SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想

◇クロックワーク・プラネット1◇


おすすめ度:★★★★★
※おすすめ度最高は★5つ。例:★3つの場合は★★★☆☆という表記となります。

◇あらすじ◇

 ――唐突だが。世界はとっくに滅亡している。死んだ地球のすべてが、時計仕掛けで再現・再構築された世界――“時計仕掛けの惑星”。落ちこぼれの高校生・見浦ナオトの家に、ある日突然黒い箱が墜落する。中にいたのは――自動人形の少女。「あんな故障一つで二百年も機能停止を強いられるとは。人類の知能は未だノミの水準さえ超えられずにいるのでしょうか――?」榎宮祐×暇奈椿×茨乃が共に紡ぐオーバーホール・ファンタジー!

◇感想◇

 自動人形(オートマタ)のリューズがS可愛い!
 地球が寿命を迎え、世界が滅亡してしまった後のお話。死んだ地球の全てを、時計仕掛けで再現・再構築された”時計仕掛けの惑星(クロクワーク・プラネット)”と呼ばれる世界が舞台となります。
 表紙に描かれたリューズという自動人形に惹かれて購入しましたが、もう表紙通り可愛いというか、あらすじに書かれている通り人類をノミ扱いするドSというか、とにかくリューズが好み過ぎました。
 主人公の見浦ナオトを含めた全ての人類に対して毒舌を吐くのですがが、ナオトに対して恋愛感情を抱いており、膝枕をしたり、あーんっとご飯を食べさせて上げたりと、唯一彼にだけは甘甘な態度見せてくれます。
 主人公にだけ優しく、他には冷たいというのとても私好みで、読んでいて思わずニヤニヤしてしまいました。
 リューズだけでなく、主人公のナオト、時計技師のマリー、マリーの護衛の元軍人ハルターと魅力的なキャラクターが濃厚な世界界をより輝かせ、最後まで楽しく読むことができました。

 リューズちゃんが可愛過ぎて、あまり内容に触れられていませんが、キャラクターだけでなく、”時計仕掛けの惑星”という壮大な舞台を生かした物語になっています!
 ライトノベルが好き! という方には是非ともおすすめしたい1冊です!

 まとめとしては、毒舌リューズちゃん超可愛いなのですけどね!

◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.