SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇この素晴らしい世界に祝福を!5◇


おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

温泉旅行からの帰宅直後の事だった。「私、カズマさんの子供が欲しい!!」屋敷に駆け込んできたゆんゆんの爆弾発言に一同凍りつく。事情を聞けば“紅魔の里滅亡の危機”を救うためだと言う。唯一満更でもない様子のカズマは、ついに始まる薔薇色の異世界生活に新時代の悟りを開く。そして間もなく、故郷を救うため旅立ったゆんゆんを追いかけ、カズマは紅魔の里へ向かう。しかし、そこで見た光景は危機とは程遠い平和なもので!?

◇感想◇

 5巻はゆんゆんメインだと思っていたのですが……。
 「この素晴らしい世界に祝福を!」第5巻!
 猫耳神社のアクア様に心打ち抜かれた私は、今巻、ついにゆんゆんがメインを張るのだと思っていた時期がありました。ですが、ですが! そんな思いは夢幻でめぐみんメインのお話でしたー。
 めぐみんも好きだけどー、めぐみんも大好きだけどー、Web版ではあまり活躍しなかったゆんゆんの話を期待していただけにちょっとへこみ。
 表紙絵からゆんゆんが魔法少女になって戦うの!? と、妄想を働かせたのは私だけではないはず。


 ――カズマさんの子供が欲しい。
 そんな言葉を4巻で残し、5巻では紅魔族の里へ。
 まあ? もちろん健全なラノベですし? 実際にはコオノトリさんが子供を届けてくれるような行為はしないと分かっていましたが? ちょっと、ほんのちょっとなにかしら期待をしなかったと言えば嘘になるかなーと思ったりってもういいですよ!
 ゆんゆん超期待してたけど、私の妄想が行き過ぎていたのを認めますよ!
 今巻、どちらかと言えばカズマの貞操と、めぐみんの貞操の方がやばかったですからね。

 まずカズマ。
 メスオーク凄く怖い。あれはトラウマになります。
 集団オークに(性的に)襲われそうになったカズマ。この子、本編では珍しく結構なトラウマを抱えてしまったようで、直後はアクア様から離れようとしませんでした。
 そして、怯えまくったカズマを慰めるアクア様本当に女神。
 いつもの駄女神様はどこでサボっているのか、「もう大丈夫」と頭を撫でで慰めてくれるアクア様が凄い好き。やはり、アクシズ教団に入るしかないのでしょうか?
 普段とは違う一面にドキッとさせられつつ、紅魔の里へ。
 めぐみんの家に泊まることになったカズマ一行。
 トラウマなぞなんのその。さっそく寝ているめぐみんに手を出してしまいそうになるクズマさん。流石ですわー、カスマさん、流石ですわー。
 普通の主人公なら躊躇してしまう理性をさっさとゴミ箱に丸めてぽいっと捨てて、めぐみんと一緒の布団でおやすみー。
 無論、健全ラノベですのでヤっちゃーいませんが、欲望に忠実なその姿勢が私は好きです。私も中二病の魔女っ娘と一緒に寝たい! 願望です本当にやる勇気は髪の毛ほどもございませんからどうか通報だけはご容赦(ry

そして、この巻の最大の山場と言えば、魔王軍幹部のシルビアとの戦闘――ではなく、めぐみんの告白。
「私は、カズマの事好きですよ?」
 言いましたね、ラノベ界では告白を引き伸ばしてとにかく続刊を出すというのに、まだ続きそうなこのタイトルで、もう告白です。
 それで、カズマと付き合うとかはなかったですが、若干カズマとめぐみんの距離が近付いた様子。
 次巻以降も、この調子で少しでもカズマとめぐみんの関係に変化があればいいなーと思ったりします。
 まあ、私としては、恋愛ごとにならず、距離間が常に一定のカズマとアクア様の間にもこういったイベントがあるといいなーと、切に願っております。


 どこかでもう少しゆんゆんの話が増えるといいなー、と思ったりする今日この頃。
 いつも通り笑わせてもらい、楽しく読ませていただきました。
 そろそろアクア様となにかあるといい、あって欲しいと切なる願いを夜空に祈りつつ、6巻を待ちたいと思います。
 表紙絵、没ラフのゆんゆんのネクタイが胸に挟まれているのをによによ眺めつつ、そんなことを祈る管理人。ゆんゆん本当にめぐみんと同い年ですか? えっちくて、キュンキュンします! きっと、没になった理由はゆんゆんがエロ過ぎたからですね!

◇関連書籍◇

【この素晴らしい世界に祝福を!】

【この素晴らしい世界に爆焔を!】

【続・この素晴らしい世界に爆焔を!】

【この仮面の悪魔に相談を!】

【この素晴らしい世界に祝福を!エクストラ あの愚か者にも脚光を!】
戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.