SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想

◇ラストエンブリオ1◇


著者:竜ノ湖太郎 イラスト:ももこ
おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

“少し”特殊な力を持った少年少女の集う カナリアファミリーホームで暮らす西郷焔、 彩里鈴華、久藤彩鳥。三人はある日突然、 異世界に召喚され、現実世界をも巻き込む神魔の遊戯・ギフトゲームに巻き込まれ!?
(スニーカー文庫公式サイトより)

◇感想◇

 帰ってきたイザ兄ぃぃぃぃいいいいいいっ!!

 タイトル、ナンバリングを新たに帰ってきましたスニーカー文庫「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」改め「ラストエンブリオ」1巻! (仮)は付きませんでしたね!

 新キャラ、新たなゲームなどなど様々な問題が起こり、そして、旧問題児シリーズのキャラクター登場と胸熱な展開続き!!
 イザ兄の登場シーンとか、お約束ですが格好良すぎますわぁああああああっ!! キャー、惚れる! イザ兄格好良いっ!! でも、挿絵は超コワなのぉ(ガクブル

 ■今作は、ダブル主人公でお送り致します■

 熱い始まり再来! 今巻からは逆廻十六夜と、西郷焔のダブル主人公でお話を進めていくようです。
 十六夜が最強系主人公なら、焔は知略に富んだ主人公のようで、そこを上手く使い分けています。

 十六夜はほとんど自分一人でどのような難題も解決してしまうの対し、知略のみに秀でている焔は周りの力を借りつつ、難題を解決していくように思います。旧問題児メンバーはどのキャラも1対1で戦うキャラばかりでしたので、常にチームとして行動し、戦闘するであろう焔組の活躍に期待です。

 でも、やっぱり爽快な無双が問題児らしいので、十六夜が唯我独尊する姿も見てみたい。
 それを考えると、ダブル主人公というのは、第1部までの色を残しつつ、新たな色を加えるのに適しています。
 けど、その分視点があっちこっちに飛ぶので、そこを上手くまとめないといけません。そして、主人公が2人なので、必然的に文量は増加。そこら辺、上手くやっていけるのかは不安が残ります。

 常識人の面が強い焔であり、女性に対しても普通にドキッと胸を高鳴らせているため、十六夜よりもボーイミーツガールな展開を期待。十六夜、照れるシーンも何もなく、色恋に発展する展開ほぼ皆無でしたからね……。問題児シリーズは大好きですが、ラノベの恋愛大好きな管理人としては、もう少し恋愛色を強くしてもいいと思うのです。

 というわけで、彩鳥とか、鈴鹿とか、はたまた女王とかと上手いこと萌える展開を焔君に期待します!
 十六夜はそのまま無双してて下さい。新しい力も手に入ったようで、最強っぷりに磨きが掛かっているようですしねおすし。

 ■イザ兄こっち向いてぇええええええっ!!(必死■

 イザ兄格好良すぎるんですけどぉおおおおっ!!

 ということで、妙に十六夜の登場が格好良すぎた件です。
 いや、本当に格好良い。
 焔がミノタウロスに殺されそうになっているところを、颯爽と現れて助け出すとか、どこの王道ラノベですか最高です!

 しかも、登場した時、

「………テメェ。人の弟に何しやがる」
ラストエンブリオ1巻より

 と、憤怒を顕にしてミノタウロスに告げたんですよー! これが格好良くなかったら、格好良いという言葉なぞこの世に存在しないと言い切れるほど。
 
 やはり、どんなに傍若無人でも身内を大事にするキャラクターというのは良いものです。最強系主人公が好かれる理由の1つでしょう。

 ■主人公よりもヒロインが強いのもあり■

 焔に集う新たなヒロイン勢がまた魅力的。
 十六夜達と違い、常に一緒に行動しそうなのもいいですよね。おそらくですが、焔側で実際に戦うのは、鈴華と彩鳥がメインとなることでしょう。


 彩里鈴華は、快活で、行動的な少女。
 焔のことを姉弟《ブラザー》、逆に焔からは兄妹《シスター》と気軽に呼び合うぐらいに信頼しています。
 わざわざ、漢字を「姉弟」、「兄妹」と使い分けている辺り、どちらが兄とか姉とかそういう意識はないのかもしれません。もともと孤児で、年も近いから、というのも関係しているのでしょうか。


 そして、剣技を嗜むお嬢様、久藤彩鳥……。
 いったい、どこのフェイス・レスなんですかね……(白々しい
 まあ、そこら辺は旧問題児12巻で発覚していましたので、あまり新鮮味はありません。
 色々と能力は落ちており、彩鳥無双! というわけにはいかないみたいですが、管理人としてはフェイス・レスがヒロインに昇格しただけでも嬉しい。

 1つ無茶を言うならば、惚れた男に仮面を外し欲しかったです。こう、「貴方なら信頼できる」みたいな感じで、仮面と一緒にフェイス・レスの心の壁を取り払って欲しかったぁっ!! 気持ち悪いとか言わないで下さい!


 正直に言いましょう、管理人は両方大好きです! 信頼し合った関係を気付く鈴華も、後輩お嬢様、彩鳥も大好きです!
 ならば、ならばこそ、今回こそは恋愛色も出してきましょうお願いしますと懇願するばかり!! そして、最後に立ちふさがるのは頑固親父役の十六夜。
「お前に焔はやらねーよ」
 みたいな感じで、鈴華、または彩鳥の壁として立ちはだかるのが良いでしょう。あ、よくない? そうですか。


 ……ま、大本命は次ですがね。

 ■女王様愛してます! 結婚して下さい! むしろ、踏んで!!■

 旧問題児シリーズで、名前だけは登場していた太陽の女王“クイーン・ハロウィン”が遂に登場!

 正直、クイーンは20代後半ぐらいの大人びた容姿だと思っていたのですよ。女王という印象が、そういった先入観を持たせていました。
 それがどうですか! 10代後半程度の幼い容姿。相手を誘惑するように谷間を見せつける服装に、底知れぬ危険な妖艶さ。

 そして、傍若無人に、自身の悦がために行動する快楽主義。

 惚れないわけがないでしょう……っ!!

 危ないと理解していても、綺麗な華には触れたくなるもの。いや寧ろ、危ないからこそ触れたくなるのが人間というもの。
 まだまだ登場シーンも少ないですが、2巻では色々と暴れてくれそうです。十六夜、焔、どちらの主人公にも関わっているようなので、今後のクイーンから目が離せません! 決して、大胆に露出した大きな胸から目が離せないわけではありませんからねっ!?

 □語り足りぬがここらでやめておきましょう□

 新たなタイトル、ナンバリングということもあり、新しい要素と今までの要素が絡み合い楽しさ満載の「ラストエンブリオ」1巻!

 黒ウサギのロリ化とか、今後のストーリー予想とか語りたいことはまだまだありますが、既に相当書いてしまったので自粛。「ラストエンブリオ」2巻の発売が3ヶ月後ぐらいだと嬉しい管理人です。



 ちなみに、エンブリオは胚という意味で、出産まで母体に入っている赤ん坊のことを指すようです。「ラストエンブリオ」。さて、一体何が生まれるのでしょうか?

◇関連書籍◇

【問題児たちが異世界から来るそうですよ?】

【ラストエンブリオ】
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.