SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ツギクルブックス『おきらく女魔導士とメイド人形の開拓記』1巻感想
  • 電撃文庫『リア充にもオタクにもなれない俺の青春』1巻感想
  • GA文庫『ゴブリンスレイヤー』6巻感想
  • ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』12巻感想


◇暗黒騎士を脱がさないで1◇


著者:木村心一 イラスト:有葉
おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

「これはゾンビですか?」の木村心一が贈る第9回龍皇杯優勝作!

暗黒騎士ことエリーは、鞍馬啓治に恋をした。そして、彼もまた暗黒騎士である彼女に恋をしていた。普通なら両思いでもおかしくない二人だけど、エリーは啓治が別の人を好きになったと勘違いをしてしまい??!?
(富士見ファンタジア文庫公式サイトより)

◇感想◇

 この絵師さん知ってるー! エロの人だ――――!!

 思わず絵師さんで購入を決めてしまった第9回龍皇杯優勝作、富士見ファンタジア文庫「暗黒騎士を脱がさないで」1巻感想!

 表紙を見た瞬間に「あれれ? この絵師さんどこかで見たことがあるぞー?」と、某小学生探偵ばりに白々しい疑問を口にして、イラスト担当さんを見たらあれまびっくり! 有葉先生ではありませんか!

 知る人ぞ知る、というかエロいゲームやる人だったら誰もが知っている有葉さんがラノベの挿絵を描いていることに驚きました。そして、暗黒騎士さんの可愛さに撃ち抜かれました。
 なんや、金髪巨乳って、ドストライクやないかー!

 そして、作者様を(購入してから)確認してみれば「これはゾンビですか?」の木村先生ではありませんか!

「これは……当たりですね!」

 と、買ってから確信しました。有葉先生の魔力が、暗黒騎士さんの可愛さが管理人を狂わせる!

 ■暗黒騎士さんはユニコーンに(まだ)乗れる■

 やっとこさ内容についてですが……異世界の暗黒騎士さんは皆地球で普通に生活したい乙女なの? というか、どの子も基本的にエロ過ぎない? というぐらい、エロい。ここに、暗黒騎士≒エロと断言したいほど。

 テンポ良く、ノリの良いギャグはいつも以上にキレッキレで最高でした。センスの高いギャグに何度笑ったか分かりません。
 特に、以下の流れが管理人の中で最高です。

「寝取っただとっ! わ、私はまだ……その……ユニコーンに乗れるわっ!」
「ああ、乗ったろうよ! 角の部分になっ!」
暗黒騎士を脱がさないで1巻より


 ユニコーンに乗れるからの返しがあまりにも上手くてツボに嵌まってしまいました。処女をユニコーンで表現するのも凄いですが、返しで角に乗ったって、酷いっ。

 こんな感じで、ギャグの応酬があまりにも楽しかったです。

 ■暗黒騎士さんはあざと可愛い変態です!■

 やっぱりエロス。エリー(暗黒騎士さんの中)がエロ過ぎる。
 啓治(主人公)の家でお風呂に入って、全裸を晒すのなんてなんのその。無防備に啓治の布団に転がり、肉球柄のおパンツ様をチラチラと見せるあざとさ。
 夕立でずぶ濡れになり、透けるシャツから浮かび上がる胸元&下着へ視線が一直線。

 つまるところ、エリーが凄くあざとエロかったのです! エロかったのです!!
 これで手を出さないというのですから、きっと啓治は悟りの神様かなにかなのでしょう。


 基本、全てがエロいエリーですが、行動はただの変態。
 啓治の匂いを嗅ぎたいとベットにダイブし、お風呂の残り湯はご褒美。彼に裸を晒すことすら厭わないとか、どれだけ好きなのかと。出会って一週間も経っていないはずなんですがね! ラノベだと良くあることですね。

 また、わりとあくどいのが管理人はお好き。
 恋敵がいると知った時は妨害に勤しんだり、履歴書で資格の欄に嘘を書くのを魔歩に勧められてあっさり受け入れたり、やっぱり啓治の枕にダイブしたりと思ったら即・行・動! というのが、読んでいて気持ちが良いです。嘘を突き通そうとする姿勢もまた好み。
 下手に言い訳するより格好良いと思うの!

 けど、やっぱり「愛して欲しい」と口にするエリーは、可愛い。それが全てです。

 □暗黒騎士を脱がしたい!(願望)□

 読めば読むほど、暗黒騎士さんを脱がしたくなる富士見ファンタジア文庫「暗黒騎士を脱がさないで」1巻。

 終始、エリー(暗黒騎士)が可愛過ぎて生きるの辛くなる作品。エロく、あざとく、素直! 全てが揃った暗黒騎士さんは最高です! とりあえず、1つ1つ鎧を剥いでいきたいぃいいいいいいいっ!!

 1巻完結でもおかしくないほど綺麗に締めていますが、続きを読みたい管理人は、エリーのぇろい挿絵を見ながら、2巻発売を願っております! ふんすー!!

◇関連書籍◇

戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.