SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • MF文庫J『ようこそ実力至上主義の教室へ』6巻感想
アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」10話感想

◇各話タイトル◇

第10話「それぞれの、掌の中の灯が照らすものは。」

◇各話あらすじ◇

何も決められない玉縄たちに対し、その無責任さや空虚さを正面から指摘する雪乃と八幡。きちんと物事に白黒をつけていくことで、いろはとともにクリスマスイベントを何とか成功に導く八幡、雪乃、結衣。そして久々に奉仕部に穏やかな空気が訪れる。年も明け、結衣と八幡は2人で雪乃の誕生日プレゼントを買いに行くことに。そこで偶然、陽乃と葉山に遭遇する…。
(アニメ公式サイトより)

◇感想◇

 10巻突入しちゃいましたよ……。

 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」アニメ、第10話感想!

 切って繋げた感が半端ないことになってきました「俺ガイル続」後半戦。
 やっぱり、冒頭部分のいろは告白部分は先週観たかったですね。そして、Bパートで10巻突入……。え? やるんですか? やっちゃうんですか? わりと無謀だと思うんですけど大丈夫ですか?

 この展開の早さを見ると、今頃アニメスタッフが色々なモノ(時間・人などなど)と戦っているのだろうと想像してしまい、涙が溢れそうです。頑張って下さい。いろはす飲んで頑張って下さい!!

 ■会議の場に比企谷雪乃が登場!■

 10巻に突入した為に、デレのん割増だったのは嬉しかったです。
 ラストはちょいと思わせぶりで空気が重くなりましたが、それまでは「ことよろデレのん!」と、終始デレっぱなしなゆきのんに管理人は頬を緩めっぱなし。気持ち悪いとか言わない! なら、10話の雪乃を見て、デレっとしない人がいるなら手を上げて下さい! 貴方に称号「理性の化物」をプレゼントしましょう。

 今週のピックアップゆきのんは会議のん。
 辛辣な言い回しの多い彼女ですが、八幡と同じように自分を傷付けるような解決策を取るのは珍しい。
 やはり、それは八幡のやり方を受け入れたという現れでしょうか。
 比企谷八幡と同じ選択をした雪ノ下雪乃がバッサリ会議をぶった斬り。つまり、比企谷雪乃ですね、分かります結婚して下さい。

 Bパートでは、囚われの八幡姫を助けるために、一もニもなく駆けつけたり、逆に弱気な、助けを求める表情を見せるなど、今までの雪乃には見られなかった一面が見れたのが良かったです。
 新しい一面を知れるというのは、どうあれ嬉しいものですから。

 後半にきて、メインヒロイン臭を一気に漂わせてきた雪乃。このまま、いろはに喰われて終わらないことを祈るばかりです。いろはエンドもありはありと思ってしまう管理人は浮気性。

 ■喜怒哀楽激しいいろはすはあざと可愛い■

 冒頭部分のいろはす告白パートを先週でまとめていれば、もっと高まったこと請け合い。
 収まらなかったから仕方なく10話に繋げた感が半端ないですが、アニメも後半戦だからやむなしと諦め、素直に楽しみました。

 全体的に、いろはの喜怒哀楽が激しい話となっており、泣いたり、笑ったり、照れたりと色々な表情が可愛いのです。完全にいろはすヒロイン回。10話全部いろはすでまとめても良かったと思うの。

 そして、「ごめんなさいまだちょっと無理です」からの「責任、とってくださいね」コンボ! 管理人に八万ダメージ!!
 耳元で囁くようにこしょっと呟くいろは。ぞくぞくっと背筋を走る興奮に、管理人はコップを割りました。ええ、思わずがしゃんっと。周りに目がいかないぐらい良かったのですよー!! 割ったコップは、10話終了後に管理人が丁寧にお片づけしました。限定品で二度と手に入らないコップ……。

 ですが、今回の目玉はそれではないのです。上記は原作でもありましたから、心構えもあってどうにか耐え切りました(?)が、まさか次弾が装填されているとは。隙だらけの胸を撃ち抜かれました。

 ちょっと照れた表情で、

「それに、先輩が……」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続第10話より

 と、俯き加減にそんなことをぼそっと呟くなんて知らなかったのです! ここ原作だと別の言い回しだし、八幡1人に向けて言ったわけではなかったのに! アニメオリジナルのあざとエピソードですよ! あざとい、アニメスタッフあざとい! いろはすは更にあざとい!
 なんですかもうこれ完全に恋しちゃってるじゃないですが好きって言っちゃいなよいろはすあざと可愛いぃいいいいいいいいいいいいいいいっ!?

 はあ、はあ。こういったオリジナル展開はウェルカムです。最高です。テンション上がりまくり!!
 一色いろはのヒロイン回を締めくくるに相応しいラストでした。……まあ、この後別の話に繋がってしまい、綺麗に終わったわけではないんですけどね。


 凄くどうでもいいですけど、八幡と折本が話している時の背景に自動販売機が写っているのですが、その中に「いろはす」があって微妙にうけました。

 □いろはす可愛いかきくけこ。展開早いなはひふへほ□

 いろはす回もこれで終わりかと思うと、物悲しい気持ちになる「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」アニメ、第10話。

 どんどんタイトル詐欺になってきました。これで「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。」とか言われたら、「俺ガイル」のような青春ラブコメをしたことのない管理人が暴動を起こすレベルです。管理人も、こんな可愛い子達と青春ラブコメしたかった……。

 そういえば、八幡達のクリスマスパーティーはOVAになるのかしら?

◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.