SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』1巻感想
  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』6巻感想
  • MF文庫J『14歳とイラストレーター』3巻感想

◇未踏召喚://ブラッドサイン4◇


著者:鎌池和馬 イラスト:依河和希
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

恭介を待っていたのは、激甘恋人モードの『白き女王』。
ヒミツの水着タイムか、最悪の戦争開始か。

 城山恭介が朝目を覚ますと、あの最悪の未踏級『白き女王』が完璧な新妻モードで手料理を作っていた。そもそも先ほどまで恭介の腕枕で二人は一緒に寝ていたらしい。
 ……絶望してはいけない。世界はまだ終わってはいないのだから。最強召喚師たる恭介は甘えてくる女王を抱えながら、自分が置かれた状況を整理する。
『パンデモニウム』――ブラッドサイン式に代わる召喚方式を成し遂げた世界最大の『匣』であり、神格級や未踏級さえ兵器化する移動要塞に組み込まれた『頭脳』である353人の依代を救うこと……それが彼への『依頼内容』だった。
 いやしかし、どうも様子がおかしい。
 依頼主であるはずの依代が、どこにもいない。どころか、朝起きるまでの自身の記憶が消えている……。恭介は仕方なく『白き女王』と共闘、謎の要塞に挑む――! 時間無制限で贈る『白き女王』のコスプレ七変化に刮目せよ……!
(電撃文庫公式サイトより)

◇感想◇

 白き女王の独・壇・場!! 行け行けゴーゴ女王はラブリー!!

 いつもはっちゃけてますが、今巻ではいつも以上にはっちゃけている白き女王が登場する電撃文庫「未踏召喚://ブラッドサイン」4巻感想!

 公式HPのあらすじから分かっておりましたが、4巻は白き女王の独壇場! まさか恭介と白き女王のペアがこんなにも早く見られるとは……ッ! 管理人感無量です!!

 「未踏召喚://ブラッドサイン」の専用ページも公開され、メディアミックス展開も秒読みか!?
 とかく、白き女王が可愛すぎるのじゃが!?

 ■頭の中が完全にスウィーツ脳な白き女王が可愛過ぎます■

 もう4巻で語ることなど、白き女王以外にあるはずがないのですが。それ以外に語るとか、リーゼントが主人公してるとか、赤の麗人が想像以上に恭介を大事にしていて萌えたとかその程度。わりとあるなと思ったのは秘密。

 しかし、今巻の白き女王の活躍に比べたら語るべからず。やはり、白き女王が最高です!!

 いきなり白き女王とのベッドインから始まり、幾ばくかの戯れもありつつ朝食へ。ちょっとばかり白が多い朝食を恭介が食べて、美味しいと告げられ頬を染めて年頃の少女のように喜ぶ白き女王のなんと愛いこと。

 そして、何故白き女王が白を司るのかが判明!

「それはあにうえの色に染めてもらうためでございます! きゃー☆」
未踏召喚://ブラッドサイン4巻より

 あにうえの色に染めてもらうためとか! 頭の中がスイーツ過ぎてやばい!! けれど、とてつもなく可愛い!!

 終始、頭のネジが1本2本足りない感じで、某嘘つき殺すバーサーカーみたいになっておりますが、どうあれ可愛い。

 頭のネジが外れてようがスイーツだろうが、可愛いものは可愛いのです。いや、むしろ恋する相手以外まるで見えないヒロインの方が可愛いまである。盲目ヒロインが可愛いのと同じ原理。たぶん。

 ■普段は砂糖菓子のように甘く、時に美酒のように誘惑をする女王は美しい■

 屋台巡りという名の腕組みデートも最高なれば、強引にタオルで頭をわしゃわしゃされることすら満更でもない白き女王は至高でございます。


 ――そして、時に恭介を依存させようと甘い誘惑をしてくるのも、魅力的。


 白き女王が動けば全て解決出来るが、その先に待つのは白き女王への依存。そうとは感じさせないよう、甘く、囁くように誘惑してくるのが堪らない。
 管理人であれば簡単に誘惑に乗って跪くまでありますが、鋼鉄の精神を持つ恭介には効きませんでした。

 ともすれば「別に白き女王の手を借りても問題ないのでは?」と、思う場面も多々あり、やきもきすることがあります。
 白き女王を利用するか否かの選択で、利用した場合どうなるのか気になるところ。本当は、恭介の考え過ぎで、そういう道を選んでも問題ないのではないかと思ったり。


 まあ、白き女王と城山恭介がペアを組んで物語が進んだら、そもそも敵がいなくなってしまうんですがね!


 その為、恭介と白き女王の恋人編は最終回までお預けなのです。今巻は体験版的な。

 ■最後はやはり白き女王!■

 4巻のラスボスもまた白き女王。

 ベッドでおはようから始まり、朝食を一緒に取り、デートで屋台を周り、一緒に敵を倒したと思ったら、最後は自身がラスボスとして立ち塞がる。
 ヒロイン、相棒、敵まで全て白き女王とか、ここまで自己主張の激しいヒロインもそうはいないのではないかと管理人は思うの。

 好き好き言いつつ相手を殺そうとするとか、完全に狂気入ってます。けど、そんなところが良いと思うのは管理人だけかしら?

 きっと、管理人のヤンデレ好きは白き女王から始まったのと思いつつ、狂気感じるキャラは前から好きだったなと思い直す。デート・ア・ライブの狂三とか。でも、あの子はヤンデレとは違う気もする。敵対者に残忍なのと、ヤンデレはちょっと違う的な?

 □オール白き女王で大変満足な1冊!□

 白き女王の為に存在すると言っても過言ではない電撃文庫「未踏召喚://ブラッドサイン」4巻。

 ちなみに、白き女王の水着の中で好みだったのはビキニタイプだったなと、告白しておきたくなったので書き綴っておきます。
 急にそんなことを書きたくなるほど、今巻は白き女王一色で管理人は大変満足でした。

 流石に、4巻ほど白き女王の登場シーンは少ないでしょうが、いつも通りちょこちょこ登場して全てを持っていく女王に期待しつつ、5巻を待ち続けます。

 新妻モードの白き女王は最高でした!!!!

◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.