SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇14歳とイラストレーター2◇


著者:むらさきゆきや イラスト:溝口ケージ
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

14歳と温泉旅行!?

「もうこのまま描けなくなっちゃうんじゃないかと、泥沼に沈んだ気分になるんだ」ラノベ挿絵などを手掛けるプロ・イラストレーター京橋悠斗は、若くして高く評価されているが、悩みもがくこともあった。描けないときもある。友人でラノベ作家の小倉が気分転換に誘ってくる。「温泉に行こう! 東京から遠いとこ!」どうやら担当と揉めたらしい。家に来ていた14歳コスプレイヤーの乃ノ香まで連れて長崎は雲仙へ。家族風呂!? 混浴!? そのころ、ナスさんは悠斗の近所へ引っ越したり、ハラミは見た者が悲鳴をあげるほどとんでもないグッズを作って問題を起こしたりしていた。希望と現実、そして欲望に振り回される、イラストレーターのガチな日常の第二弾!
(MF文庫J公式サイトより)

◇感想◇

 奔放過ぎるけれど憎めない。売れっ子小説家マリィちゃん登場!

 イラストレーターの生体に迫るMF文庫J「14歳とイラストレーター」2巻感想!


 今度はライトノベル作家のご登場ですよー!


 というわけで、悠斗君がイラストを担当しているライトノベルの作家さん『マリィ=マルセル・コクラ(PN:小倉まりぃ)』ちゃんが登場! 見た目は金髪ロリっぽいですが、年齢不詳の女の子(?)

 彼女の登場により、悠斗の周辺も更に騒がしくなっているというか、マリィが一人で騒いでると言った方が正しいレベルで騒いでいます。話があっちこっちに飛んで会話が成立しているのか全くわかりません! 超、奔放! でも好き!!

 ■今回は、14歳と温泉旅行ですよー!! やはり、温泉回といえば、混浴よぉ■

 2巻目にして14歳と温泉回。
 当然の如く混浴はあり、乃々香と二つのクッションの顔を埋める事故もあるというテンプレートをこなすスタイル、いいですね、最高です。

 温泉旅行の理由はだいたい息抜き。
 やはり、イラストレーターや作家というのは、息抜きと言ったら旅行なのでしょうか? 別のライトノベル作家を題材にしたライトノベルでも旅行してましたし。

 編集から逃げるには旅立つしかないのでしょうか。それでも探し出す編集とかいたら超怖なのですが。

 本当にありそうなイラストレーターの日常を描きつつ、乃々香ちゃんとイチャイチャしているのは1巻目から変わらず。
 そこに新しいヒロインマリィちゃんが現れるは、愛澄さんは悠斗への恋を自覚しそうだわでお話が動きそうな予感。

 恋も仕事も一進一退。
 乃々香ちゃんとのやり取りの犯罪臭が凄まじく、悠斗逮捕への道が一進一退どころか二進三進していそうですが。最終巻では、きっと悠斗がとてもいい笑顔で手錠を掛けられ、連行されることでしょう。

 イエスJCノータッチ!

 タッチどころか脱がせているので、完全アウトな気がしなくもない。

 ■奔放過ぎるマリィちゃん。会話も中々噛み合わず、自分本位っぽいけれど憎めない■

 新ヒロインであろうマリィちゃん。その性格はといえば、奔放、自由。そして、人の話を全く訊かない。

 話はあっちこっち飛ぶは、自身の行動理念がしっかりしているのか、とにかく自分を曲げない。自分の意見はこうだからこうしようと、決めたら真っ直ぐ。

 自己中と取られかねない言動行動の数々ですが、どうにも憎めないのは、遠慮がないからでしょうか。
 下手に気遣いされるよりも、マリィぐらいスパッと自身の気持ちを口にしてくれた方が爽快で、一緒に居て楽しそうです。

 年を取るにつれ、遠慮や配慮といった考え方が染み付いて、自分の気持ちを口にできなくなってきますからね……。
 昔は、マリィのように相手の気持ちよりまず自分! というようなキャラクターは苦手だったのですが、好みも変わってきましたかねぇ。


 カタコト言葉のエセ外国人ヒロインよりも、外国人っぽい印象を受けるマリィちゃん。彼女ぐらいの性格だと、価値観が違う、という言葉がとてもしっくりきます。
 その価値観の違いから、裸で混浴しても構わないとか、最高すぎやしませんかね! 管理人も、悠斗同様劣情よりは神秘的な芸術品を見るような気持ちでしたけどね! 本当ですよ!?

 ■愛澄さんちょろすぎません? 大丈夫? 悠斗君と結婚したいのん?■

 ストーカーほいほいのナスさん。1巻目で悠斗にストーカーから護ってもらった為か、好意を寄せている雰囲気を感じ取っていましたが、わりとガチっぽい。

 ストーカー対策とはいえ、悠斗に選んでもらった結婚指輪を四六時中付けており、時折彼のことを思い出しそっと撫でてみたり。完全に惚れておる。

 本人的には意識していないつもりでも、悠斗の近所へ引っ越そうとしていたり、彼は友人で恋愛対象ではないと否定してみたり、逆に意識している様子が見て取れます。

 2巻では登場も少なく、悠斗への気持ちがはっきりせずモヤモヤっとしますが、南海から悠斗に対する気持ちについて切り込まれ、さてこれからどうなるのか見ものです。


 1巻目の感想でも書きましたが、やっぱり愛澄の愛は重そう。というか、結婚指輪というアイテムがそもそもちょっと重いのですよね。それを大事そうにしているところを見ると、うん、やはり愛澄の愛は重たそう。これが、付き合った後だったら印象も違うのでしょうが、付き合う前にこれは、ねぇ?

 まあ、盲目的に重たい愛をぶつけてくる病んでるヒロイン大好きなので、管理人は愛澄さんが好みなんですけどね! このまま、盲目的な愛に突っ走ってほしいものです。

 □巡る巡る人間模様。3巻は出だしからヤバそうな雰囲気□

 恋模様から仕事模様まで動き出してきたMF文庫J「14歳とイラストレーター」2巻感想。

 2巻の最後では悠斗の姉であり、イラストレーターでもある彩華がちらっと登場。次回への伏線という名の爆弾を放り込みつつの登場に、なかなかに印象的です。
 チラ見せだったので、どのような性格かはまだ把握しきれませんが、童貞を殺す服で弟の部屋を訪れ、わざわざ顔を見せに来たという辺り、弟大好きお姉ちゃんの可能性が大。

 いいですよね、童貞を殺す服で弟宅に来ちゃうお姉ちゃん。姉にコンプレックスを抱えている弟が可愛くてしょうがなく、ついつい意地悪したり構ってしまうとかだと尚良し。

 そんなお姉ちゃんの活躍が見られるのか。3巻には期待したいです。とはいえ、最後に放った爆弾のせいで、さっそく姉弟の軋轢が生まれそうですがね!

◇関連書籍◇

戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.