SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』7巻感想


◇新約 とある魔術の禁書目録13◇


著者:鎌池和馬 イラスト:はいむらきよたか
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

地球滅亡をかけた、上条当麻と御坂美琴のチェイスバトルが幕を開ける――!

 上条当麻は、疾走していた。
 ハイテク自転車『アクロバイク』で、学園都市を逃げ回る。背中には、彼の腰にしっかりと手を回し、振り落とされないようにしがみつく御坂美琴の姿があった。
 ――二人の背後から、『巨大な闇』が迫る。
 その『闇』は、次元すら超越するほどの圧倒的な破壊の力で、上条を追う。
 今度はオティヌスのように和解はできない。
 サンジェルマンのような『紛い物』でもない。真の魔神、真のグレムリンが迫り来る。
 もはや上条や美琴では太刀打ちできない。万策尽きた二人だが、しかしそこに意外な人物が救いの手を差し伸べ……!
 同じ時。上条に背中を預けながら戦う美琴の胸中にはどこか穏やかでない『彼への想い』がくすぶり始めていた……。
 地球滅亡をかけたチェイスバトル! 『グレムリン:魔神襲来』編、登場!
 科学と魔術が交差するとき、物語は始まる!
(電撃文庫公式サイトより)

◇感想◇

 魔神戦が延々と続くと思っていた管理人|・ω・`)ノ

 前回の美琴のターンっていつだったかしら? と考えてしまう程待ちました電撃文庫「新約 とある魔術の禁書目録」13巻感想!

 美琴が可愛いのは美琴のターンなのだから当然として……随分と遠いところにきてしまった「とある」。いやでも、まさかあれだけ「魔神きたやべー!」という引きだったのに、1冊で終わらすとは思いもしませんでしたよ。インフレぱねーっす!

 ■白いワンピースで自転車二人乗りとかいつの時代ですか■

 今巻、魔神との戦いですが、そんなものどうでもいいとばかりに美琴の事ばかり語り始める管理人です。

 自転車を二人乗りして「ぽやー」っとする美琴さんとか凄く可愛い! 無印「とある」を思い出すと、心の中とはいえ、ここまで気持ちを素直に表すようになり、気持ち的には随分と成長したんだなーと、しみじみ。

 始めは偶然道端で出会うような関係から、命を救われ、自分からも関わるようになり、そして、当麻への気持ちを自覚して……。
 とあるの時系列だとそこまで時間は経ってないでしょうが、我々読者からするとここまでくるのに何年掛かったことやら。

 長かったわりには、未だに当麻へ気持ちを伝えられていないのですから、ラノベの恋愛って異常に重いな、と考えてしまいます。下手すると現実の結婚より重い。
 これが、ギャルゲーだったら一体どれだけのカップルが誕生しているか、想像することもできませんね! 18禁だったら子供ができる年数は経ってますわ!


 まあ、随分遠いとこまできてしまった気もしますが、なにより自分の気持ちに素直な美琴ちゃんが可愛かったです、まる。

 ■学園都市第3位で戦力外とか、科学サイド勝てないじゃないですかー■

 戦力外通告、学園都市第3位御坂美琴。

 オティヌスの時に一緒に戦ったかと思えば、直様戦力外扱い。状況の変化が異常に早いです。
 単純な戦力でいえば、当麻よりも美琴の方が高いはずなのですが、もうそんなレベルで語れるほど当麻の敵は優しくなくなってますからね。ほぼほぼ、概念だけで話し合ってますし。

 神様を倒すためにはどうすればいいか、という倒し方から探すとか、ただそげぶすれば済む話ではなくなっていますから。今巻の話は「カンピオーネ」を彷彿とさせます。

 当麻の隣で一緒に戦いたい美琴からすれば、当麻の隣にいるだけで邪魔にしかならないというのは、相当堪えたでしょう。
 しかも、敵の強大さだけでなく、当麻がさらに次のステージへ進もうとしている片鱗を見せているのですから、心の折れようも半端ではありません。

 当麻の隣で一緒に戦いたい美琴としては、現状の無力な状態で当麻に告白などしないことは明白。
 そうなると、どこかで力の底上げをしてきそうな気もするのですが、それは一体いつになるのやら、と遠い未来に思いを馳せます。

 一美琴ファンとしては、当麻の助けになった上で、真正面から恰好良く告白してほしいものです!

 ……余談ですが、最近最低でも1冊1行は話題に上がる食蜂さん。14巻も話題に上がるのか気になります。

 □平凡な高校生なぞこの世界には存在しないのです□

 当麻の幻想殺しから何かが出てきそうだった「新約 とある魔術の禁書目録」13巻。

 遂に新たな力に目覚めるのかしら!? と、ワクドキしながらも美琴にばかり目がいってしまいました。
 次の巻はオティヌスがヒロインかな、と思いつつも、そう素直な読み通りいかないよなー、と思いつつ、14巻を待ちます。

◇関連書籍◇

【新約 とある魔術の禁書目録】

【とある魔術の禁書目録】

【とある魔術の禁書目録 SS】
戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.