SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想
アニメ「クオリディア・コード」4話感想

◇各話タイトル◇

第4話「炭鉱のカナリア」

◇各話あらすじ◇

大型アンノウンとの戦闘でカナリアが負傷し、絶望的な状況に陥った朱雀。窮地を救ったのは、千葉、神奈川の両陣営だった。撤退後、朱雀は管理局から戦線崩壊の責任を追及される。しかし、自らアンノウンの後始末をしたいと懇願し、舞姫たちに協力を申し出るのだった。
クオリディア・コードアニメ公式サイトより

◇感想◇

 かかか、カナさぁあああああああああああんっ!?(2度目の叫び)

 これ以上東京を不幸にするのやめてほんとやめてアニメ「クオリディア・コード」第4話「炭鉱のカナリア」感想……。


 第3話からこの結果を誰が予想できたでしょうか? どうあれ、誰もが大型アンノウンを倒して大団円で終わると思っていたに違いありません。
 いや、途中まではそうでした。大団円。皆笑顔。そして、次回へ。テンプレートでありながらも、心温まるストーリーで終わると、思っていたのに……。

 ■カナリア……死亡?■

 いや、それっぽい描写があっただけで、実際にどうかは不明ですが、例え生きていたとしても酷い状況なのは変わりないでしょう。
 第3話でカナリアが無理をして倒れたので、これ以上悲惨な状況にはならないと思っていただけに、これはあまりにも衝撃的でした。

 え、え……? カナリアは大丈夫なの? ていうか、このアニメはどこに進んでいるの? ドシリアスじゃないですか。新手の血溜りスケッチ候補なの?

 予想外の展開と、少し前の大団円の雰囲気との落差に感情が追いついていません。やばい、どうしよう、ショックが大きい。
 面白い面白くないではなく、本当にショックで固まりました。本気でどうするんでしょうか、この先。

 正直、ライトノベル原作で、しかも前日譚でヒロイン張っていたカナリアがこんな扱いになるとは思わなかったし、来週からの悲愴な空気を考えると管理人の胃がキリキリしてきました。


 こんなサプライズ喜べるか……っ!!


 カナリアが消える前までは、朱雀の胸ぐら掴んで文句垂れつつも視線を合わせない霞は相変わらずコミュニケーション能力がないなぁ、と笑ったり、列車内の指示が妙に低音でやる気なさそうな霞に受けたりと、やっぱり霞いいなぁ、男の友情だぁ、と思っていた気持ちが一気に吹っ飛びましたよ。いや、しっかり楽しんでいたんですけどね!?

 この原因には、侵入不可領域に入ってしまったという理由があるらしく、なにかしらの伏線があるっぽいですが、正直、また命令違反でやらかしちゃったパターンなのかと思わなくもない。朱雀と合わせ、3話、4話と命令違反でしっぺ返しをくらい過ぎである。ライトノベル内だったら仲間を助ける為にルール破るなんてやって当然でしょうが、しっぺ返し2連打を見てしまうと、ちょっと不用意過ぎます。

 上司にはちゃんと「報告・連絡・相談」を忘れずに。これが被害を防ぐ上でもっとも重要。まあ、上司にホウレンソウした所で世の中どうにもならないことの方が多いんですけどね! ……世知辛い。

 □次回も不安しかない□

 もう頭真っ白だよアニメ「クオリディア・コード」第4話「炭鉱のカナリア」感想……。

 カナリアがどうなったのか気になりますが、この悲痛な空気のまま神奈川メインになりそうなのが更に追い打ち。おいおい、こんな時に可愛く、癒しを与えてくれる舞姫にスポットを当てるとか本当に勘弁して欲しいんですけど? 舞姫まで今回のような事態になったら管理人は「クオリディア・コード」見れなくなっちゃう。メンタル豆腐だから耐えられないの。

 ちょっとでも良い空気になってくれることを祈って、第5話をま、待ち、待ち……いやもう楽しみに待つとか無理ですわぁ。不貞寝します。

◇関連書籍◇

【クオリディア・コード】

【クズと金貨のクオリディア】

【いつか世界を救うために】

【そんな世界は壊してしまえ】

【どうでもいい 世界なんて】

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.