SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想

◇デート・ア・バレット1◇


著者:東出祐一郎 イラスト:NOCO
おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

これは語られるはずのなかった時崎狂三の物語――

隣界で目覚めた記憶喪失の少女エンプティは、時崎狂三と出逢う。彼女に連れられ、着いた場所は学校の教室。殺し合いのために集まった準精霊と呼ばれる少女たち。さあ??わたくしたちの戦争を始めましょう。
(富士見ファンタジア文庫公式サイトより)

◇感想◇

 ――そして、五河士道は伝説になる。

 狂三の外伝とか読むしか選択肢がないのですが!? 富士見ファンタジア文庫「デート・ア・バレット デート・ア・ライブ フラグメント」1巻感想!

 人気投票でも1位をかっさらっていく我等が時崎狂三の外伝小説がお目見えしました! 今作の著者が東出祐一郎先生というFateなどで楽しませていただいている作家さんだけに、発売前から期待度MAXの外伝作。

 どうなるかな、どうなるかな? と、即日読み読み……。見事狂三のキャラクター性を崩すことなく、東出祐一郎先生らしい作風に落とし込んでいて存分に楽しませていただきました!


 狂三×東出祐一郎先生ということもあり、血生臭い作品なのはわかりきっていましたが、基本血の匂いしかしませんでしたね!

 ■デスゲーム。殺し殺されが普通な世紀末世界。本編では考えられない殺し合い■

 『デート・ア・バレット』の舞台は、今までキーワードとして名前だけは上がっていた『隣界』。精霊達がもともと住んでいたという以外全く情報が上がっていなかった世界での物語となります。

 準精霊、無銘天使などなど新しいキーワードから明かされていなかった情報がてんこ盛りです。


 とにもかくにも――血生臭い。


 まさか、デート・ア・ライブで純然たる殺し合いが行われるとは思っていませんでした。登場人物も皆女性でありながら、どいつもこいつもわりと非道で残忍ですし。
 準精霊と呼ばれる彼女達は、そうしなければ生きられない子も多いようですが、本編とのギャップはとてつもありません。

 しかし、ただ血生臭くしただけでなく、しっかりとデアラらしさを残しているのがなんとも上手い。
 狂三を主人公にしたが故に殺伐とした物語であり、デート・ア・ライブに欠かせない恋の部分もしっかりと落とし込んでいてそりゃもう管理人にっこり。

 狂三への愛おしさが更に倍増してまいりました。

 ■――そして、五河士道は伝説になる。士道君、知らぬ間にどれだけの女の子落としてるのん?■

 見出しでも書きましたが、士道君が伝説となっているという驚愕の事態に。

 どうやら、隣界に存在する準精霊達は、彼方の世界(士道達のいる世界)にいる精霊の影響を受けるらしく、意識なのか記憶なのかは分かりませんが何かを共有してしまうことがあるらしい。その時に士道の姿を見て、彼が精霊に向けて口にした言葉を聞いてしまい、恋に落ちてしまうそうな。

 今作のヒロインであろうエンプティもその一人。

 そうした彼に恋をした準精霊が多くいるそうで、隣界ではいつまでも残る伝説として広まっているらしいです。


 士道君……現代でもあれだけ精霊を落としてハーレムを作っているというのに、今度は一度も会ったことすらない準精霊達を大量に落としているとか、どれだけ神がかっているんですか。

 多くの女の子を恋に落とし伝説になるとか、新手のアイドルかすけこましなのかしら?


 ちょこちょこっとはいえ、本編との関わりが見えてくるのは面白いです。今巻は士道や十香ぐらいでしたが、この先続刊が出た時に他の精霊達がどのような関わり方をするのか楽しみになりました。

 ■本編より恋に素直なくるみん可愛い■

 主人公でありながら、凄い特殊な立ち位置な狂三。いや、本編でも特殊な立ち位置なので彼女にとっては特異こそ普通なのかもしれませんが。

 本編に登場する彼女には目的があり、あくまでその目的を中心に活動していましたが、『デート・ア・バレット』では士道に恋をしていることを自覚し、彼とまた出会うことを目的としています。

 色々な枷から解き放たれ、士道への想いだけを残した狂三なのか、とても恋に対して素直。本人を目の前にすればどのように反応するかは不明ですが、今巻では気持ちも含めてストレートで可愛らしい。

 恋に一途な狂三とかなにそれ最高か。

 どちらにしても、その狂気性が消失することはなかったようで、色々事情があったとはいえ士道と話す精霊(十香)に殺意を覚えたり、士道を舐めたりしたいと思ったりと本編以上にヤンデレ様相がプラスされていそう。いや、そういうのも全然ありなわけですが。


 とはいえ、内容を読む限り、本体の狂三なのかは怪しいところ。
 ミスリードなのかどうかは不明ですが、本体っぽくない書き方もありますし。もしかすると、士道に恋をした分身体の一人なのかもしれません。天使を使えているので、分身体とも言い切れませんが。現状では不明なことばかり。

 本体だろうが分身体だろうが、狂三が可愛いことに変わりはありませんがね!

 □士道に出会う為の物語□

 外伝でも恋する相手はやっぱり士道君ですよね! 富士見ファンタジア文庫「デート・ア・バレット デート・ア・ライブ フラグメント」1巻感想。

 第2巻では歌って踊れるアイドルが強者の条件である第九領域に向かうそうな。九にアイドルとか、どう考えてもあの変態性ばかりが高まっていくアイドルさんの領域ですね。
 時々本当にアイドルなのか疑いたくなる程奇行ばかりが目立つあのヒロイン。

 1巻では血生臭い殺し合いでしたが、2巻ではもしかすると歌って踊るだけで終わる可能性が……皆無かなぁ。

 ともかく!

 歌って踊るくるみんが見れる可能性は大なので、今か今かと待ち遠しくなっているのは間違いなし! 既に最強可愛い狂三ちゃんがアイドルになるとか、管理人死んじゃいますよ幸せ過ぎて。

 歌って踊る狂三ちゃんを期待しつつ、1巻の士道を求める狂三ちゃんを読み返したいと思います。この子士道君好き過ぎだなぁ、最高かしら?

◇関連書籍◇

【デート・ア・ライブ】

【デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット】

【デート・ア・ライブ アンコール】

【デート・ア・ライブ マテリアル】
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.