SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想

◇イチから始める最強勇者育成1◇

イチから始める最強勇者育成 毒の沼を泳いで渡る彼女たちを勇者にするのは間違っているだろうか (富士見ファンタジア文庫)
著者:琴平稜 イラスト:れい亜
おすすめ度:★★★☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

伝説の勇者が挑む、お願いだから育成させてください系コメディ!

最強と謳われし勇者クロノスが授けられた使命は魔王討伐――ではなく、新米勇者3人娘に魔王を倒させること。スライム相手に全滅しかける上、奔放すぎる彼女らを導くために、クロノスはあの手この手を繰り出すが!?
(富士見ファンタジア文庫公式サイトより)

◇感想◇

 この作品は、きっとボケとツッコミでできています。

 「勇者リンの伝説」の著者である琴平稜先生が紡ぐ、新たなポンコツ勇者の伝説「イチから始める最強勇者育成」1巻感想!

 毒沼は、毒消し草がない時には泳いでいけないと教えられる作品。伝説の勇者である苦労人クロノスの奮闘に涙なしで読めませんでした。
 クロノス、君は頑張っていますよっ。

 ■ほぼ全ページ漫才! チーム「ポンコツ女神に選ばれたポンコツ女勇者達 ~伝説の勇者は下働き~」■

 新たな勇者の伝説がここに始まる……っ! と、勢い込んで始まったのは、ポンコツ勇者達の命を賭けたボケを、どうにかフォローしようとツッコミを入れつつあの手この手で助ける伝説の勇者のギャグ物語。

 魔王を倒すとかそんな目的はあってなきが如し。むしろ、味方のポンコツ勇者3人が今作の敵なんじゃないかと疑ってしまいます。主人公であるクロノス、基本的にモンスター瞬殺レベルの超人なのに、ポンコツ勇者達の相手をする方が疲れてますからね。間違いない、敵は天然ボケの勇者達!

 クロノス以外のメインキャラクターのほぼ全てがボケであり、1巻丸々ボケとツッコミに使用しているといっても過言ではないほど。
 ボケとツッコミの応酬のためか、話自体は軽快に進み、スラスラと読めます。その分、ストーリーが薄いので、ストーリー重視の方は好みではないかもしれません。

 ■伝説の勇者は縁の下の下僕。陰ながら馬車馬の如く働くのです!■

 ポンコツ勇者達を育てようと、伝説の勇者が奮闘するという、所謂最弱から最強を目指す育成系の要素が強い「イチから始める最強勇者育成」。しかし、ポンコツ勇者達の成長よりもクロノスの裏方作業の方が面白い。

 勇者達のレベルでは倒せない近場のモンスターを狩り尽くし、勇者達が倒すモンスターにはお金やアイテムを無理矢理持たせて倒した時にドロップするよう徹夜で下準備をするクロノス。

 無駄にプライドだけは高いポンコツ勇者達が冒険に飽きないよう、日夜奮闘する姿は、クライアントの無理な要望に応えようとするデスマーチ中のゲームクリエイターのよう。というか、伝説の勇者がポンコツ勇者達を成長させるために裏方に徹する姿が物悲し過ぎて笑ってしまいます。もうね、クロノスが戦ってしまえと。

 しかも、そうしたクロノスの努力の結果、勇者達は、最弱のスライムすらまともに倒せないポンコツのまま。どう考えても過保護にし過ぎです。愛娘かっ!
 とりあえず、毒沼はプールではないと教えるところから始めないといけません。……この世界、魔王に侵略されて終わる気がします。女神のポンコツぶりを見ていると、魔王に支配された方が上手くいきそうな気がするまである。

 □もう少しストーリーを濃くしてほしい□

 戦闘よりも、キャラ達の掛け合いと、クロノスの苦労を見て楽しむ「イチから始める最強勇者育成」1巻。

 ストーリーよりもキャラ達の掛け合いを楽しむギャグラノベ。2巻ではメインがシルフィーかライアになって、似たような展開になるではないでしょうか。つまるところ、掛け合いに飽きると続きを読めなくなるタイプ……。

 もう少しストーリーに厚みを持たせると、より面白さ倍増だと思われるので、2巻では敵キャラとか目的とか色々な要素を増やしてストーリー面を強くして欲しいと願ってやまないです。

◇関連リンク◇

なし

◇関連書籍◇

イチから始める最強勇者育成 毒の沼を泳いで渡る彼女たちを勇者にするのは間違っているだろうか (富士見ファンタジア文庫) イチから始める最強勇者育成 (2) 王道という概念が存在しない厄介な勇者王座決定戦 (ファンタジア文庫) イチから始める最強勇者育成 (3) 最低ランクの新米勇者たちが半年でレベルを20上げて世界を救った話 (ファンタジア文庫)
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.