SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想

◇さくらコンタクト route A 小河桃子◇

さくらコンタクト route A 小河桃子 (このライトノベルがすごい!文庫)
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

高校生・桜木春彦は今日も幼馴染の桃子に起こされる。「お前カーチャンみたいだな」「誰がカーチャンよ!?」新学期──春彦は、桃子と引きこもり妹・咲耶との登校途中、花蒔町に伝わる《桜の伝説》を成就させ、その御利益でモテモテのフラグ体質になってしまう! 直後、桃子が《未来予知》という中二能力に覚醒し、春彦のギャルゲ物語をジャンルごと終了させてしまう! 「庶民サンプル」シリーズの七月隆文が贈るフラグ乱立ラブコメ! 衝撃のヤマ展開とオチ結末に刮目せよ!

◇感想◇

 ギャルゲーの1ルート。桃子が好きになれたら最高、好きになれなかったらNOT。
 このライトノベルがすごい!文庫の「さくらコンタクト」! こちら、シェアワールドで七月隆文先生と、日日日先生がそれぞれ同じ世界観で物語を描く作品となっています。
 しかも、2ヶ月連続刊行。色々と企画をやってくれますね。嬉しい限りです。

 「さくらコンタクト」。こちら、1冊で完結の作品というもので、1冊ごとに1人のヒロインを攻略する、というギャルゲのようなシリーズを想定しているそうです。
 ギャルゲー大好きな管理人としては気になる今作品。1番始めの話は「route A 小河桃子」という、幼馴染キャラのルート。
 桃子、可愛かったです……。他のキャラにブレることなく、最初から最後まで桃子で通し、ちゃんと告白して付き合う……ラノベではなかなかできないことを、しっかりと描いてくれました。
 ライトノベルは続刊続刊で、引き伸ばしを感じたり、同じような話の繰り返しだったり、結局誰とも付き合わなかったりと、色々とやきもきする作品が多いですが、この作品は企画通りきっちり1冊で終わらせているのが好印象。
 伝説の桜の力でフラグ乱立のはずの主人公より、桃子の方がモテているというのはどうかなと思いましたが、それはそれ。これはこれ。管理人は気にしません。
 桃子可愛いですからね、最高です。桃子を好きになれば当たりでしょう……ええ、好きになれば。
 結局、ヒロインが1人だとそのキャラを好きにならないと楽しくありません。だから、この作品も「桃子は俺には合わない」という読者だと、絶対読めないなーと思います。評価の別れる作品ですね。
 これがギャルゲーだと他のヒロインも攻略できるので良いのですが。ちなみに、管理人はギャルゲーだと好きなヒロイン以外攻略しない1本筋の通った人です! ……すみません、ごめんなさい、興味がないと攻略できない駄目な人です。

 「さくらコンタクト」は次の作品が出てからが本番だと思います。購入=そのヒロインを攻略したい! という意味合いになるはずなので、まずヒロインが増えないとどうしようもないので。
 現状ですと4月発売の「route B 真智ありす」まで決まっていますが、これから「route C」「route D」etcとヒロインを増やしていくと、どんどんと人気が上がっていく作品だと思います。
 きっと、「route C」では妹の桜木咲耶ちゃんを攻略させてくれるはずです。期待しましょう、超期待しましょう! ……あまりにも妹ちゃんの出番がなかったので、ね。
 最後、この作品を完結させる時は、ギャルゲのグランドエンディングみたいに今までのヒロイン総出演で物語を締めてくれるといいなーと、淡い期待を持っています。


 インタビュー記事→さくらコンタクト特設サイト

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.