SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点 その名は「ぶーぶー」1◇


著者:鎌池和馬 イラスト:真早
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

恋もバトルも色々こじらせた【剣聖女】。
唯一の特効薬は、まさかのぶーと鳴くあいつで!?

 そこは剣と魔法の異世界、待つのは巨大極まる地下迷宮。呪文や魔法陣よりはるかに馴染みのあるゲームライク方式で、魔法を管理し最強の座に上り詰めたベアトリーチェは、だが悩んでいた。 「ぶごごーっ!! ぶしゅるるる……むにゃむにゃ……」 「ぶっ、ぶーぶー! ストップ、すとーぉぉぉぉぉぉぉぉぉっぷ!! 潰れる潰れる!? こっ、この状況は、私の、あっ、愛が試されているとでも言うの……!?」  お昼寝ひとつで、かようにカンスト組の【剣聖女】さえ振り回す伝説の男『ぶーぶー』の正体とは。  あとなんか四ケタ級巨大ドラゴンとか偉そうなご長寿少女とか出てくるけど、全体的にどうするどうなる異世界交流!?
(電撃文庫公式サイトより)

◇感想◇

 ゆるかわオークかと思っていたら――ガチオークじゃないですか!?

 そろそろ何ヶ月連続刊行になるか忘れるほど連続刊行をしている鎌池和馬先生の新作。電撃文庫「最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点 その名は「ぶーぶー」」1巻感想!

 長い! とにかくタイトルが長い! というかもうこれタイトルではなくただの文ですよね!? 書籍のタイトルという概念が存在しなくなってきた昨今でも、このタイトルはヤバイと人目見て分かります。このタイトルで良く通ったな、と管理人驚きです。

 最近話題の異世界ファンタジーに遂に鎌池先生も参戦! どういう世界なのかなーと思いを巡らせるよりも先に、相手がオークって、大丈夫なのかしらん!?

 ■ガチオークと剣聖女の異世界ファンタジー■

 主人公がオークというのも珍しくなくなってきた昨今。お相手は当然のごとく姫騎士。セットですよね、姫騎士とオークって。

 人間の中でもカンスト組と呼ばれるぐらい強いベアトリーチェと、最強と謳われる【ブレイクニュース】の一角を落としたオークのぶーぶー。揃って無敵な感じの二人が、異世界で仲を深めたり、暴れまわったりする物語。

 鎌池先生のいつものノリも健在。
 現実と異世界を行き来できるせいで問題があったりと、他の異世界チート系とはまた違ったテイスト。少しとはいえ、異世界のものを現実に持って帰ることができるからこそ、発展があり、問題が発生しています。

 その問題を、オークのぶーぶーがベアトリーチェの為に解決しようと奮闘する姿は格好いい。どこかの拳を握って男女平等パンチを放つ自称一般人の高校生のようです。

 ヒロインたるベアトリーチェはといえば、ガチオークだったぶーぶーにショックを受けつつも、その優しい性格に惚れ込み、彼を傷付けようとする者に容赦はありません。そして、オークだけどわりと受け入れオーケー状態。ぶーぶーの家で着替えようとした時に、ぶーぶーが一切覗こうとしなかったことに、もやもやした気持ちになるなど、身体のサイズの問題さえなかればウェルカム状態です。最近の姫騎士は肉食系が多いですね!

 互いの為に行動を起こすキャラクター達は、魅力に溢れています。
 ぶーぶーは、ベアトリーチェの為に。
 ベアトリーチェは、ぶーぶーの為に。
 互いの幸せを祈って行動を起こす関係というのは、理想的。種族の壁は大きいですが、いずれ魔法でどうにかなるでしょう。魔法って万能!

 ■獣臭がする主人公って、新し過ぎる誰特っ!?■

 「くっ殺」しない草食系オークが段々と増えてきておりますが、今作も草食系オークが登場。そも、あまり性に興味がないというか、思考が子供っぽいオークで、見た目小さく可愛らしい。おっと、これは最強剣聖女が可愛いオークを愛でる物語なのかしら? と、思っていたら数ページ後にはガチオークにガチ進化……。


 可愛いぶーぶーはどこにいったの!? しかも、普段は小さいオークになるとかそういう救済処置もないし!


 獣臭もする立派なオークになりましたが、それでもヒロイン・ベアトリーチェの気持ちが変わらないのが凄い。ぬいぐるみ系からリアルオークに変わったら百年の恋も覚めそうな気もしますが、中身が変わらず優しいぶーぶーなら変わらず愛す。素晴らしい聖女っぷりでした。
 まあ、やはり獣臭とか無駄に大きくなってしまった身体には思うところがあるみたいですけどね!

 オークとは思えない純粋なぶーぶーに惚れてしまうのも分かる気はしますが。特に非道も辞さないような者達がいる業界に身を浸けていれば、純粋無垢なぶーぶーには救われるというもの。
 しかも、その実力は人間達では敵わないと言われる【サウザンドドラゴン】を撃退するほどです。見た目さえ伴えば、モテ街道まっしぐらなぶーぶーに惚れても仕方な……いやまあやはりオークは管理人はちょっと、あれですけど。

 □ぶーぶーの素直な性格と、最強を倒す姿に惚れる□

 オーク最強伝説爆誕な電撃文庫「最強をこじらせたレベルカンスト剣聖女ベアトリーチェの弱点 その名は「ぶーぶー」」1巻。

 これ、略称はぶーぶーなのかしら? と、長すぎるタイトルに疑問を持つばかり。

 今作、最終的にぶーぶーと迷宮に挑もうみたいな流れですが、はてさて2巻はどうなるのでしょうか。ぶーぶーとベアトリーチェがどのように迷宮を攻略していくのかが気になります。だいたいぶーぶー無双だったら笑う。

 管理人としては、「パンツ履いてない」ロリババア最強枠の【ストリオーナ】の活躍にも期待したいところ。奔放で横暴な性格をしていますが、仲間思いな部分もあり一番好みですからね。ぶーぶーの為に一肌脱いだところなんてもう……濡れるッ!?


◇関連書籍◇

戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.