SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想

◇続・この素晴らしい世界に爆焔を!1◇


著者:暁なつめ イラスト:三嶋くろね
おすすめ度:★★★☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

エリス祭のときに出会った銀髪盗賊団に憧れ、自らも盗賊団を結成することを決めためぐみん。しかし、集まった団員は、いつもの万年ぼっちに、世間知らずの王女様、アブないシスターと、問題児ばっかりで――!?
(スニーカー文庫公式サイトより)

◇感想◇

 女性オンリーパーティーもそれはそれで。恋バナでキャーキャー盛り上がるの好き。

 常識人の集まりかと思えば、やっぱりこのすばのキャラクター達だったスニーカー文庫「この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ 続・この素晴らしい世界に爆焔を! 我ら、めぐみん盗賊団」1巻感想!

 例え指名手配されようとも、正義の為に盗みを働く銀髪盗賊団に憧れて、彼らの手助けをしようと勝手に下部組織を作るめぐみんのお話。つまるところ、ファンクラブ。

 普段、カズマ達のパーティーメンバーではない為になかなかスポットが当たらない少女達を中心にお話が進行しています。

 めぐみんを中心にゆんゆん・アイリス・クリス・セシリーと、実はカズマパーティーよりも戦力高くない? 魔王倒しにいけちゃうんじゃないの? というスピンオフなのに戦力高いメンバーがそろい踏み。

 明らかに盗賊するメンバーではないですけどね!

 ■ゆんゆんが普通の女の子していて可愛い■

 本編だとまず関わらないキャラクター同士が会話しており、特にゆんゆんとアイリスが恋バナで盛り上がっていて管理人まで盛り上がりました。

 女の子がキャーキャー騒ぎながら恋バナをしているのは、見ていて華やかさがあって良いものです。まさか、恋は二の次でメインはギャグなライトノベルで見られるとは思いませんでした。そも、変人ばかりの作品ですからね……。まともな美少女が少なすぎ案件。

 また、ゆんゆんがめぐみんとの約束よりも自分の願望を優先して、アイリスとお店を見て回っていたのは意外。真面目な子ですので、自分よりも周りを優先する子だと思っていたのですが、目の前に好物がぶら下げられたら我慢できずに食べてしまうタイプだったとは。

 意外と我慢がきかないタイプだったのかしら? それとも、アイリスが友達として理想的過ぎて、一緒にお店を見て回りたいという欲望がむくむく膨らみすぎてしまったのでしょうか? どうあれ、この子もこのすばのキャラクターなんだぁ、と思わなくもない場面でした。

 その後、珍しくめぐみんに怒られて申し訳なさそうにしゅんっと小さくなっていたのは可愛い。意外な一面に弱いの、管理人は。

 総じて見ると、ゆんゆんは普通の女の子っぽい。友達と一緒にお店を回って、恋バナをし、ちょっとしたことで怒られて落ち込む。至って普通な女の子。けれど、友達はほぼいない。

 やはり、周りが異常過ぎてぼっちになっているだけなのでは?

 ■嘘だ! カズマさんが格好いいなんてそんなことがあるはずない!■

 本編では残念な部分がこれでもかと詰め込まれているカズマさんですが、今回は銀髪盗賊団としてのカズマさんとしての活躍が主で、基本できる子みたいで格好良い……場面もありました。

 潜伏スキル・ドレインタッチを駆使し、音もなく見張りを沈ませる手際には目を見張ります。

 本編でも、いつもこれぐらいやってくれればカズマさんもクールなやれやれ系主人公の仲間入りができるかもしれないというのに。…………いや、どう想像しても無理そうだったので今の発言は撤回します。ごめーんね。

 ■馬鹿な……だ、ダクネスが貴族してるっ!?■

 この巻で一番意外だったのは、ダクネス。嫌味ばかり口にする貴族の令嬢相手に、微笑みながら嫌味で返す。あまつさえ、自分のエロっぱいを強調させてスレンダー(オブラート)令嬢を煽るなど、性癖以外はまともだと思っていたダクネスのまさかの行動。

 貴族ならば当然そういった駆け引きも必要なのでしょう。
 しかし、今までは単にドMで変態な部分をガッツリ抜けば、真面目なお姉さんだと思っていただけに驚愕です。そういったやり取りもできるんですねダクネスさん。苛立つことがあればとりあえず「ぶっ殺してやる!」と顔を真っ赤にして叫びながら当たらない剣を振り回すだけじゃなかったんですね!

 □細々語りたいことは数あれど、総じて言えることは意外性□

 本編では見られないキャラクター達の意外な一面が垣間見えるスニーカー文庫「この素晴らしい世界に祝福を!スピンオフ 続・この素晴らしい世界に爆焔を! 我ら、めぐみん盗賊団」1巻感想。

 あの子もその子も「本編ではそんなことしてなかったよね?」というシーンが多く、驚愕。その驚きは悪い意味ではなく、むしろその意外性が可愛いことばかりなのでこれはよい文明。

 スピンオフだからこそ見られる一面がたくさんみれて終始楽しませていただきました。そんな中、全くブレない我らが女神アクア様は至高なのですけどね!

 いやほんと、一体どのようにしたら新しい一面を魅せてくれるのか。ダグネスやめぐみんはデレているというのに、一向にデレてくれませんし。アホ――ではなく、ちょっと頭が残念ですが、ヒロインとしては最難関とか。下手に知恵がない分あっさり陥落してもいいと思うのですが。いやいや、カズマとアクアの距離感はこれぐらいが丁度いいし(ry

 今巻はめぐみんがメインとなっていますが、その内アクア様がメインのお話も読みたいですね。例え、破綻すると分かっていても、読みたい気分になる時がある、それが今!

 アクア様の活躍するスピンオフを期待しつつ「この素晴らしい世界に祝福を!」11巻を待ちます。アクア様ではなく、エリス様とカズマさんが活躍するスピンオフ「この素晴らしい世界に幸運を!」でも可。内容はあえて触れませんが、スティールが大活躍するお話がいいなぁ!

◇関連書籍◇

【この素晴らしい世界に祝福を!】

【この素晴らしい世界に爆焔を!】

【続・この素晴らしい世界に爆焔を!】

【この仮面の悪魔に相談を!】
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.