SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ツギクルブックス『おきらく女魔導士とメイド人形の開拓記』1巻感想
  • 電撃文庫『リア充にもオタクにもなれない俺の青春』1巻感想
  • GA文庫『ゴブリンスレイヤー』6巻感想
  • ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』12巻感想


◇百魔の主3◇

百魔の主 (3) (カドカワBOOKS)
著者:葵大和 イラスト:まろ
おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

“戦乱の寵児”と“魔神メレア”の直接対決! 勝敗の行方は……

レミューゼ王国を目指して逃げる魔王たちに、ムーゼッグ軍が圧倒的な戦力で襲いかかる! ムーゼッグの王子・ セリアスとの一騎打ちでメレアは“力”を封じられてしまい……? 多勢に無勢の戦況を覆せるか――!?
(カドカワBOOKS公式サイトより)

◇感想◇

 主を護る為に、背を向け戦場に立つ魔王達に心躍る。

 「小説家になろう」発異世界転生ファンタジー! カドカワBOOKS「百魔の王」3巻感想!

 フェイト/アポクリファを同人枠とすると、ノベルスの感想を上げるのは初だと思います。多分、きっと。履歴を漁ってないから絶対とは言いませんが。
 最近、文庫ではなくノベルスが勢いを伸ばし、レーベル・作品数共に増えてきました。その為か、管理人がノベルスを読むことも増えてきて、お金が大変なことに! ノベルスはやっぱり高いのよ……。

 ノベルス初感想である「百魔の王」ですが、初なのに3巻という謎。Web版を先に読んでいると、書籍版を読了しても感想を上げる気にならないのがネックなのですよ。人、これを怠慢と呼ぶ。

 というわけで3巻。最初からクライマックスだぜ! という、ぐらい高まっている状態。ムーゼッグとの全面対決。レミューゼの協力も得られ、いざ覚悟を決めて時代に抗おうとした時、メレアを護る為に背を向け戦場に立つ魔王達の格好良いこと。
 やはり、主人公が王や主であるお話は、言葉を交わさずとも仲間が意思を理解し、護ってくれるというのに胸が熱くなるのです!

 魔王なんて汚名がなんぼのもんじゃー! わりゃー、メレア組じゃーぼけー!!

 ■仲間を護る為に、国を護る為に、それぞれの意思を持って戦う魔王や老兵達が格好良い■

 戦闘シーンは派手で、読んでいて楽しいですが、なによりもそれぞれのキャラクターの想いによる行動が心を打ちました。

 今まで逃げることしかしてこれなかったサルマーンが、心通わせた仲間の為に命を賭けてその身を盾とする。
 国と王、そして、名も知れぬ、魔王と呼ばれる者達を守る為に、少数でムーゼッグの大軍に決死の突撃をかけるレミューゼの老兵達。

 そして、魔王達を護る為に立ち戦う覚悟を決めたメレアと、そんなメレアを今度は自分達が守ろうと決意する魔王達。


 戦闘も熱いですが、なによりそれぞれのキャラクターの想いや意思が格好良い!
 戦場という特殊な環境の為か、1巻2巻よりもそれぞれの想いが強く表現されており、それが、ページを捲る手を止められらないほどの興奮を覚えさせてくれます。


 逼迫した戦場だからこそのやり取りに、読み手の感情までも揺り動かされます。

 ■転生系ならではの俺TUEEEは健在なれど、ちゃんと戦う敵はおりますのよ■

 「小説家になろう」発、異世界転生と言えば、チート無双でしょう。異世界転生して、無双しない主人公とかあまり見たことないですし。あるにはありますが。

 当然ながら「百魔の王」のメレアも、異世界転生して俺TUEEEなわけですが、しっかり修行期間があるのはいいですね。最近、楽してチート貰うだけの作品が多いですが、やはりジャンプのように、友情、努力、勝利、エロは大事な四大要素でしょう。…………エロ大事でしょ?

 しかして、俺TUEEEだけでなく、しっかりと戦う相手がいるのもまた良い。一方的な暴力になるのではなく、剣を交え敵と語り合うというのは、誰であれ興奮するものですから。メレアとセリアスとの一騎打ち、語り合いは名場面の一つ。

 最終的には俺TUEEEの無双状態ですが、これから先もメレアですら苦戦を強いられる敵がいると思うと、良い緊張感を持ってお話を楽しめます。


 緊張感なく無双し、困っている人を助けるというのもいいですが、たまには命のやり取りすら行う緊迫した物語も良いものです。

 ■Web版にはなかったハーシム達王様達のやり取りがプラス■

 書籍版で加筆修正されている「百魔の王」。その中には、ハーシムや、セリアス、そして、三ツ国の王達の過去話が増えていました。

 王である立場とは違い、学生らしい幼さの残るやり取りが多かったのが印象的です。特にセリアスがとんでもない負けず嫌いな上、勝つまで再戦を繰り返す子供っぽいところがあるのにはびっくりです。

 Web版もそうですが、現在のセリアスは超人的で、幼さというか人間らしさをあまり見せないため、彼でもこういった面があるのだと知った時には、敵ながら魅力増です。ギャップは管理人の弱点の一つ。

 また、出番が少ない王達のやり取りで、彼らがどんな性格をしているのか少し伺いしることができました。登場することが少ないキャラクターの意外な一面を知ることができるというのは楽しいものです。

 意外な一面といえば、ズーリアのリッカはハーシムに対してなにかしら特別な感情を抱いていると思うのですがどうでしょう? 講義をサボっても一緒に居たいとかそういうことにしか見えないのですが! こういう行間を読むようなやり取り大好きですよ管理人!!

 □緊張感があり、それぞれの想いに高揚し、共感するファンタジー□

 男性も女性も味方には素敵な魔王しかいないカドカワBOOKS「百魔の主」3巻。

 ここで第一部完結。恐らく、Web版に載っていたちょっとした後日談は挟むと思いますが。多分、きっと、挟みますよね?
 そして、このままWeb版通り進行するのであれば、お話は芸術都市〈ヴァージリア〉へ。<魅惑の女王>ジュリアナが大好きなので、“まろ”さんの美麗な彼女のイラストを早く見たいものです。

 Web版を読み、ジュリアナがどんなイラストで登場するのか期待しつつ、4巻を待ちたいと思います。
 ……そういえば、メレアについて30分も語ったフードを被った魔王って誰なのかしら? 未登場?

◇関連書籍◇

百魔の主 (FUJIMI SHOBO NOVELS) 百魔の主 (2) (FUJIMI SHOBO NOVELS) 百魔の主 (3) (カドカワBOOKS)
戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.