SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想

◇トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした。1◇


著者:日富美信吾 イラスト:こもわた遙華
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

期待のフラグがおられても、最後まで諦めない!!

もしも、己が望むような「異世界転生」ができるとしたら――?前世の記憶を保持しつつ、チート能力持ちの俺TUEEE勇者として、悪をなぎ倒す無双人生!または魔王として、生意気な勇者たちを圧倒的な力でもって打ちのめす人生! それとも可愛い女の子たちを侍らせ、ハーレムを築く人生!?――ならばぜひともお願いしたい!そんな思いを密かに抱く高校生の志郎は、本当に死んでしまっていた。しかもトラックに轢かれて。このフラグ、期待せずにはいられない!!そこに現れた、エルフにも見える美少女フィリア。彼女は志郎に告げる。「あなたは転生できないの」……え、うそでしょ? 志郎の転生(できない)ライフがいま始ま……る?
(講談社ラノベ文庫公式サイトより)

◇感想◇

 心が弱っている時の苛立ちを優しく受け止めてくれれば惚れてしまいます。

 もうこれタイトルなのかただの1文なのか長すぎてよくわからない講談社ラノベ文庫「トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした。」1巻感想!

 略して「トにした。」らしい。


 講談社ラノベ文庫の新刊を公式ページにて確認している時、ちらっと目に入って二度見しました。

「あれ? この表紙……こもわ、え? いやいやいや。あの絵師さんは基本SDしか書いてないしいやでも…………」

 しばらく思考し、絵師さんを確認。

「――こここ、こもわた遙華先生じゃないですかぁあああああああああっ!?」

 まさかこもわた先生がライトノベルの挿絵を描く時が来ようとは、思ってもいませんでした。
 昔から好きな絵師さんだったので、即買い。通常等身の絵でも可愛すぎるイラストに半ば満足してしまいましたが、内容もしっかり読みましたよ! 楽しかったです、まる。

 了



 ――ではない。

 ■もっと悪に鉄槌を! 悪役にこそ不利益を!■

 今作は、トラックに轢かれるという転生あるあるの事故に巻き込まれ死んでしまった主人公・梅川志郎(うめかわしろう)が、諸事情により転生できなかった為、転生を司る役所的な仕事場で働くという物語。

 軽いテンポでどんどん進み、コミカルなギャグややり取りが満載で読みやすい。
 苦難があって、主人公とヒロイン達とのぶつかり合いの果て、努力が報われる。正にライトノベルらしい作品でした。

 例えるのなら、水戸黄門のような感じでしょうか。大まかな流れは決まっており、最後は悪役に印籠を出して平伏させる。先の展開が分かっていても、悪が懲らしめられる姿というのは、見ていてスカッとします。

 そこへいくと、今作は悪の懲らしめが足らなかったなぁ、と。
 悪役のダークエルフでウィルゴというキャラクターがいるのですが、主人公達に嫌がらせを繰り返し、彼らの所属する部署を潰そうとしていました。最終的には失敗したわけですが、計画に失敗しただけで、手痛いしっぺ返しを受けていなかったので、ちょっと消化不良。

 一応、志郎がウィルゴをこけさせていましたがそれだけだったので、逆に悪事がバレて部署が潰れてしまうぐらいのことはしてほしかったですね。

 ■茉琴ちゃんが可愛すぎて辛い……■

 ツンデレの見本市である隈坂茉琴(くまさかまこと)。美琴(みこと)と読んでしまった人は管理人の同志です。

 その分かりやすいツンデレは、管理人のツボをストレートに貫いてきました。やはりツンデレは心に響くっ。

 とはいえ、はじめのうちは「ツンデレだー」ぐらいだったのですが、とある志郎とのやり取り以降、完全に惚れこみました。

 自暴自棄になって志郎に嫌がらせをしてしまった茉琴を、嫌な顔をせず受け止める志郎。嫌がらせをしていたと知っても茉琴に「報われて欲しい」と返答してくれる志郎のなんと格好良いこと。

 やはりというかなんというか、真っ赤になって照れてしまう茉琴。惚れたなぁ。
 もうなんというか、そんな告白みたいなシーンを読んでしまったら、二人とも付き合って結婚してしまえー! と、思ってしまうわけで。

 その後、志郎に対する反応が明らかに恋する乙女で可愛いのなんのって。素直になれないけれど、一緒にいようとする姿が凄いぐっっときます。


 惚れないわけないでしょーがーもうっ!! ツンデレ最高かっ。管理人は単純かっ。単細胞です!


 どうあがいてもツンデレ可愛い茉琴ちゃん。2巻以降でどのようなツンデレ反応を魅せてくれるのか今から楽しみで仕方ありません。やっぱり、ツンデレは至高。間違いありません。

 □スライムが美少女になった? 普通普通□

 最近、スライムが美少女になっても驚かない精神になりました。講談社ラノベ文庫「トラックに轢かれたのに異世界転生できないと言われたから、美少女と働くことにした。」1巻感想。

 最後の最後でスライムから美少女になるという離れ業を見せてくれた志郎大好きスライムのレン。全く驚きはないというか、その程度では驚かない精神が築かれております。
 そういうライトノベルが飽和していますからね! ぜひもないネ!

 とはいえ。
 今までスライムだったのが美少女になったわけで、2巻からは彼女(?)を交えて物語が展開されいくのでしょう。昔、神撃のバハムートでも、成長させると美少女になるスライムがいましたが、あれは好み過ぎていつまでも保存しておいた記憶があります。
 今回もドハマりするのでしょうか。

 2巻がどうなるかは分かりませんが、茉琴がツンデレしているのは間違いないでしょう。つまり、管理人の大勝利は決まっているので、ガハハと下品な笑い声を上げながら発売を待ちます。

 ガハハッ!!

◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.