SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ツギクルブックス『おきらく女魔導士とメイド人形の開拓記』1巻感想
  • 電撃文庫『リア充にもオタクにもなれない俺の青春』1巻感想
  • GA文庫『ゴブリンスレイヤー』6巻感想
  • ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』12巻感想


◇14歳とイラストレーター1◇


著者:むらさきゆきや イラスト:溝口ケージ
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

ライトノベルの、売れっ子イラストレーターのガチな日常を大公開!

「ラノベの挿絵は1冊30万円。税金も家賃もPC代もここから支払うんだ」フェチズムの最前線を走るプロ・イラストレーター京橋悠斗はラノベ挿絵――とくにおヘソに心血を注いでいる。類は友を呼ぶのか、周りも曲者ぞろいで……巨乳と酒が大好きなチャラ系ベテランレーター倉山錦。気●い作家たちに日々心労を重ね、たまに罵声と黒血を吐く編集の永井敬吾。いつも笑顔のほがらか美人レーター佐伯愛澄は「ストーカーほいほい」の異名に悩む。そして、14歳のコスプレイヤー乃木乃ノ香、イベント後に悠斗の部屋まで来て、とんでもないものをぶっかけられてしまい――!? 理想と現実、そして欲望に振り回される。イラストレーターのガチな日常を大公開!
(MF文庫J公式サイトより)

◇感想◇

 十四歳の通い妻とか背徳感が半端ない。

 最近中学生以下で攻め過ぎな気がするMF文庫Jの新作「14歳とイラストレーター」1巻感想!

 むらさきゆきや先生&溝口ケージ先生というスペシャルタッグの新作。これは買わなければならないと思い至ったのは管理人だけではないはず。というか、企画・溝口ケージってなんじゃらほい? イラストだけでなく内容もむらさきゆきや先生と相談しながら決めたとかなんとか。

「イラストレーターが企画とか新しいですね!」

 そんな風にも思っていましたが、昨今著者・イラストも同一人物という作品もあるぐらいですからね。企画・イラストレーターでもなんら不思議ではないという。いや、不思議でしたわ。

 「14歳とイラストレーター」。タイトルからやや犯罪臭がしており、内容はセウトどころかアウト。一発逮捕ではないのこれ?

 全体的にゆるゆるっと進み、そこまで大きな問題にならずさらーっと読めるので、肩の力を抜いて読めます。最後の最後で正妻と浮気相手が遭遇した修羅場みたいな状態で2巻に続いてますけどね! 乃々香と愛澄。意気投合か、反発し合うかどちらでしょうかね。……ほぼ間違いなく前者でしょうけど。きっと乃々香ちゃんは愛澄さんのファンでしょうし。

 ■十四歳の美少女を言葉巧み(?)に脱がし、下着姿を撮影という犯罪現場■

 14歳コスプレイヤーのメインヒロイン"乃木乃々香(のぎののか)"が、22歳若手イラストレーターの主人公"京橋悠斗(きょうばしゆうと)"のお世話をするお話。この時点で既にやばそうですが、合意の上とはいえ14歳中学生の下着姿を撮影し、スク水で身体を洗ってもらうのはどういった理由があってもおまわりさん案件だと思うの。

 言い訳を駆使しながらもドキドキする心臓を抑えきれず、内から湧き上がる背徳感がなんともいえない快楽に……。いけないことをしている気持ちが強く、色々な意味でドキドキが止まりません!

 乃々香が最初から悠斗にファンとして懐いているのも、純粋無垢な少女の慕う心を利用しているようでイケナイことをしている気がしてしまいます。

 ■イチャイチャしてないで仕事して悠斗!■

 14歳のJCと犯罪一歩手前なプレイを楽しみつつ、イラストレーターのお話がちょこちょこネタとして差し込まれます。とはいえ、イラストレーターの話はそこまで深くなく、結構ライト。

 基本的には14歳JCとイチャイチャしたり、オンリーイベントで出会った美人同業者とデートして結婚指輪をプレゼントしてイチャイチャしたりととりあえずイチャイチャしてます。仕事しろ、京橋悠斗!

 同人イベントで悠斗が知り合った美人イラストレーターの"佐伯愛澄(さえきあすみ)"は、乃々香と同じで悠斗のファンであった為、即意気投合。ちょっとした事情はありますが出会って数日で結婚指輪をプレゼントされて、嬉しそうにする程好感度が高いチョロイン。

 というか、イラストのファン=イラストレーターへの好感度が高いという図式が成り立っていて「イラストレーターってこんなにモテるのん? 管理人もイラストレーターになっちゃう?」という気持ちになりますが、あくまでフィクションなので気を付けなければなりません。

 イラストレーターになったからって14歳の美少女コスプレイヤーJCが通い妻になったり、美人イラストレーターとデートしたりできるわけがない。ヒロインちょろすぎ案件。流石に惚れやす過ぎない?

 □乃々香ちゃんが可愛い! 愛澄さんは(愛が)重そう!□

 イラストは目の保養。文章はドキドキなMF文庫J「14歳とイラストレーター」1巻感想。

 素直で可愛く将来騙されてしまいそうな可愛い乃々香ちゃんに、美人だけれどストーカーほいほいと言われてしまう程隙が多い愛澄さん。この二人が可愛い! ずっと愛でてたいと思えたらそれで十分だと思います。というか、管理人にはそれしかできなかった。

 ストーカーほいほいと言われてる愛澄さんですが、本人も似たような素養がありそうな気がしなくもない。出会って数日の相手に結婚指輪を貰って常に身に付けるとか、色々と大丈夫かと考えてしまうレベル。2巻では、乃々香同様通い妻になっていたり?


 ありそう。凄くありそう。「悠斗さんの怪我は、私に責任があるので、私が面倒を見ます!」とかなんとか言い訳しつつ、楽しげに悠斗のお世話をする未来が見えました! そして、乃々香と正妻戦争。2巻の終盤では乃々香と愛澄が「負けませんから」と笑顔で言い合ってるのが目に浮かぶよう。

 14歳JCに水着で身体を洗ってもらっている変態(悠斗)に遭遇した愛澄さん。一体どういった反応を魅せてくれるのか楽しみです。

「大丈夫、私分かってますから」

 とかなんとか言って、乃々香と修羅場ったらそれはそれで面白い。やっぱり、修羅場ってラブコメの大事な要素ですよね?

◇関連書籍◇

戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.