SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』1巻感想
  • GA文庫『りゅうおうのおしごと!』6巻感想
  • MF文庫J『14歳とイラストレーター』3巻感想
アニメ「クオリディア・コード」3話感想

◇各話タイトル◇

第3話「森閑のアリア」

◇各話あらすじ◇

一部の生徒たちが安全な内地へ移送される。朱雀は哨戒任務から外れ、負傷によって内地行きが決定した生徒のもとを訪れていた。朱雀にとって、内地送りにされる者は「無能」だというが……。一方、朱雀不在の哨戒班は、新種の超大型アンノウンに遭遇する。
クオリディア・コードアニメ公式サイトより

◇感想◇

 かかか、カナさぁああああああんっ!?

 神奈川メインかと思ったら東京メインでシリアスに進み出したアニメ「クオリディア・コード」第3話「森閑のアリア」感想!

 3話目までは日常回を突き進むのかと思っていましたが、そんなことはなく新種のアンノウンが出現し、一気に緊張感が高まります。
 アニメの節目なんですかね、3話目というのは。展開が動きます。

 ……世の中には「第3話の悲劇」なるものがあってですね?

 ■シリアス直行ー! そしてカナリアがぁあああああああっ!?■

 新種のアンノウン出現により、シリアスに突入した「クオリディア・コード」。今回は、緊張感もさる事ながら、展開が手に汗握り最っ高に楽しかったです!! ですが、ですがカナさんが――――!!


 吐血して、倒れる。


 思わず「カナさ――――――んっ!?」と画面に向かって叫んでしまった管理人を、誰が非難できようか。親には怒られた。
 いつも笑顔だったカナリアが倒れ、「俺だけで十分だ」と口にし続けた朱雀が彼女の為に「カナリアを助けてくれ」とお願いするのは胸が熱くなります。

 恐らく、自身が同じように倒れても助けを求めたりはしなかったでしょう。カナリアだったからこそ弱音を吐くように助けを求めたんだろうなぁ、と。そう思うと、どれだけカナリアを大切にしているのが伝わってきて、こみ上げてくるものがあります。朱雀、相変わらずカナリアだけは大切にしていますね。

 事の発端はだいたい朱雀のせいなんですけどね!
 理由があったとはいえ哨戒任務をサボり、今度は無断出撃です。東京主席とはいえ、こんな勝手は許されないでしょう。結果、フォローに回ったカナリアが倒れてしまったわけで、朱雀にとっては泣き面にアンノウン。

 自分の責任と背負い込んだが為に、周囲に迷惑をかけてしまった朱雀。4話にて、周囲の力を借りて今回の件に蹴りが付けば、多少なりとも性格が丸くなるでしょうかね。

 カナリアには丸くなるどころか全力でデレて欲しいですけどね!
「お前を失いそうになって、お前の大切さに初めて気が付いた」的な流れで告白して欲しい。
 そして、今度からはカナさんが主導権を握って行動する。うーん、理想。

 ■今回の脚本はやっぱりわたりんでした■

 東京のコウスケが妙に下心丸出しのウザいキャラになったなぁ、と思ったら脚本が渡航先生で納得しました。そうですよね、こういったチャラチャラしたウザイキャラを書くの大好きですもんね。俺ガイルの戸部を思い出します。声のせいもあるかもですが。

 朱雀が哨戒任務に参加しなかった理由を訊いて、「部下が悪い」と言った霞の皮肉地味た言い回しも渡先生っぽかった。やはり、同じアニメでも脚本を書く人によってキャラの雰囲気も変わります。

 橘公司先生が脚本の場合は、どういった感じでキャラが動くのか楽しみが増えました。やはり、デートして世界を救っちゃうのかしら?

 ■文句を言いつつも迷いなく助けに行く霞さん本当に捻デレ■

 ここぞとばかりに朱雀の失敗を攻める霞。やっぱり朱雀嫌いなのかなぁ、と思わせて朱雀の行動を予想している節がある霞は、捻デレさんですわ。

「明朝、日の出とともに3校合同で新種アンノウンに攻撃を仕掛ける」と指示されているのに、いつでも出撃できるように準備する霞。その後、朱雀が無断出撃した連絡が来た際は、直接説明されずとも状況を察する辺り、そういう可能性も考えていたのでしょう。

 登場キャラクターの中で、唯一その可能性を考慮している霞は、ある意味において一番朱雀のことを理解しています。つまり、デレか。

 無断出撃の連絡を受け、直ぐに飛び出した霞は本気でイラついている様子でしたが、朱雀達がとても心配なんでしょうね。それを妹の明日葉は理解しているからか、ちょっと嬉しそうでした。おにぃが人の心配しているのが嬉しいのでしょうかね? それとも、おにぃの珍しい態度が面白かったのかしら?

 3話は本気でアンノウンとバトっているので、4話目で霞達のガチな戦闘が見られるかもしれないと思うと期待度が高まります。そして、朱雀に対して霞がどのような悪態を付くのか気になり過ぎる。
 めちゃくちゃ文句を言いつつ、めちゃくちゃ手助けするんだろうなぁ、と手に取るように予想可能。喧嘩しつつも緊急時は助け合う。そんな関係も素晴らしいと思うの。

 □カナさんのことは悲しいですが、面白い展開になってきて感無量□

 盛り上がってまいりましたアニメ「クオリディア・コード」第3話「森閑のアリア」感想。

 熱い展開になってきて、面白さが増していく「クオリディア・コード」。4話目までは東京がメインぽいので、5話目からまた違う都市なのかしら? ……3話目は神奈川メインかもと予想していたので、あまり自信はないですけどね。

◇関連書籍◇

【クオリディア・コード】

【クズと金貨のクオリディア】

【いつか世界を救うために】

【そんな世界は壊してしまえ】

【どうでもいい 世界なんて】

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.