SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』1巻感想
  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』6巻感想
  • MF文庫J『14歳とイラストレーター』3巻感想

◇ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4◇


著者:大森藤ノ イラスト:はいむらきよたか
おすすめ度:★★★★☆
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

【剣姫】アイズが主役の外伝最新第4弾!
「どうして君は、そんなに早く、強くなっていけるの?」
「……何がなんでも、辿り着きたい場所があるから、だと思います」
「私も……」
 ──悲願がある。辿り着かなければならない場所が、遥か先の高みにある。
ついに始まる未到達領域59階層への挑戦。
 これは、もう一つの眷族の物語、
 ──【剣姫の神聖譚】──

◇感想◇

 ベル・クラネルの価値が高ま――ティオナの出番うぉおおおおおおおっ!!

 大好評アニメ放送中の「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア」4巻!

 本編の補完として読めるということで、本編に関わりそうな部分を中心に一気読みして4巻まで辿り付きました。
 ミノタウルス討伐にて第一級冒険者にすら認められるようになったベル君の扱いが凄いですね。レベル1とは思えません。

 本編を別視点でも楽しめるというのは、新たな発見があってとても楽しいです。

 ■【猛者】対【剣姫】の対決が凄まじい■

 外伝なのに本編よりも濃いストーリー展開をしているソード・オラトリア。
 その中でも今巻では、【猛者】オッタルと【剣姫】アイズの対決に大興奮です!

 レベル1の差が絶望的な差を生み出す「ダンまち」。その中で唯一のレベル7であるオッタルと、都市最強の一角であるアイズの対決は見もの以外のなにものでもありませんでした。

 最強同士の戦いというのは、やはり胸が熱くなります。
 しかし、本編でベルが最終的に乗り越えなくてはいけない壁だと思っていたオッタルが、先にアイズと戦うのは予想外でした。

 勝負の決着を付けることはなかったので、いずれ訪れるであろうベルとオッタルの戦い、その前哨戦といったところでしょうか。
 前哨戦にしてはいやに豪華ですがね!

 ■純粋無垢なティオナが好きです■

 はっきり言いましょう。もうティオナをヒロイン枠に追加しましょうよ! ね!? 皆絶対喜びますって! なにより管理人が超喜びますから!

 そんなことを叫びたくなるほどティオナが好きで、少しですが4巻でも登場してくれたのは嬉しいです。

 もっとも純粋に、ベルを英雄として見ているティオナ。自分より格下であるとかそんなことは関係なく、純粋な気持ちでベルを英雄のようだと語る彼女は本当にもう最高です。
 ミノタウルスを倒したベルを、我がことのように話すティオナの姿を想像すると……っ!! 胸が張り裂けそうです。ティオナ可愛いですよティオナ!


 正直、ティオナが抱いている感情がただの憧憬なのか、それとも恋まで発展しているのかはわかりませんが、管理人としては後者に至ってほしいです。
 というか、次の巻ぐらいでもっとベルと絡んで欲しいんですよ! あれだけベルのことを好意的に見ているのに絡み少ないとかもうそろそろ管理人の我慢の限界なのですよー!?

 ■高まるベル・クラネルの価値に大興奮!■

 正直、ベルの価値がここまで第一級冒険者の中で高まっているとは思いませんでした。

 それぞれ、ミノタウルスを倒したベルに何かを思い、感じ、影響されています。
 ロキ・ファミリアの面々が追い詰められた時のフィンの一言は、ベルの影響がどれほど凄まじいかを物語っています。


「それとも、ベル・クラネルの真似事は、君達には荷が重いか?」
ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4巻より


 この一言で、アイズ達第一級冒険者達が歯を食いしばり立ち上がるのだから、どれだけベルの影響力が凄まじいか伺えます。
 しかし、真似事って。フィンは皆を煽るために口にしたのでしょうが、それでもその一言で煽れると思う程度には、ベルのことを買っているのでしょう。

 本人の預かりしあらない所でとはいえ、実力を買われるというのは嬉しいものです。
 管理人としても、読んでいて誇らしい気分になりました。主人公が認められると嬉しい病の巻。

 □ティオナの出番をもっと頂戴!!□

 ティオナの出番がもっと欲しい「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア」4巻!

 次に発売するダンまち8巻では、彼女の活躍を期待したいと思います。いやもう、ほんとそろそろ出番増えてほしいのです。

◇関連書籍◇

【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか】


【ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか ソード・オラトリア】
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.