SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇竜と魔女の住む屋敷1◇

竜と魔女の住む屋敷 (ファンタジア文庫)
おすすめ度:★★★☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

山中にひっそりと佇む古い屋敷、そこには3人の住人がいた。ひとりは、屋敷の主で家事能力ゼロの魔女・嵯峨野詠美。ひとりは、封印から目覚めた災厄の化身・“竜”のイソラ。ひとりは、特殊体質を持つ家事好き高校生・城山一紀。危ういながらも均衡を保ってきた嵯峨野屋敷だったが、イソラの力を欲する魔術師協会の襲撃により状況が一変し…!?竜と魔女と少年が織り成す魔術バトルアクション、開幕!!

◇感想◇

 魔法使いの夜を思い出しちまったですよ……。
 富士見ファンタジア文庫新刊「竜と魔女の住む屋敷」!
 タイトル通り、竜とか、魔女とかが出てくる現代ファンタジー。
 そして中身ですが……見出し通り、魔法使いの夜を思い出してしまいました。(魔法使いの夜を知らない人は検索検索! 名作ゲームですのでプレイをオススメします!)
 屋敷に住む魔女とか、魔術の世界に巻き込まれる男の子、蒼い眼の魔術師(ブルーアイ・メイガス)……。要素はそこまで多くないはずなのに、ついつい思い浮かべてしまいました。どうやら、魔法使いの夜が私の身体に染み付いてしまっているようです。
 さて、横道逸れましたので、軌道修正。
 封印されていた竜・イソラを目覚めさせてしまったのが原因で、魔術の世界に巻き込まれていく主人公・一紀。
 人間として生きたいというイソラのために、一紀が奮闘するお話、といったところでしょうか。
 話としては、結構ありきたりだと思います。かといって、キャラ同士の掛け合いが面白いかといえばそんなこともなく。
 可もなく不可もない作品。
 基本的に、一紀とイソラがいちゃこらしているようにしか見えませんでしたし。
 後、着替え! ギャグでもないのに、女の子が寝ているのに制服を着せようとしたり、タイツを履かせようとはしないよ! 「僕だってほんとうはこんなことしたくないんだ」じゃなくて! さすがにそれはないとツッコミたくなりましたよ!
 ギャグでない限り、不自然なエロっていらないと思うのですよ。
 露骨なパンモロより、自然なパンチラの方が嬉しいという、そんな感じです!


 まだ序章。これからの盛り上がりでどうなるかなーという作品。期待を込めて購入するなら良いと思います。

戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.