SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想

◇覇剣の皇姫アルティーナ6◇

覇剣の皇姫アルティーナVI (ファミ通文庫)
おすすめ度:★★★☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

「……強いだけの軍艦に勝つだけなら……いくらでも方法がありますよ」

ベルガリア帝国第七軍はハイブリタニア軍の新兵器の前に為す術なく敗北。
救援に駆けつけた軍師レジスの采配によって全滅は免れるも、依然として帝国は窮地にあった。
海路からの補給を断つ他に、侵攻を食い止める方法はないが、帝国海軍もまた新式の蒸気船に苦戦を強いられていた。
アルティーナ達は海の奪還を決意し、港町を目指す。
帆船しか持たない帝国海軍に逆転の手はあるのか!?
覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー第六弾!

◇感想◇

 レジスがついに騎士となりました。
 覇剣の皇姫と、読書狂の青年が織り成す覇道戦記ファンタジー「覇剣の皇姫アルティーナ」第6巻!
 ついにこの巻で、レジスが騎士爵が与えられました!
 レジス・ドゥ・オーリックです。騎士爵が与えられたことで、"ドゥ"という名前が新しく付けられましたねー。一読者として、これまで彼の功績を読んできただけに、感慨深いものがあります。いやー、遂にかー、という思いです。
 階級も上がり、これから出世街道まっしぐらですかね!


 さて、第6巻では陸から離れ、ハイブリタニア軍と海上で対決となります。
 物語内で、レジスは内陸部に住んでおり、海での戦いを理解していないのでは、という懸念も上がっていたましたが、そんな憂慮も取り越し苦労。いつも通り、魔法のような采配で敵の艦隊を沈めていきます。
 流石だなー、と思う反面、少々出来過ぎかなー、という思いもあります。
 初めての海上戦の指示で、ここまで的確に指示を出し、相手の裏をかくことができるのだろうか、と。
「この物語、ファンタジーだから!」
 そんなことを言われたら、何も言えないのですが。
 どの巻でも、レジスが相手を一方的に倒していっているというイメージがあるもので、思い悩むというか、もう少し苦戦してもいいかなー、と思います。まあ、性格的な問題でいつも思い悩んでいますがね!

 少し気になるところはあるも、全体としては満足! 変わらない、けれど、予想することのできないレジスの采配に、今巻も楽しませていただきましたよ。
 そして、いつもの無自覚たらしっぷりにも、ね!
 流石主人公、女性をたらしこむ能力は天下一品ですね! まあ、でも、ライトノベルによくある、気合だけの主人公よりも魅力的で、好きになるのも仕方ないと思いますけどね。
 勝算のない、気合だけの正面突破だけでは、女性は振り向いてくれないということです。
 次巻では、そんな気合だけの主人公っぽいバスティアン皇子と、清楚で、ツンデレ属性が垣間見えるエリーゼが再登場してくれたらなー、と切に願っています。
 猪突猛進な主人公も大好きでした! バスティアン早くでてきてー!

◇関連書籍◇

【覇剣の皇姫アルティーナ】
覇剣の皇姫アルティーナ1 覇剣の皇姫アルティーナ2 覇剣の皇姫アルティーナIII (ファミ通文庫) 覇剣の皇姫アルティーナIV (ファミ通文庫) 覇剣の皇姫アルティーナV (ファミ通文庫) 覇剣の皇姫アルティーナVI (ファミ通文庫) 覇剣の皇姫アルティーナVII (ファミ通文庫) 覇剣の皇姫アルティーナVIII (ファミ通文庫) 覇剣の皇姫アルティーナIX (ファミ通文庫)
【覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚】
覇剣の皇姫アルティーナ 小綺譚 (ファミ通文庫)
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.