SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想

ガーリッシュナンバー番外編「酔いどれ万葉と想い出ガシャ」感想


 万葉と悟浄は過去に出会っていたっ!? 万葉がヒロインワンチャンあると思います!

 業界に喧嘩を売っていくスタイルで有名な「ガーリッシュ ナンバー」。「千歳クズ可愛いなぁ」と毎週楽しんで視聴しております。
 11月30日発売の「電撃G's magazine 2017年1月号」の付録「DENGEKI G's NOVEL」にて、万葉の番外編が載っていたのですが、

「これはヤ・バ・イ!」

 と、興奮冷めやらぬ気持ちをこうして書き上げてしまいました。気持ち悪いって? それは日常だからセーフ!!

 というわけでガーリッシュナンバー番外編「酔いどれ万葉と想い出ガシャ」感想!

 もうね、万葉がヒロインでいいのではないかと思わせる番外編。悟浄君とこんな関係だったらがいいなぁ、という理想が見事に詰め込まれていましたとも!

 ■尊敬する先輩声優烏丸さん■

 やはりというか、万葉は昔から悟浄のことを知っていた様子。それは一方的なものであり、悟浄は知らないようですが。

 苑生桜といった大先輩達の目がある現場でも引かず、妥協しない役者然とした悟浄の姿を格好いいと感じ、収録現場で一方的に見ているだけの関係ながら、様々な表情を魅せる悟浄から目が離せない万葉。

 憧れの先輩を遠くから見ている健気な後輩という印象で、現在の意識高い系女王様がこんなにもしおらしかったのかと思うと更に良い。過去にこんな邂逅があったというだけで、ヒロイン昇格間違いなしだと管理人は思うわけですよ。
 千歳? そろそろフィードアウトしそうというか、ヒロインなのか疑っていますが何か?

 ■恋ではないにしても、好意・尊敬は抱いていそう■

 役者としての仕事をしたいと考えて上京した万葉ですが、その気持ちを確固たる想いまで育て上げたのは、少なからず悟浄君の影響がありそう。アニメ第6話で水着の撮影を承諾したのは“悟浄君に説得されたから”というのが今回の話で明らかになりましたし。未だに、彼に対して何か思うところがあるのでしょう。

 その気持ちを「恋」と安易に決め付ける気はありませんが、何かしらの好意や尊敬は未だに持ち続けていそうです。今回で明らかになった悟浄との過去。悟浄に抱いていた万葉の感情。そこから一歩進んで、万葉が今の悟浄に抱く感情を訊いてみたい。

 とりあえず、二人だけで飲みに行く話を読んでみたいですね。緊張して言葉が出てこない万葉ちゃんなどといった新しい可愛らしい一面が見られるかもしれません! 困ったように笑う悟浄君が目に浮かびます。

 やはり、昔から相手のことを知っており、どういった意味であれ好意・尊敬を抱いていたというのはヒロインとして大きなアドバンテージだと思うの。
 最近、クズ過ぎて見てられない千歳より何倍もヒロイン力高い。いや、千歳も悟浄のことを昔から知っているし、好意・尊敬も抱いているだろうけど、普段の態度を見ているとねぇ、ちょっと、ね?

 ■百花ママが意外とお茶目で可愛い■

 万葉から話はズレますが、悟浄君が百花の母である苑生桜と面識があったのはなんだか意外でした。いや、可能性としてはありましたが、仲良さそうに話していたのが意外というか、冗談にしても当時小学生だった百花を紹介しようとしたりとか桜さんお茶目ですね?

 もし、悟浄君が未だに声優を続けていたら、桜さんともっと仲良くなり、個人的に百花を紹介されていた未来もあったかもしれません。桜さんに気に入られる素地はあったように見受けられるので。

 もう、こうなったらside.百花とside.万葉も誰か作ってくれませんかね? 凄く読みたい。アニメの時系列まで声優を続けている悟浄君と、百花や万葉との新しい関係……気になります。

 □やっぱりヒロインは万葉様□

 アニメではお酒に弱く、訛りが出るなどといった可愛い面が表に出始めた万葉。そんな万葉の新たな魅力が際立ったガーリッシュナンバー番外編「酔いどれ万葉と想い出ガシャ」感想。

 ここまで可愛い万葉様がヒロインでないわけがない。ということで、やはりside.万葉が制作されることを期待したい。実際にありえそうなのは、ゲーム「ガーリッシュナンバー」かしら?

◇関連書籍◇

【小説 ガーリッシュナンバー】

【コミック ガーリッシュナンバー】
戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.