SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想

◇未踏召喚://ブラッドサイン1◇


おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

「くそっ。まさかこんな所で『呪いの言葉(たすけて)』を聞くだなんて」

『神々のさらに奥に潜んでいた者』さえ自由に呼び出す召喚儀礼。それを扱う最新鋭の召喚師の中でも一等の実力を持つ少年がいた。
『不殺王』、城山恭介。
その最強の少年召喚師が抱える致命的な弱点は唯一つ。
少女から発せられる『呪いの言葉』。
たすけて――。
死の淵に立たされた少女、冥乃河彼岸の言葉を受け止めた恭介は、召喚師三大勢力が激突する街に身を投じる!
鎌池和馬渾身の正統派新シリーズ!!

◇感想◇

 狂気の『白き女王』惚れ、いつもの鎌池先生らしい正統派な熱い物語に飲み込まれました。
 電撃文庫新刊「未踏召喚://ブラッドサイン」!
 「とある魔術の禁書目録シリーズを描く鎌池和馬先生の正統派新シリーズ。
 ああ素晴らしきは鎌池先生らしい物語。


「たすけて」
 心の底から願った救いを求める言葉を無視できず、誰も彼もを救ってしまう主人公、城山恭介《しろやまきょうすけ》。
 最強で、正統派の主人公。しかも、単純な熱血バカではないところがまた良い。自分のことをしっかりと理解しつつも『呪いの言葉《たすけて》』を言われると助けずにはいられない。
 それは、自分が元凶だから、弱いから助けるという利己的なものかもしれませんが、それでも誰かを助けようとして、実際に助ける姿は恭介本人からはそう見えなくても、周りから見たら確かに“ヒーロー”なのでしょう。

 そんな彼と対を成すきっとこの物語のヒロイン、『白き女王』。
 少々メインヒロインとしては斜め上、ヤンデレヒロインとしては百二十点ぐらいの狂気ヒロインでした。
 狂気、といってもその行動理由は一貫しており『あにうえ《城山京介》に恋をしている』から。
 京介はそんな彼女の恋を「恋に恋しているだけ、いつ飽きて醒めるからも分からない」という意味合いの言葉を何度か口にしていますが、本当の意味で一途なヒロインって『白き女王』のような女性のことを言うのかなーと思いました。
 例え誰かが死ぬような結果になっても、例え世界の全てが壊れることになっても、あにうえと一瞬でも一緒に居られるのならどんなことでも行ってしまう。
 それは世界すら破壊することが可能な、最高位の存在であるということもあるでしょうが、純粋に恭介を慕っているからというもあると思います。
 常識、理性といった自分を制御する感情がなくなった状態で『恋』をすれば、誰だって同じような行動を取るのではないかと。
 相手を顧みない『恋』ではありますが、ある側面から見るとただただ純粋な美しい少女に、惚れ込んでしまいましたよ……。
 まあ、現実にそんな少女がいたら怖くて夜も眠れそうにありませんがね! ただのストーカーよりタチ悪いはこれ。


 主人公、ヒロインが好み過ぎて次の巻が既に楽しみな物語。
 『禁書目録』シリーズが好きという方はぜひ読んで欲しいし、正統派なライトノベルが好きという方にもぜひおすすめしたい。
 なにより、狂気を宿したヒロインが大好きな方はぜひに!
 
 

◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.