SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』1巻感想
  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』6巻感想
  • MF文庫J『14歳とイラストレーター』3巻感想

◇高1ですが異世界で城主はじめました2◇

高1ですが異世界で城主はじめました2 (HJ文庫)
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

異世界で少年は城主へと成り上がる!

古びた地図がきっかけで異世界に召喚されてしまった高校1年生の清川ヒロトは、土地の傲慢な城主から、城を脅かす吸血鬼の退治を押し付けられてしまう。
偶然なかよくなったミイラ族の少女にも助けられて、うまいこと吸血鬼を捕らえたヒロトだが、こんどは城主から濡れ衣を着せられてしまい……?
度胸と度量で城主を目指す、異世界召喚ファンタジー!

◇感想◇

 あらゆるものをストレートに描いた作品。嫌いではない、嫌いではないですよー!
 HJ文庫の異世界ファンタジー「高1ですが異世界で城主はじめました」2巻!
 なにもかもがタイトル通りの内容。タイトルだけで全体の内容を抑えられる作品というのも珍しい。とはいえ、文章系のタイトルはそろそろいいかな、と思っていますが。


 さて、この作品。1巻から変わらず全てにおいてストレートな表現をしています。爆乳とか、巨乳とか、おっぱい最高! とか。胸のことばかり例えに出しているのは、私のせいではありません。だって書かれてあるんですもの! べべ別に私が「ふー! おっぱい最高ー!」とか叫んでるわけではないんですからね!?
 実際、おっぱいだけではないのですが、味方なら味方らしく、敵なら敵らしく、その役割に見合った明確な表現がされています。曖昧な表現を極力削ったイメージです。それが良いか悪いかは置いときまして、私は嫌いではありません。
 全ての事柄を真っ直ぐ、誰にでも分かるように書かれているため、先の展開が読みやすいですが、例え先の展開が読めても楽しく読める作品です。
 人を助けるのも、喜ばれるのも、感謝されるのも真っ直ぐで、読んでいて気持ちが良い。
 好意もストレートで、夜這いとか当然のようにしていますよ。


 昨今、というより昔から複雑な人間関係や、策略、陰謀などといった先が読めない、読み手かすれば難解な作品が好まれる傾向がありますが、本作のように裏も表もない、純粋な作品というのも良いものだと思います。
 たまには、このように頭を空っぽにしても楽しめる作品を読んでもいいのではないでしょうか。

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.