SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇ブチ切れ勇者の世界征服1◇

ブチ切れ勇者の世界征服 1 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

須藤優武は受験生なのに、勇者として別世界に召喚されてしまう。勇者としての役目を果たし、元の世界に戻ったまでは良かったが、味をしめた別世界の連中は些細なことで優武を召喚し、そのたびに受験勉強が中断する。召喚も27回目を数えたところでついに優武はブチ切れてしまう。魔王と手を組みこの世界を征服してしまえば、2度と召喚されることもなく受験勉強に集中できると!手始めに傀儡として擁立する魔王を物色する優武だったが、出会ったのは魔王になって間もない幼女のモアだった。世界を救うより自分の学業を優先させる勇者と高い理想を持ちながら全く実力の伴わない魔王が織りなす、脱力系バトルファンタジー。

◇感想◇

 勇者の傍若無人ぷりと、魔王のツッコミが最高!
 ぽにきゃんBOOKS新刊「ブチ切れ勇者の世界征服」第1巻!
 正直、このレーベルのとある一作を読んで「これはちょっと……」となって敬遠していたのですが、イラストレーターさんがゲーム「神撃のバハムート」の人だと知って思わず購入。挿絵でラノベ買うことって、良くありますよね。買った日に即読破。
 予想以上に良かったです。テンポ良く話が進み、また、勇者と魔王によるボケとツッコミの応酬が最高。バカみたいなやり取り大好きです。
 話も、勇者が世界を制服しようとするという、勇者らしくないストーリーがツボ。そういった勇者がいてもいいよね! そうも思いましたが、「それもう勇者じゃないじゃん(笑)」と、だいたい半ば辺りで気が付きました。「気付くの遅いね、プフー」とか言わない! 勇者って言われると、そいつは勇者という固定概念が生まれて(ry


 この作品、なんと言っても勇者の優武と、魔王のモアが最高に最高でした!
 なんといっても、勇者の優武が傍若無人なのが良い。
 自分の考えを押し通すためになんでもするところが好きですし、焦ったりせず、常に泰然としているのが格好いいのですよ!
 会話内容が理不尽でハチャメチャなのとか、思わずゲラゲラ声上げて笑ってしまいましたよ! もう、面白過ぎです!
 そんな勇者としては規格外過ぎる優武に、的確なツッコミを入れる魔王モア。
 魔王が常識人過ぎるとか、それもまた魔王らしくないですよね。この性格が反対だったなら、きっちりそれぞれの役に収まるのでしょうが……それで面白かったかは疑問が浮かびますね。今の役職に合わない規格外な行動こそが面白い、そんな気がします。


 勇者がボケて魔王がツッコミを入れる、勇者が世界を制服するラノベ「ブチ切れ勇者の世界征服」!
 スニーカー文庫「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の主人公、逆廻十六夜《さかまきいざよい》のような傍若無人の最強主人公が好きな方にオススメな作品。
 管理人オススメタイトルです! 次巻も買うに決まっているのですよー!

◇関連書籍◇

ブチ切れ勇者の世界征服 1 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ) ブチ切れ勇者の世界征服 2 (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.