SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ツギクルブックス『おきらく女魔導士とメイド人形の開拓記』1巻感想
  • 電撃文庫『リア充にもオタクにもなれない俺の青春』1巻感想
  • GA文庫『ゴブリンスレイヤー』6巻感想
  • ガガガ文庫『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』12巻感想


◇デート・ア・ライブ12◇


著者:橘公司 イラスト:つなこ
おすすめ度:★★★☆☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

暴走した士道を止めるため、デレさせろ!?

これまで封印してきた精霊たちの力がオーバーヒートして、暴走状態になる五河士道。最悪の事態を避けるため、精霊たち全員で士道にキスをしようとするのだが……。いつもとは違う士道に振り回され――!?
(富士見ファンタジア文庫公式サイトより)

◇感想◇

 遂に男を攻略するのですね……(遠い目

 映画化も決定し、未だに人気の衰えを知らない富士見ファンタジア文庫「デート・ア・ライブ」12巻感想!

 12巻は驚きの男を攻略――もとい五河士道攻略。
 こんな展開を誰が予想できでしょうか!? 我ら読者は未踏の地へ足を踏み入れたのです! とか、適当に煽りつつ、今まで助けられたヒロインズに、逆に主人公が助けられる展開は珍しくないと思ったり。

 面白くはありましたが、伏線を小出しにしすぎて足踏みしてる感が否めなくなってきた今作。13巻ではもう少し本筋のストーリーが進んでくれることを期待したいです。

 ■誰が1番可愛かったって? 士織ちゃん(女体ver)です■

 半ば予想された五河士道攻略。管理人としては、カラー挿絵でおしりを突き出して、女の子の花園を片手で隠している士織ちゃんの姿で攻略してくれた方が嬉しさ百倍。けど、神の意思か男状態での攻略。神は死んだ!!

 士織ちゃん攻略はなかったですが、士道を攻略するために、可憐な精霊達が様々な手練手管で士道をデレさせようとするのは、読んでいて楽しかったです。
 まー、正直に言えば今までと何が違うの? という疑問もありますが、精霊達が可愛かったので気にしません。特に八舞姉妹のアイスはやばかったのです。あの食べ方は反則や……。

 他の精霊達も士道をデレさせようと奮闘し、水着を脱いだり、薬を盛ろうとしたり、歌ったりと、士道を想い、様々な形でスキンシップを図ります。
 しかし、残念なことに狂三はいなかったのです。ええ、本当に残念なことに。登場はしているのですが、士道攻略に挑んだのは、これまで攻略された精霊達のみ。くっ、だからあれほど狂三を攻略して下さいと頭を下げたのに……っ!!

 狂三が士道を攻略しようとするとどうなるのか、果てしなく気になります。
 今回、管理人の心臓にクリティカルヒットしたのは、士織ちゃんの艶姿ですがね! ねえ、知ってる? 今回の士織ちゃん、女装ではなく、本当の女の子仕様なんですよ?

 ■「奥義! 瞬・閃・轟・爆・破」考えたの誰ぇっ。お腹痛いっ■

 まさか、士道がかめ○め波を放つとは思いませんでした。名前は「瞬閃轟爆破」らしいですよ。カッコウイイデスネー。

 というかこれ考えたの誰!? 橘先生!? 本当!? デート・ア・ライブは中二病満載ですが、これはかなりやばめの奴ですよ。腹筋破壊兵器といってもいいほど。そして、まさかの1巻で登場した士道の黒歴史の技名だったというオチ。
 こんなんあとがきで橘先生が書いてくれなければ、思い出すこともできませんでしたよ!

 今までシリアス系な見開きばかりだったのに、ここにきてネタとして使うとは……。できれば、今巻限りの手法であることを願います。二度目があったら、管理人の腹筋が六つに割れてしまうので。

 □そろそろ本筋のスピードを上げてほしい今日この頃□

 萌えあり、ネタありの「デート・ア・ライブ」12巻。
 士織ちゃんや、奥義などなど面白い部分は多かったですが、そろそろ伏線回収スピードを上げて欲しい。もしくは、狂三を攻略して欲しいと切に願うばかり。

 楽しくはあっても、本筋のお話が進まず、やきもきしてしまいます。
 士道と精霊達がイチャイチャしていれば満足! という、紳士の方々なら不満もないでしょうが、ストーリーを重視している方には物足り巻でしょう。

 13巻ではもう少しお話が進むことを期待しつつ、士織ちゃんのカラー絵をペロペロもといじっと穴が空くほど眺めてきます。へ、変態じゃないんだからね!? 紳士なんだからね!?

◇関連書籍◇

【デート・ア・ライブ】

【デート・ア・ライブ フラグメント デート・ア・バレット】

【デート・ア・ライブ アンコール】

【デート・ア・ライブ マテリアル】
戻る



| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.