SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想

◇ラストエンブリオ2◇


著者:竜ノ湖太郎 イラスト:ももこ
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

最強の王群“アヴァターラ”出現!大人気シリーズ第2巻いよいよ登場!

アンダーウッドを襲う“天の牡牛”に反撃を始める焔たち。しかし、新たな敵が立ちはだかり!? 一方、箱庭への帰還を目指す十六夜たちの前にも謎の敵が現れる。最強の王群“アヴァターラ”を名乗る彼らの狙いは!?
(スニーカー文庫公式サイトより)

◇感想◇

 イザ兄の格闘技術が高くなってるぅうう! イザ様素敵!

 そろそろスニーカー文庫公式サイトの「トラブル・ファイル」を更新して欲しいスニーカー文庫「ラストエンブリオ」2巻感想!

 「トラブル・ファイル」part.2は春更新予定とありますが、あれ今年のですからね! 来年の春ではないですからね! そろそろ続きをお読みしたのです……。それで本編の発売が遅れたら本末転倒ですがね!

 ■十六夜VS牛魔王の熱いこと! そして、クーちゃんの可愛さが際立つ■

 ミノタウロス攻略から、神様同士の対決、牛魔王登場などなど随分と色々な情報が内包されている2巻。
 管理人の中では、未だに主人公は十六夜なので、やはり一番熱かったのは牛魔王との一騎打ち! 十六夜の実力も上がっており、周囲一体をクレータだらけにする戦いは勢いがあって好きです。環境には全く優しくありませんがね!

 新たな敵(?)の最強の王群“アヴァターラ”のクーちゃんとか、牛魔王が登場し、今回の敵が明確になった様子。
 相手の反応からすると、どうも敵っぽくなく、むしろ味方っぽいのが一層謎を深めています。とりあえず、世界王のクールマちゃんとはどこかで仲良くなって欲しいですね! なんか可愛いし! 十六夜との絡みを見たい!

 2巻の雰囲気からすると、クーちゃん達とは別に敵がいそうな気がします。牛魔王とか、完全に身内枠ですしおすし! 大事な(見た目)幼女枠が敵なわけがない!

 ■今回は天然マシマシジン君と、生真面目マシマシペストちゃんが登場!■

 遂に「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」からタイトルも新たになった「ラストエンブリオ」もやっとこさ2巻目が発売。十六夜や、彩鳥(フェイス・レス)など、問題児シリーズのキャラ達が成長して登場するのは嬉しいですね。

 今巻では、ジンとペストが登場。ジンの顔は見えませんでしたが、身長は随分と伸び、会話からは随分と成長して落ち着いた雰囲気が伺えます。

 そして、ジンの側近としての地位を獲得しているペスト。随分とお変わりなく……と、見た目に関しては絵師さんが変わって印象がちょっと違うかな? 程度ですが、性格は結構変わった気がします。ジンの側近としての立場がそうさせるのか、気持ちしっかりとし、真面目になりましたね。天然な主人に、気苦労が耐えない生真面目メイドみたいです。

 まだ登場していない飛鳥や耀など、2部にて未登場のキャラも大勢いるので、3巻ではその辺りもより多く登場して欲しいですね!

 ■技量増して、まだまだ十六夜無双が続く!■

 イザ兄素敵格好良い!
 武器を持ったりすることもなく、大きな変化はあまりなかった十六夜ですが、格闘技術が上がっていて管理人大興奮です!
 どうやら、蛟劉の模倣らしく、相手の攻撃を受け流して反撃していたりしてました。今までその無駄に頑丈な身体で耐え抜く事が多かったというのに、イザ兄が技までも磨いているとか、もう誰がこの問題児に勝てるのかと……っ!!

 箱庭にはわりと沢山いそうですがね! 牛魔王とか出てきましたしね!

 ■妖艶クイーンもいいですが、生真面目後輩騎士ちゃんもかわいい■

 今回さいかわ(最も可愛かった)は彩鳥後輩。
 生真面目ヒロインが照れる姿って、一撃必殺並みに可愛いのじゃぁ……。
 特に、水着新調の話が上がった時の羞恥姿といえば、筆舌に尽くしがたい! 頬を真っ赤に染めて、慌てる彩鳥後輩超かわゆす! あ、筆舌に尽くしてしまった!

 というか、あの凶悪なお胸様が1年で急成長したとかまだこれからも大きくなるのとか言いたいことは沢山ありますが彩鳥後輩のビキニ姿最高ですね――おっぱいぃぃいいいっ!!

 思わず、どこかの金髪軍人の台詞を使用してしまう程度には、おっぱい最高でした! 本当にありがとうございました!

 □本編? イザ兄とおっぱ――彩鳥後輩で十分ですよね?□

 進んでいるようで、あまり全容が見えてこないスニーカー文庫「ラストエンブリオ」2巻。

 予選のミノタウロスのゲームについては終了を迎えましたが、やはり太陽主権のゲームについては、ちらっとしか明かされておらずお預け。このじわじわと情報を開示してくるのが、焦燥に駆られるというか、じれったく感じるというか。とりあえず、3巻の刊行を早く! と、せっついておきます。

 その間は、イザ兄の雄姿と、彩鳥後輩のおっぱいを楽しみたいと思います! あ、彩鳥後輩のおっぱいとか書いてしまった! でもいいですよね! 魅力的だから!





 ……ちなみに、全然関係ないですが、神や英雄が登場するために、随分と知った名前が出てきました。スカハサとか、アステリオスとか、セタンタとか……。スカハサ師匠ラストエンブリオの方が登場早かったですね! キャラの違いを見ていると、それはそれで楽しいのです。というか、彩鳥はスカハサの弟子だったんですね。驚愕。彩鳥もそのうち全身タイツに!?(ならない)

◇関連書籍◇

【問題児たちが異世界から来るそうですよ?】

【ラストエンブリオ】
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.