SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想
  • HJ文庫「新宿コネクティブ」1巻感想

◇ゴブリンスレイヤー2◇


著者:蝸牛くも イラスト:神奈月昇
おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

水の街の地下迷宮に挑め!

「どうか、わたくしどもの街を救っては頂けないでしょうか」
「救えるかどうかは、わからん。だが、ゴブリンどもは殺そう」
 ある日、ゴブリンスレイヤー指名の依頼書が冒険者ギルドに届いた。
差出人は水の街――辺境一栄える至高神の都の大司教だった。彼女いわく、水の街の中に何故か小鬼が出るという。ゴブリンスレイヤーは妖精弓手、女神官、蜥蜴僧侶、鉱人道士とともに水の街の地下迷宮に挑む!
 蝸牛くも×神奈月昇が贈るダークファンタジー第2弾!
GA文庫公式サイトより)

◇感想◇

 「お慕い申し上げております……!」は予想外でした。

 変わらずゴブリンを殺し続けるGA文庫「ゴブリンスレイヤー」2巻感想!

 1巻、2巻共にゴブリンが出てきたらゴブリンスレイヤーがゴブリンを討伐するという話の肝は変わらず進む作品。やってることは変わりませんが、それでも面白さは増すばかり。ゴブリン時代到来かもしれません。

 今巻では水の街でかつて魔神王を打倒した金等級の1人、剣の乙女と呼ばれている目隠しをした色気たっぷりの英雄からの依頼でゴブリンをスレイします。
 1巻同様、ゴブリン退治ですが、今回はパーティーを組んでの討伐がメイン。普段から協調性があまり見られないゴブリンスレイヤーのパーティーでの冒険は、色々な新しい面が見れて新鮮です。口数は少なくとも、想像以上に気を使っているのが印象的でした。

 ■ゴブリンもスレイしますが、パーティーで冒険しているのが楽しい■

 ゴブリンをスレイしなかったら、作品のアイデンティティがなくなってしまうのでそんなことはありませんが、2巻ではちゃんと冒険もしています。

 未知の迷宮探索。沼竜との遭遇、逃走。パーティー全滅の危機。それを切り抜ける。お宝の発見。大物の討伐。

 なにより、パーティーメンバーから言われたことをしっかりと守ろうとし、口数少なくも気を使うゴブリンスレイヤーが好きです。寡黙ながらも、仲間を大切に扱っているのが分かります。ゴブリンを倒す為ならなんでもやるというのは変わりませんが、周りを尊重して手段を選ぶのは好印象。
 ゴブリンスレイヤー格好良過ぎるんですけど! と、危うく惚れてしまいそうです。

 そういった優しい部分を理解し、支えようとしている女神官は涙を誘うほど健気。絶対に男で苦労するタイプです。もうしてますね。
 今回は、彼の為に褥《しとね》を共にしたほどですから、その献身は計り知れません。


 タガが外れていると指摘されていても周りを惹きつけるのは、自身の思う通りに行動しても、周りへの配慮を忘れない優しさがあるからなんだなぁ、とゴブリンスレイヤーから学びました。管理人もそんな魅力的な硬派な人になりたい。ゴブリンいないから無理かぁ。

 ■妖精弓手との距離が縮まった予感■

 男として好きかどうかは分かりませんが、ゴブリンスレイヤーに好意を向けている妖精弓手。表紙でメインを飾った彼女の出番は多かったです。

 街を2人で歩いたりしましたし! ゴブリンスレイヤーも妖精弓手も全く意識していませんが、管理人から見たらもうデートでしょこれぇ! と、テンションだだ上がり。
 ゴブリンスレイヤーへ向けられる侮蔑の視線や言葉を気にしたからとはいえ、長椅子に座る彼に寄り添ったり、手を握ったり。そういった行為で照れた様子はなく、ただただ楽しそうなのが逆にお似合いだな、と思わせます。
 やっぱり、ツンツンエルフもいいですね。凄く可愛い超可愛い。

 まあ、ゴブリンスレイヤーに「下着が必要なのか」と訊く辺り、男として意識していない気がしますがねというか貴方下着付けてないってノーパンノーブラというわけなのですくわぁ――――――っ!?

 楽しい雰囲気の時にとんでもない爆弾落としてきたな、と驚愕しつつも「エルフは下着付けないのか……」と、深く深く思考してしまう管理人。そっか、エルフは下着を付けない。つまり、そういう文化がない。つまり、濡れて透けたら桃源郷……? てるてる坊主を逆さにしたくなりました。

 ■剣の乙女は意味深なことばかり言って、謎を深めるだけのキャラだと思っていたのですが■

 そんなことはなかったです。もう一度言います。そんなことはなかったです。

 登場してから最後まで、意味深な事ばかり口にするのは想像通りでしたが、最後の最後でどんでん返しがきました。
 剣の乙女がゴブリンスレイヤーに向けて、

「あなたを、お慕い申し上げております……!」
ゴブリンスレイヤー2巻より

 思わず「ふぁっ!?」とか、変な声を上げてしまいましたよ。自宅で良かったです。これが電車の中なら、周囲から奇異の視線を向けられるとこでしたよ。

 いやー、にしても。
 まさか、金等級の英雄である剣の乙女が、ゴブリンスレイヤーに惚れるとは予想外。しかも、理由がまともで納得。

 かつて、ゴブリンに捕まり悲惨な目にあった少女が、小鬼を殺す者に安心を覚えるのは必然でしょう。恐ろしい目にあった者からしたら、勇者よりも眩しく見えるのかもしれません。

 正直、「この聖女、エロいぞ……!」ぐらいしか思っていなかったのですが、ゴブリンスレイヤーに告白するまでの独白めいた地の文はぐっときました。日常にまで侵食する恐れから開放され、安堵を抱き、その気持ちを与えてくれた相手に惚れる。
 英雄などと呼ばれている身も心も強そうな剣の乙女が、本当はゴブリンを恐れる気の弱い少女だったと理解した時には、管理人、剣の乙女に溺れておりました。

 誰よりも強いはずの少女が、本当は護ってもらいたいとかなにそれ滾るんですけど!! しかも、行動が一々エロいからもう我慢が効かぬ……っ! ギャップにギャップを重ねたとんでもエロ聖女の爆誕ではないでしょうか!?

 □3巻は受付嬢が攻めに転じるのか……?□

 惚れた男について語る照れ照れ受付嬢も最高なGA文庫「ゴブリンスレイヤー」2巻感想。

 3巻はゴブリンが出てきたからゴブリンスレイヤーがゴブリンを退治する話らしいです。これから何巻出ても、同じ次回予告になりそうな予感がするのは管理人だけではないはず。

 ゴブリン退治は常ですが、それにプラスして辺境の街の収穫祭を予定しているとか。間章で牛飼娘と受付嬢が何か画策していますし、楽しみです。
 受付嬢大好きな管理人としては、3巻での活躍を期待したいです。いや、この作品に出てくる受付嬢という少女が好きなのであって、別段一般的にいう受付嬢が好きかどうか訊かれると否定はできないのですがつまり何が言いたいのかといえば――受付嬢が大好きです。

 ダメな男を献身的にお世話しそうなヒロインズが多い今作。受付嬢のもじもじ照れ照れを見返しながら、3巻を楽しみに待ち続けます。


 ……「処女同衾の奇跡」という卑猥に聞こえる言葉が耳から離れない。

◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.