!
 して、メインで活躍するヒロインですが、今巻は3人でした。
 センターヒロインであろう、水無瀬みなも。
 平坦な胸が気になるお年頃、宮藤詩歌。
 金髪優しいお姉さん系、朝霞カナミ。
 他、表紙を飾る4人もでてきますが顔見せ程度でした。
 特に今巻はみなもを中心に話を進めており、彼女が一度は(パンチラで)諦めたアイドルへの道をもう一度目指すというものです。
 話としては順当。特に奇抜なこともなく、アイドル物をそのままラノべ使用にした作品でした。
 これからキャラを掘り下げていく感じですかね。
 まだまだキャラを把握するには薄く、また、どちらかといえばストーリーに合わせてキャラを動かしている印象を受け、どうもキャラの性格が分かりづらい。
 このキャラだからこう行動した、ではなく、このストーリーだからこのキャラにこういった行動をさせた、という性格など関係なくストーリーの流れで動いた感じ。
 物語なんてそんなものだと言われたらそれでおしまいですが、この作品はそれがより顕著にでている気がしました。詩歌とカナミが割とあっさり仲間になったのも、そう感じた原因の1つかもしれません。


 パンチラアイドルが頭から離れないアイドル系ラノべ。
 2巻の発売日も決まっており、次巻買うかはあらすじや試し読みを読んでから決定します。
 好みのキャラがいるといいな、と願いつつ、試し読みを待ちます。


◇関連リンク◇

なし

◇関連書籍◇

@RelatedBooks_ennjeruFesuta@
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.