SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想
  • HJ文庫「新宿コネクティブ」1巻感想
アニメ「クオリディア・コード」1話感想

◇各話タイトル◇

第1話「残存世界のグロリア」

◇各話あらすじ◇

東京湾岸上空に出現した謎の異生物アンノウン。防衛を託されたのは、特殊能力<世界>を操る東京・神奈川・千葉の高校生たち。その中でも東京都市首席・朱雀壱弥は圧倒的な力でアンノウンを追い詰めていくが、その独断専行っぷりに次席の宇多良カナリアは困り顔で…。
(クオリディア・コードアニメ公式サイトより)

◇感想◇

 各都市主人公達の掛け合いが楽しすぎる!!

 遂に放送開始した「さがら総」「橘公司」「渡航」3人の作家が織り成すシェアード・ワールド作品。アニメ「クオリディア・コード」第1話感想!

 第何十回風船割り大会!

 と、叫びたくなるほど、アンノウンの倒し方が風船割り。なんで攻撃すると風船みたいに膨らんで割れるんですかね? 不思議。

 アニメ「クオリディア・コード」第1話は、世界観とキャラクターのお披露目といった感が強め。東京主席朱雀壱弥《すざくいちや》を中心に話が進み、各キャラクターの紹介。アンノウンとの戦闘。どの都市がどういった戦い方を得意としているのかも、なんとなーく把握できます。

 話ごとに、メインとなるキャラクターの視点が変わったりするのかしら?

 ■都市ごとの独特な戦い方が好き。スーツっぽい制服な千葉がほんと好き■

 都市ごとに特色の違う戦闘方法は見ていてワクワクし、気持ちが高ぶります。

 特殊な異能力を主に使用し戦う神奈川。
 空を飛ぶ能力を駆使する東京。
 銃・スナイパーライフルなど近代出力兵装を扱う千葉。

 使用する武器も戦い方も違う3都市が合同でアンノウンに立ち向かう姿は、見ていてなかなかに燃えます。

 管理人としては、千葉の戦い方が一番好きですね。やっぱり銃はいい。超格好いいですよ。スーツに似た制服も超クールだし。
 アニメを観たら千葉編が更に楽しみになってきましたとも! 故に、今月の延期だけはしないよう祈らざるおえない。延期、延期だけはご勘弁をアニメ終わっちゃうぅぅぅうううっ!!

 そういった趣味とは別に、一番際立っていたのは神奈川主席天河舞姫《てんかわまいひめ》。一人だけ完全にインフレした世界のご出身でしたよ。なにあれ? 完全に戦略級の威力なんですけど。舞姫と戦うアンノウンが可哀想。
 他の主人公達と比べても1人頭抜けた威力で、そりゃランキング常に1位だわと納得します。
 味方への被害も甚大でしたが、一番良識的で人類のことを考えている姫は本当に天使。味方の士気を上げるのもお手の物と、完全に主人公していました。管理人、姫の中二的な宣言大好きです。

諸君、狂宴の時間だ! 我らが鬼神の腕《かいな》を以て、蒙昧なる侵略者を剣山刀樹に落とせ!
アニメ「クオリディア・コード」1話より

腕をかいなと読むところとか、本当黒歴史が刺激されます。


 ■どいつもこいつも個性的すぎぃいいっ!!■


 シェアード・ワールドとはいえ、別作品の主人公達だけにどの子も個性的で、彼らの掛け合いが楽しくて仕方ないです。
 特に東京の朱雀と、千葉次席千種霞《ちぐさかすみ》の男共の口喧嘩は見ていて面白い。
 朱雀は周りのことを無能といって切り捨てているわりには、霞の言葉に一々反応。霞は霞で、やる気なさそうな癖に朱雀には自分から絡むし。

 口では悪口を言い合っているのに、自分から干渉してるとか実はお前ら仲いいだろうと言いたくなってニヤニヤしています。

 アンノウンが攻めてくる中、わざわざ朱雀を狙ってスナイプし続けるとか、どんな時でも朱雀に絡む霞君マジ朱雀好き過ぎでしょう。妹さんにも言われてるぐらい好意がにじみ出ている。


 逆に、女性陣達の仲は良好そう。
 アンノウンとの戦闘時にも連絡を取り合い、協力関係が見て取れました。男性陣と見比べると、協力関係は雲泥の差。というか、男性陣は足引っ張り合ってるから、協力とか間違っても言えませんけどね!
 やっぱり、結託するのはいつだって女性の方が早い。まあ、朱雀と霞は喧嘩してるのが面白いのでこの先も変わらぬ関係でいて下さい。


 ■ダウナー千種兄妹が凄く好みで千葉編読みたい■


 千葉編のガガガ文庫「どうでもいい 世界なんて ―クオリディア・コード― 」発売前に千葉の主席次席である千種兄妹がお目見え。先に小説を読みたかったなぁ。

 2人揃ってダウナー系というか、テンション低め。兄の霞は戦闘時も平常時と変わらずという印象。朱雀にちょっかいをかけるのも、ある意味平常時と変わりません。

 逆に明日葉は戦闘時に好戦的な笑みを見せるシーンがあったり、アンノウンと戦ってる最中「遊んじゃおうかな~」と声音はダウナーなままですが、兄よりは戦うことに意欲的な模様。公式HPのキャラクター紹介ページでトリガーハッピーと記載があるので、とにかく撃つのが好きなだけかもしれませんが。敵が増えてげんなりしてましたし。

 そういったダウナーな所と、兄を足蹴にするところとか凄く好きなので、早く千葉編読みたい。

 兄の霞に関しては、イメージ通りダウナー系。しかし、朱雀にちょっかいをかけるのだけは意外でした。
 人と関わるのも面倒そうなのに、あえて自分からちょっかいを掛けるとか、嫌いな人には好戦的な一面があるのか、それとも嫌よ嫌よも?

 管理人の予想としては、単純に現実主義者な霞が、正義正義と口にして理想主義者に見える朱雀が余程嫌いであの態度を取っている、と。あれ? でも理想主義と言ったら姫の方がそれっぽいし…………ダメだこの理論破綻してる。


 千種兄妹の関係性をもっと見てみたいので、やはり「どうでもいい 世界なんて ―クオリディア・コード― 」が発売して欲しいと切に願うばかり。というか、もうアニメ観た後は千葉編のことしか頭に浮かばなかったのよぉおおおおおっ!!


 □2話も楽しみですが、とにかく千葉編をね?□


 千葉編が楽しみ過ぎて千種兄妹の登場シーンばかりループで観ているアニメ「クオリディア・コード」第1話感想。

 カナリアが舞姫のことをひーちゃんと呼んだり、前日譚では語られなかった主人公達の関係性がちょっとばかし見えて楽しかったです。けど、管理人は千種兄妹にばかり意識が持っていかれてそれどころではありません! どうしてくれようこの気持ち! ちょっと鎮めてきます!! …………(ry

 第2話放送時は、千葉編発売間近なので今よりも大変なテンションになっているのだろうなーと思いつつ、千種兄妹シーンをループしてきます。
 そういえば、千種といえば「クズと金貨のクオリディア」のヒロイン千種夜羽《ちぐさゆう》と同じ苗字ですが、何かしら関係性があるのかしら? 従兄妹とか?

◇関連書籍◇

【クオリディア・コード】

【クズと金貨のクオリディア】

【いつか世界を救うために】

【そんな世界は壊してしまえ】

【どうでもいい 世界なんて】

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.