SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ツギクルブックス『おきらく女魔導士とメイド人形の開拓記』1巻感想
  • 電撃文庫『リア充にもオタクにもなれない俺の青春』1巻感想
  • GA文庫『ゴブリンスレイヤー』6巻感想
  • ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』12巻感想


◇ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?1◇


著者:聴猫芝居 イラスト:Hisasi
おすすめ度:★★★☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

残念! ホントに残念な美少女でした! ……俺のリアルなライフが危ない!?

 ネトゲの女キャラに告白!→残念! ネカマでした☆ そんな黒歴史を秘めた少年・英騎が、今度はネトゲ内で女キャラに告白された。まさか黒歴史の再来!? と思いきや、相手であるアコ=玉置亜子は本物の美少女で、しかも、リアルとネトゲの区別が付いてない……だと……!?   英騎は彼女を「更正」させるため、ギルドの仲間たちと動き出すが――残念で楽しい日常≒ネトゲライフが始まる!
(電撃文庫公式サイトより)

◇感想◇

 怖い怖いやばい怖いこれが直結厨……。

 4月からアニメ開始予定だから読んでみたらネットの闇がぁ!? な、電撃文庫「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」1巻感想!

 読む前から相当アレなヒロインだと思っていましたが、想像以上に相当アレでヤバめなヒロインでした……。可愛いは可愛いですが、ヒロインを本気で怖いと思ったのは初めてかもしれません……。ヤンデレこわっ!?

 ■英騎……全くもって亜子との関係を正す気はないのですね■

 ネトゲとリアルは別物であると、最初はあれほど豪語していたのにも関わらず、中盤以降亜子といちゃいちゃするだけのリア充へと成り下がる……。

 おいぃいいっ!? お前ほとんど受け入れちゃってるじゃないの!? あれほどネトゲとリアルは別だと言っていた英騎君はどこに消えてしまったの!? そこまで変わっていいのは、コミックの連載当初と最終話間近で性格からなにからなにまで違う主人公ぐらいのものですよ!?

 まあ、分かりますけどね? 亜子のような可愛い子が、現実でいきなり「貴方の嫁です」とか言って腕に抱き着いてきたらそりゃ――結婚詐欺を疑いますよね? いやほんと。

 そういう疑いを抜きにすれば、デレデレしたくなるのも分かりますだがしかし! もう少し粘って欲しかった。「俺は絶対にネトゲとリアルは同一視しない」という姿勢を貫いて欲しかったぁ! 似たような台詞は最後まで言ってますが、行動が、ね? もう亜子にゾッコンですからねぇ。思春期男子は惚れやすいのが難点ですわ。

 最終的に結衣先生というアダルトルートに進んで欲しいので、英騎君には初心を思い出して欲しいですね。そのルート突入したら、タイトル的にも話的にもこの作品終わりですけどね! いろんな意味で!

 ■メインヒロインが絶望的にヤンデレ過ぎて怖いのですが■

 メインヒロインである玉置亜子が、ネトゲで結婚した西村英騎のことが好き過ぎてやばいというお話ですが、本気でやばいですね。

 最初のうちは、例えネトゲとリアルの区別が出来ていなくとも、笑顔で人懐っこい亜子が可愛くてほっこりしていました。人懐っこい可愛いキャラ好きなのでね、管理人。ええ、問題ありませんでしたとも。

 しかし、読み進めると闇が深くなる深くなる……。
 リアルの教室でゲームのキャラクター名で呼ばれるのも心に相当なダメージを負いますが、いくら偽物だったとはいえカッターを持ち出して、主人公が昔(ゲーム内で)告白した相手を脅そうとするとか、ヤバ過ぎです。
 これ、現実でやられたらきっついどころではないなぁ、と背筋が寒くなりました。

 管理人がこれまでヤンデレヒロインと思っていたのは、亜子と比べたらただのツンデレヒロインだったのかもしれません。デート・ア・ライブの狂三とか。確かに人を殺したりしますが、恋愛面は割とストレートですし、周りの女性をどうにかしてしまおうという思考はありませんからね。そうですか、管理人の知っているヤンデレはヤンデレではなかったのですか。

 そういった奇行さえなければ、子犬系の可愛いヒロインですが……そもそも直結厨な亜子でなければお話にならないというジレンマ。つまり、管理人にヤンデレは早すぎたのです。

 ■王道ツンデレヒロインの瀬川茜とか、斉藤結衣先生は好きなの■

 表向きはオタク嫌いですが、実は隠れオタな茜さんとか、ネットだと少々あざといキャラを演じる結衣先生とかは凄く好きなのです。常識人だから。

 亜子の奇行をまともに諌めてくれ、凄く共感を持てます。いやもう、初登場時は微妙な紹介で終わり、このまま再登場もない脇役で終わると思われた結衣先生でしたが、最終的に超大人な対応で亜子を嗜めるという魅力を発揮。

 子供への配慮を忘れず、しかし大人の目線でしっかりと諭してくれる凄く良い先生です。ゲーム内とはいえ、結衣先生が操っていた「猫姫」に英騎が惚れた理由も分かります。

 そして、王道ツンデレヒロイン茜さん。
 亜子もですが、英騎もなんだかんだと言いつつも亜子との現状の関係にノリ気なので、一番の常識人。表向きはオタクを隠したいという気持ちは凄く理解でき、亜子がクラス内で茜のキャラ名で呼んだ時は、管理人まで肝が冷えました。

 また、ただのクラスメートと、ちょっとしたきっかけによって距離を縮めるというのがまた良い。友達として仲良くなったという感じですが、共通の趣味によって関係が変わり、ゲーム内で培ってきた関係のおかげか、リアルでも長年友達だったかのようなやり取りにほっこり。

 茜はヒロインというようなイメージではないので、このまま主人公の親友路線を突き進んでくれると、管理人としては満足です。

 ちなみに、嫁は結衣先生で。このまま教師ルート一本に絞る方向でいきましょう! タイトルを「リアルの先生は嫁じゃないと思った?」に変更で!

 □ネトゲの恐ろしさが良くわかるラノベ□

 ネトゲとリアルの区別ができないヤンデレさんの恐怖が良くわかる電撃文庫「ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?」1巻。

 やはり、一番怖かったのはカッター(偽)を持って、狂気の表情を浮かべた亜子。このラノベの印象を決定付けるシーンでした。
 そのシーンがアニメになるとどうなるのか……想像しただけで頬が引きつるので、管理人はアニメが始まるまでこの作品を思い出さないようにしようと心に決めました!

◇関連書籍◇

戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.