SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想

◇Buster-Do!(バスタード!)1◇

Buster-Do! (電撃文庫)
おすすめ度:★★★☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

 世界の脅威“バグ”に立ち向かう能力者“バスター”の戦いが、全国中継されるエンタメ“バスタード”となった時代。バスター育成校である御凪学園の生徒・光太は、覚醒した能力が防御特化型故に“バスタード”で好成績を残せず、“最下位の男”というありがたくない仇名まで頂戴してしまっていた。しかしあるとき彼は、去年のランキング覇者にして、あこがれの少女・静句からある『宿命』を託される。それは“バスタード”の抱える“闇”の部分へと踏み込むこととなる、最重要ミッションであった―!“見世物”となった英雄に正義あるか!?戦う少年少女たちを描いた王道バトルノベル登場!

◇感想◇

 古き良き仮面ヒーロー物
 《最下位の男(ボトムナンバー)》と揶揄されている主人公・未空光太(みそらこうた)が、去年のランキングの覇者にして、憧れの少女・御凪静句(みなぎしずく)に導かれるまま、正体を隠し、ヒーローとなって戦う物語。
 昔あったような正体を隠す仮面ヒーロー物語で、それらしいキーワードがちらほらと散見されました。
例えば、

・普段、正体を知らないクラスメート宮古朱音(光太のクラスメートにして、アイドル的な人気を誇っているバスター)を、仮面ヒーローの姿で助けたら惚れられてしまう。しかも、必ず私が正体を暴くと宣言される。
・仮面ヒーローとして戦っていたら模倣犯が出て犯人扱いされる。
・仮面ヒーローを続けるか、続けないかの選択。

 などなど、キーワードを拾おうとすると結構ありました。私が知っている漫画だと「RATMAN(ラットマン)」とかを思い出します。
 どこかで読んだことある話だ、と思う方もいるかもしれませんが、物語はしっかりまとまっており、さくさく読めました。
 一部、悪党の下劣さを表現したかったのか、宮古朱音が襲われそうになるシーンがあったのは「う~ん」と唸ってしまいましたが。しかも、挿絵付き。王道なヒーロー物だけに、あまりそういった下劣さは見たくなかったですね。文章だけ見るとまだマシなんですけど、挿絵とのダブルパンチはきつかったです。

 あらすじの一文通り、王道バトルノベルに偽りなし! 王道が大好物です、という方にはぜひ読んでい頂きたい。
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.