SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇ようこそ実力至上主義の教室へ3◇


著者:衣笠彰梧 イラスト:トモセシュンサク
おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

季節は夏。期末テストを乗り越え夏休みを迎えた清隆たちに高度育成高等学校が用意していたのは、豪華客船による2週間のクルージングの旅だった。喜ぶ面々だったが、完全実力主義の学校が単なる旅行を計画するわけもなく、船は無人島に到着。そこで本年度最初の特別試験――無人島でのサバイバルが通達される。生活物資は試験用に与えられたポイントで購入可能。だが試験終了まで保持したポイントは2学期からの学校生活にプラスされるという。上位クラスとの差を埋めるため、最底辺のDクラスはポイントの不使用を画策、サバイバルな生活に乗り出そうとするが、特別試験は甘いものではなく――!? 大人気クリエイターコンビが贈る、新たな学園黙示録第3弾!?
(MF文庫J公式サイトより)

◇感想◇

 遂に清隆の本領が発揮されるっ!?

 学内のイベントも始まり、巻を追うごとに面白さが増していくMF文庫J「ようこそ実力至上主義の教室へ」3巻感想!

 コミック連載も開始予定で、アニメ化も秒読みな気がしている今作品。今回は豪華客船での旅行兼特別試験!!
 遂にクラスポイントに関わるイベントが開始し、各クラスの策略や陰謀など、様々な思惑が交錯しているのが読み取れ楽しいです。

 しかし、ストーリーに重きを置いている為か、各キャラクターの魅力を伝えるお話が少ないのがネックでしょうか。特にヒロインの可愛さを伝えるお話が少ないのは、管理人しょんぼんり。

 ■佐倉の照れたり、驚いたりする反応は可愛らしかった■

 ヒロインに焦点を当てる事が少なかったとはいえ、可愛い反応がなかったといえばそんなことはありません。特に、2巻でフィーチャーされた佐倉。

 やばいですね、一気にメインヒロインの座を奪いに来てます。というか、明確に好意を示しているのが彼女だけの為、余計に目立つ。

 清隆と一緒に行動したがったり、清隆に下着泥棒の冤罪が掛かった時は人と話すのが苦手なのにも関わらず、率先して清隆を庇って見せたりもう何このヒロイン凄く可愛いのですが!

 一目惚れであれなんであれ、主人公に対して明確に好意を示すヒロインが1人でもいるのといないのとでは華やかさが違います。つまるところ、1巻2巻に足りなかったのは、恋愛面で羞恥に頬を染めたり、嫉妬するヒロイン!


 恋愛面での動きは鈍いので、これから佐倉には起爆剤として頑張って欲しい。特に管理人としては一之瀬が好みなので、彼女との絡みを早く、早く見たいっ!!

 ■各クラスの陰謀、策略が覗き見えた巻■

 まだ全てとはいきませんが、各クラスの傾向が見え、1巻2巻の突発的な事件とは違った知略による戦いが面白いです。

 ルールの穴を突く奇抜な戦略から、ド安定の戦略。また、クラスを超えた人間関係などなど。これまでの学校のルールを知っていくお話とは違い、学校のルールを知った上で各クラスが知略を持って戦っているのが印象的でした。

 全体的に見ると、やはりDクラスが1歩も2歩も出遅れており、清隆がいなくなればDクラスの敗北は必至。
 4巻以降、清隆のワンマン最強プレイで終わるのか、それとも堀北や櫛田達がクラスに貢献してみせるのか。どのような展開になっていくのか楽しみです。というか、今巻清隆ぐらいしかまともにお話に絡んでこないんじゃが……。各ヒロインのお話をはよ!!

 ■清隆が裏ボスに見えて仕方がない……■

 3巻では、今まで以上に清隆の隠された実力が遺憾無く発揮され、後半の勢いが凄まじく大興奮です!
 まるで、今巻起きた事は全て彼の掌の上だったかのよう。

 結果、清隆の暗躍により、Dクラスがもっとも優秀な成績を残したのですが、その結果に導いたのが清隆だと一部の人間以外には気付かせない手腕がまた凄い。本来の実力を隠しながら戦うとか、燃えるシチュエーションに管理人燃え上がっていますよ!!

 しかし、まるで同学年全員清隆より格下みたいな演出に、清隆が新のボスみたいな気がしてなりません。ほら、あれですよ、ボスを倒したと思ったら実は裏で糸を引いている奴がいたみたいな。それが清隆のポジションに見えます。

 実際、情を切り捨て体調の悪い堀北を利用する辺り、善悪で言うならば悪よりでしょうし。

 □ヒロイン達の魅力をもっと全面に出して欲しい!□

 あらゆる陰謀、策略が行き交うMF文庫J「ようこそ実力至上主義の教室へ」3巻。

 ストーリー重視でお話は凄く楽しめますが、ヒロインの魅力を伝えきれないのが難点。もう少し佐倉や一之瀬の可愛さを伝えるシーンがあったら嬉しいですね。え、堀北? 櫛田? ……メインより、サブヒロインの方が好きになるってよくあると思うの!

 ストーリーの質を落とさず、ヒロイン達にももう少し焦点当ててくれると嬉しいな、と思いつつ特典小冊子を読み直します。特典で、本編と同じ話をヒロイン視点で語ってくれるとか、凄く良い試みだと管理人は思うの。

◇関連書籍◇

戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.