SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇デート・ア・ライブ アンコール3◇


おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

「そ、そうだな……いい子にしてたら来るかもな」クリスマスプレゼントを期待する十香たちのため、士道がサンタとして奔走する。そしてとある理由により、サンタ狂三も聖夜に顕現!? 短編集第3弾!!

◇感想◇

 狂三がサンタで甘ロリで眼帯で包帯でひゃ――っ!!
 富士見ファンタジア文庫「デート・ア・ライブ アンコール」3巻!
 限定版が先行で発売しており、今巻は管理人がもっとも好きなヒロインである狂三ちゃんがメインの短編がありそうだったので買っちゃいました! 約4500円の出費は痛かったですが、それに見合った素晴らしい狂三回でしたのよ……っ!

 「デート・ア・ライブ アンコール」は短編集なので色々な話があるのですが、やはり今巻は狂三が一番でした。
 いや、狂三の出番がない短編も面白かったんですよ? 「食戟のソーマ」みたいな実食リアクション肌色シーンがあったり、亜衣麻衣美衣の保護者が黒魔術結社の偉い人だったりSMクラブの女王様だったりとネタは豊富だったんですよ?
 けれど、けれど!! ……狂三の破壊力に勝てなかったのです。

 まずは、短編「キャットカフェ・ア・ライブ」。
 狂三が猫カフェで、
「うふふ、ここが気持いいんですにゃ?」
 と、語尾に「にゃ」を付けて黒猫さんと戯れている話――わ――っ!? あざとかわゆす!
 「デート・ア・ライブ」のゲームや、ゲーム特典のドラマCDで猫好きというのは知っていいましたが、素の狂三を垣間見てしまったような気がしてたまらなかったです!
 狂気的な印象が強い狂三ですが、だからこそこういったギャップで可愛さが何倍にも増すキャラだと思います。素晴らしい、管理人が猫になりたい。

 そして、3巻のメイン書き下ろし短編「狂三サンタクロース」。
 狂三がサンタとして士道にプレゼントを渡す話ですが、分身体の狂三とのやり取りが他の短編よりも秀逸。
 過去の自分との掛け合いなのに、まるで別人とのやり取りのよう。というか、本体である狂三が弄られるという不遇。最高ですね!
 というか、分身体は士道が好き過ぎで、ネタに溢れ過ぎです!
 5年前の分身体である医療用の眼帯を付けた狂三ちゃん。ここまでは良かったです。5年前の狂三は11巻でも登場しましたしね。管理人、受け止め切れます。
 しかし、次からが問題でした。

・6年前の包帯が恰好いいと思っていた狂三ちゃん。
・7年前の甘ロリにかぶれていた時の狂三ちゃん。

 管理人、思わず「ぶはっ!?」と吹き出してしまいましたよ。
 バリエーション豊かな狂三ちゃん最高はすはすとなっているのは当然(?)ですが、なによりもこの娘の黒歴史の多さにビックリです。
 狂三ちゃん、1年毎に深い傷を負うような黒歴史刻み過ぎでしょう!!
 5年前の眼帯中二病狂三ちゃんから始まり、包帯大好き狂三ちゃんに甘ロリ狂三ちゃん。
 なんですが、そしたら8年前とかはアイドルに憧れていた狂三ちゃんが、
「皆のアイドル、くるみんですのよー!」
 とかやってたり、もしかしたら9年前とかはメイドさんで、
「美味しくな~れ、萌え萌えきゅんっ!」
 とかやっていたというのですかっ!? いいでしょう、受けて立ちますよ、橘公司先生!!(つまりそんな話を読みたい)
 そして最後は、ミニスカ狂三サンタさんが士道と一緒にベッドイン。つまり、私がプレゼントと、そういうことですね。(違います)
 士道への本当のプレゼントは時計で、狂三の瞳に良く似た時計だったらしいです。
 やっぱり、女の子は好きな人に自分と同じモノを持っていて欲しいということなんでしょうかね?


 つまり結論を述べるなら狂三がサンタで甘ロリで眼帯で包帯が可愛かったからサンタになってプレゼントが想いを込めた時計だったと、そういうことです。(管理人は興奮しております)。
 また、「デート・ア・ライブ アンコール」3巻限定版にはアンコール1巻に収録されていた書き下ろし短編「狂三スターフェスティバル」がアニメとして収録されておりました。
 短編の中でも人気のある話で、管理人も大好きでしたのでじっくり鑑賞しましたが……泣くかと思いました。狂三、狂三がぁああああっ!?
 まー、背景というか、作画というか、色々と気になる部分はありましたけどね! 動かない通行人とか違和感ありまくりでしたわ!!
 次巻も「狂三が狂三が最高だ!」と狂三に狂いながら読めるような話であったらいいな、と思っております。

◇関連書籍◇

【デート・ア・ライブ】

【デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット】

【デート・ア・ライブ アンコール】

【デート・ア・ライブ マテリアル】
戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.