SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想

◇やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。6.5◇


おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

文化祭直後、体育祭ストーリー&スペシャル

6巻の文化祭直後、体育祭のエピソードを文庫本一冊に収録。
文化祭が終わった後、城廻めぐりから来た依頼は、「体育祭を盛り上げたい」というもの。
奉仕部として手伝うことになった八幡や雪乃たちだが、そもそも体育祭実行委員長も決まっていない。
そこで担ぎ上げられたのは、文化祭でも実行委員長を務めた、あの相模南だった……。
TVアニメシリーズで著者自らが脚本を手がけた番外編「だから、彼らの祭りは終わらない」のサイドストーリーを文庫本用にディレクターズカットし、再構成した総集編として修正。同時発売されたドラマCD特装版で音声収録された9巻直後のクリスマスパーティーのエピソードの小説版も加えて収録。

◇感想◇

 はっちまーん! 大好きだ――!!
 アニメ第2期が決まった「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」6.5巻が発売しましたよ! やっべー、直ぐ買ってきましたよ、即読破ですよ、また会えましたね、八幡――!!
 最近八幡大好き過ぎて凄くやべー。ホモォじゃねーですけどね!
 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている」6.5巻はドラマCD付き限定版があったので、もちろんそちらを購入。ファンなら当然ですよね、ね♪ ステマじゃないですよー。
 ドラマCD聞きながら感想書いてるので、テンションの上がり方が凄いのですが、ガハハ笑いながら感想を書いている私を想像して、皆笑って。ガハハ。
 そして、今巻の話は体育祭。
 久しぶりの「俺ガイル」らしい空気に、管理人は泣きそうです。修学旅行の前の話で、まだ部内もギクシャクしていなかったので、初期の「俺ガイル」らしくてよかったですわー。
 なにより9巻後の話が書かれていたのが最高。やべー、奉仕部メンバーのちょっと意識したやり取りがもうキヤーってなって、ウェーイってなって、最高ですね!


 比企谷八幡。
 やはり彼は今巻でも良い主人公していましたよ、皮肉が似合うぼっち主人公!
 体育祭、アニメでもやってましたが、まあ、狡い手を使って勝とうとして、敗北。けれど、文化祭自体を成功に導いた手腕は流石にですね。いつも通り普通の人では思い付かない悪辣な手だったのですが。
 しかし、今巻では大分素直な八幡が見れましたね! ボーナストラックと書かれている9巻直後のクリスマスパーティーのエピソード。
 始めは「いつも通りの空気に戻ったのかなぁ」と思ったのですが、これは小町の知らない空気……もとい管理人の知らないもにょっとした、甘い空気が流れてやばかったです。
 ガンプラ勝負で小町が負けたら八幡をプレゼント! という流れで由比ヶ浜が「絶対ダメ!」って言ってもにょたり、戸部に雪乃と八幡の関係を勘違いされてもにょったりと、9巻以前にはなかった青春ラブコメらしさが際立っていましたね。
 なにより、クリスマスパーティーの最後、結衣と雪乃だけにクリスマスプレゼントを渡すとか、八幡が良い男に進化している! 戸部も言っていましたが、リア充、貴方リア充ですよ!?
 きっと、由比ヶ浜と雪乃は10巻でもプレゼントされたシュシュを身に付けてくれることでしょう。そうしてくれると色々捗るのですが。
 後、男性が女性に身に付ける物を送るのは独占欲からくる、とか聞いたことあるのですが、八幡にもそういった気があるのですかね? 管理人はそこら辺追求したいなって思うのですが、ねえ? どうでしょう?

 由比ヶ浜結衣。
 モテてた。凄いモテてました。
 体育祭準備の時、八幡の目の前で平然と男子生徒に声を掛けられてましたね。
 こうモテると誇らしいかったりするのですが、テメー八幡と由比ヶ浜との間に割って入るじゃねーですよ! と叫びたくなってしまうのは否めない。
 まあ、上手く由比ヶ浜に躱されてたんですけど。上位カーストで接しやすい容姿端麗な女子。そりゃ惚れるよなー、と由比ヶ浜さんの意外な高スペックっぷりを再確認しますね。
 意識してそういった相手を躱すのを見た時は、あの天然さんがそんな黒い部分をお持ちとは……と考えもしましたが、そういった部分がないと美人さんはやっていけないんだろうなー、思ったり。
 八幡にはスカートの中が見えそうになっても気付かないほど無防備ですけどね! 恋は盲目とは良く言ったものです。
 そして、クリスマスパーティーでは百合ヶ浜さん……。「由比ヶ浜さんのバカ……」とか恥ずかしそうにゆきのんが呟いて、もうなんだ、お前らもう結婚しろよ! 雪乃、由比ヶ浜に調教されてるまでありますしねー。
 にしても、二人が一緒にお風呂とか……………………………………………私の脳内妄想、何故か光が乱反射してるんですけど、なんでですかね?

 雪ノ下雪乃・。
 今巻、私の中で一番際立った活躍をしてくれたゆきのん。
 ていうか、最後の来た、クリーンヒットでした!
 なんですか、八幡からプレゼント貰って、別れたと思ったら横断歩道の真ん中で、
「……メリークリスマス」
 とか!
 どこのドラマですかっていうぐらいシュチュエーションが出来上がっています!
 もし、雪乃と八幡だけだったら抱き合ってキスまでありますね、レイス分かります。
 終わりよければ全て良しという言葉もありますが、最後を持っていかれると作品の印象が全てそのキャラに持って行かれますね。今巻のゆきのんしかり。
 これで挿絵も付いてたら、ゆきのん教になっていたかもしれません。
 由比ヶ浜も負けないように八幡を誘惑しないといけませんね!


 一色、陽乃さんが登場しなかった今巻。
 というか、一色がクリスマスパーティーに登場しなかった理由って、声優さんが決まってないとか、そんな大人な理由だと思うのは、私の勘違いですかねー、きっとそうですね。
 あとがきで渡航先生が新作書いてるって言ってましたし、次巻は最終巻となるんですかねー、数的にも10巻という区切りの良さですし。
 そうなったらきっと泣きますが、ええ、泣きますが、それでも面白楽しく読ませて頂こうと思います。
 追記:自分に好意を示してくれる二人の女性二人同時にクリスマスプレゼント、しかもお揃いの物を渡すって、凄い度胸ですよね!(管理人が思った現実だとヤバめな行為でした)


◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.