SITEMAP LINK BBS MAIL

  ライトノベルに関わるコンテンツを配信する個人サイトです。
トップページ はじめに ライトノベル新刊 ライトノベル感想 ライトノベルアニメ化 ライトノベル特集

  • ガガガ文庫「青春絶対つぶすマンな俺に救いはいらない。」1巻感想
アニメ「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」8話感想

◇各話タイトル◇

第8話「それでも、比企谷八幡は。」

◇各話あらすじ◇

「もう、無理して来なくてもいいわ…」。雪乃の言葉に、自分のやり方への苦悩を深くする八幡。平塚はそんな八幡を愛車に乗せ夜の美浜大橋に連れ出しやさしく諭すように語る。「君は人の心理を読み取ることには長けているな。けれど感情は理解していない」。そして平塚の彼を思いやる優しい言葉から、八幡がたどりついた答えとは!? その行動が奉仕部の3人の関係に新たな一歩を踏み出させる…!
(アニメ公式サイトより)

◇感想◇

「本物が欲しい」

 「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」アニメ、第8話感想!

 原作ファンの誰もが待望していた回といっても過言ではありません。かくいう管理人も、この時をどれだけ待ち望んでいたことかっ! テレビの前に30分前から待機です。見逃すわけにはいかなかったのですよ!

 ■平塚先生と結婚したい■

 Aパート全てを持っていった平塚先生。彼女の話が終わった途端、CMが挟んでビックリしました。まさか、10分以上も尺を使うとは予想外。でも、それだけ大事なシーンだったのは言わずもがなです。

 平塚先生が凄く先生をしていました。いや、あそこまで親身に接していると、先生超えてカウンセラーですね。平塚カウンセラー。いけると思います。

 八方塞がりになってしまった八幡。そんな、彼の背を押すように語りかける平塚先生は、本当に優しいですね。結婚したい。むしろ、八幡と結婚すれば全て丸く収まるまである。いや、ないですね。
 そんなことになったら、青春どころか昼ドラになってしまいます。嫉妬や、愛憎渦巻く「俺ガイル」とか、嫌過ぎてしょうがない。

 そして、ひらつかわいい。
 「周りの見る目がない」という八幡の言葉に、顔を赤くして照れる平塚先生超可愛い。
 ええ、本当に周りの見る目がなさ過ぎですね! 普通、平塚先生みたいな独身女性がいたら、そりゃ求婚の嵐でしょう! 婚活しようものなら、ハエのごとく男共が群がりますよ! けど、集まる男に良い人は存在せず、周りの知り合いばかりが結婚していく……。
 結局、結婚はできそうにありませんね! 八幡貰って上げて!

 ■いろはの頬が朱に染まる■

 今回は登場シーンが少ないいろはすですが、あざとさとは違う、素の戸惑いを見れて満足です。

 奉仕部内の話を盗み聞きしてしまったのか、後ろめたそうに戸惑ういろは。しかし、頬が赤くなっているように見えたのは、別の理由からでしょうか。
 後ろめたさとは違う反応に、管理人は思わず胸が高鳴ります。

 奉仕部メンバーの話を聞いて何を思い、感じのか……。
 やはり、この話ですと、雪乃や結衣との関係が微妙だったので、奉仕部メンバーで萌えられるポイントはあまりなかったです。

 そういった萌えの部分をいろはが担っていますね。
 こんな奉仕部崩壊の危機の時に、いろはすみたいなあざと可愛いヒロインを登場させるなんて、わたりんあざとい……っ!

 ■本物が欲しい■

 これまでのお話の中で、ここまで正面切ってぶつかり合うことは初めてではないでしょうか。
 特に、雪乃と結衣が衝突するなんてことはいままでありませんでしたから。

 しかし、今まで取り繕った会話しかせず、現状を壊すためにはやはりどこかで思いの丈をぶつけなければならなかったのでしょう。
 八幡、雪乃、結衣がそれぞれ何を思い、行動していたのか、少しですが垣間見えたように思います。

 そして、管理人の中では、八幡の代名詞とまでなっている言葉。

「本物が欲しい」
やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続第8話より


 声優さんの力、演出もあり、原作とは違った印象を受けました。
 今まで、人と関わることを避け、勘違いをしないと決めていた八幡だからこそ、そういった疑心を持たずに誰かと本音ぶつかり合える関係を築きたいと思うのでしょう。

 今まで彼が想いを隠し、口にしてこなかったからこそ、この言葉に重みがあり、感動を覚えました。やっぱり、男泣きはズルいです。心が動かされてしまいます。
 そして、八幡が本心から想いを吐露したからこそ、雪乃や結衣を動かすことができたのでしょう。

 しかし、この話はなによりも結衣がいてこそだと思います。
 人を疑うことしかしてこなかった八幡が、一歩踏み出しのも凄かったですが、結衣がその言葉を受けて行動しなければ、最後の結果にはなりえなかったでしょう。

 結衣は感情的な行動が多いですが、その行動や言葉はいつも本質をついています。
 難しいことは考えられないけど、こうしなくちゃいけないというのが、本能的に理解しているのでしょう。
 ある意味、奉仕部の中心は由比ケ浜結衣といっても過言ではありません。彼女のいなければ、この部絶対に存続してませんからね。

 □管理人も本物が欲しい□

 管理人も、自己満足を許容し合える関係が欲しくなった「やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。続」アニメ、第8話。

 管理人は本音を口にすると場の空気が凍るので控えるようにしています。建前以外を口にすると、皆一様に引きつった表情になるのですが、どうしてでしょうか? やっぱり、仲が良くても辛辣な言葉を口にしては駄目なんですかね? あ、駄目ですかそうですか。

◇関連書籍◇

戻る

| トップページ | はじめに | ライトノベル新刊 | ライトノベル感想 | ライトノベルアニメ化 | ライトノベル特集 |

今までの閲覧者数:
 現在の閲覧者数:

Copyright © 2013 ライトノベルウッド All Rights Reserved.