SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇りゅうおうのおしごと!1◇


著者:白鳥士郎 イラスト:しらび
おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

 16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に押しかけてきたのは、弟子を名乗る小学三年生の少女・雛鶴あい(きゅうさい)だった!?
「え? ……弟子? え?」
「……おぼえてません?」
 憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――。  ガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!
(GA文庫公式サイトより)

◇感想◇

 ロリと将棋をまとめて好きになる作品は『りゅうおうのおしごと!』しかありませんっ!

 アニメ化が決定し、ロリ界と将棋界に衝撃をもたらしたGA文庫『りゅうおうのおしごと!』1巻感想!

 読み始めて十数ページで「オシッコォォォォォォォォォォォォォォォォッ!!」と、ひたすらオシッコを連呼する将棋物語を、私は『りゅうおうのおしごと!』以外に知りません。
 正直、読む作品を間違えたのかと、実は将棋ラノベではなくオシッコラノベを読んでしまっているのではないかと疑いましたが、残念ながら将棋ラノベでした。将棋の礼節とは一体どこに向かっているのでしょうか。

 さっそく将棋から離れた今作のことを「ロリを集めたハーレムモノかな?」と、ネタ系なのかなと疑いを持ちましたが、『りゅうおうのおしごと!』はロリハーレムガチ将棋ラノベでした。

 ■将棋への『熱』を感じ、物語に飲み込まれます■

 いつもなら、ひたすらヒロインとイチャイチャしているのが好きな、知り合いに言わせればチョロいオタクの典型な私ですが、今作においては『熱』にやられました。
 メインヒロインである小学生の雛鶴あいや、主人公の九頭竜八一の将棋の対しての『熱量』が本気で伝わってきます。

 なんといっても、主人公とヒロインがラブラブチュッチュしているのが大好きな私が、1巻目の好きなシーンはと問われれば九頭竜の弟子である"あい"と、九頭竜の姉弟子である"銀子"の対局。
 手に汗握るなんて程度のものではない。本当の殺し合いのように、あらゆる手を駆使し相手を殺そうと相対する姿に飲み込まれました。血反吐を吐き、今にも倒れてしまいそうな本気の対局。遊びではない本気の『熱』を感じずにはいられませんでした。

 ロリでオシッコなキワモノな作品のようにも受け取れますが、その実中身は遊びではなく本気で向かい合う『将棋ラノベ』。一歩も引かない本当の闘いが、この作品にはあります。

 ■とーはーいーえー、やっぱりロリコン発病作品でもあるわけですのよ――――――ッ!!■

 小学生に朝から晩までお世話してもらったと思ったら、お風呂上りには平然と全裸で飛び出してくる幼女。犯罪臭はとてつもないですが大丈夫。だって小学生だもん! 性的な視線で見ることなんてアリマセン。慈しむ心が大事なのです。

 世話好き小学生あいちゃんもそりゃーもうかーいいーですが、ここは竜王ならぬロリ王(九頭竜)も一押しシャルロット・イゾアールちゃん(6歳)ちゃんがもうーねー!!
 幼いからかそれとも日本語に慣れていないからなのかは分かりませんが、たどたどしい言葉遣いで「ちちょ(師匠)」と呼んだり、クズ(ロリ王)のお膝の上に座って将棋を打つところなんかもうーかーわーいーくーてーヤバイ。そりゃぁ、九頭竜だって新たなタイトル『ロリ王』を獲得してしまいますって。

 ぷにぷに柔らかい幼女のほっぺは世界の宝!!


 …………いや私はロリコンではないんですけどね!? 銀子ちゃんとかそりゃーもう好きでしてよっ!?

 □ロリ・ギャグ・将棋の全てをまとめて楽しめる一押しの将棋ラノベ!□

 もう、ロリコンでいいやぁ……と悟りを開くGA文庫『りゅうおうのおしごと!』1巻感想!

 アニメ化が決まり、しらび先生のイラストも好きなので1巻を読んでみるかと気軽に読んでみたらどっぷりハマってしまいました。この感想をアップした後は、2巻目を読む予定です。

 2巻目ではあいちゃんのライバルであろう二人目の『あい』が登場するとか。今からどんな幼女なのか楽しみで仕方ありませんね! いや、ロリが目当てなわけではないのですがね? ほんとにね?

◇関連書籍◇

戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.